« プールで二度焼き | トップページ | 次男君と明日帰省。海から山へ。明石から佐用へ。 »

2013.08.12

指きりグローブ三代目はOGK KABUTOの「SPG-6」 - 前のとちょっと比較してみる

グローブ新調した。前のKG-4の数箇所が破れて、どんどん穴が拡大(笑)。もう限界ということで。

三代目はOGK KABUTO SPG-6

白ですっきり見た目もさわやか。自分の手にはOGKのサイズSがぴったりですわ。

パッドは厚めで犬や猫の肉球を彷彿。どちらかというと犬かな。いや、猫かも?ま、どうでもいいけど。

手の甲のOGKのロゴは斜めについていて、ハンドルを握ったときにまっすぐ見えるようになっているようだ。OGKさん細かいな。だれも見ていないところだが。

ちょっと気になる点は、手首のベルクロ。装着するとき、気をつけていないと手の甲の白い生地に若干くっつく。そのたびにベリベリとはがすので、使い始めて1週間だけど、既に生地がモワモワしてる。ここが傷んで破れるんじゃないかな?と、ちょっと心配。ゆっくり気をつけて装着すれば問題ないが、ほんのちょっとストレス感じる。惜しい。

指きりグローブはこれが3つ目。ということで、過去のグローブの感想などを書いてみる。

初代はKG-16。手のひら側でのベルクロ止め。パッドは薄めだが、生地が分厚い。ちょっと暑い。でも装着感は柔らかくてサイコー。色落ちが激しかったな。

二代目は、KG-4。ベルクロなしで、メッシュ状の生地が薄くて涼しいです。ただちょっと薄すぎて弱いかも。

で、三代目のSPG-6だけど、KG-16の分厚い生地と、KG-4の薄い生地が両方使われているようだ。確かに装着感と涼しさが2つの中間にありそうなエエとこ取りモデルかもしれんすね。

« プールで二度焼き | トップページ | 次男君と明日帰省。海から山へ。明石から佐用へ。 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« プールで二度焼き | トップページ | 次男君と明日帰省。海から山へ。明石から佐用へ。 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント