« テクノ | トップページ | スタミナVSダイエット »

2013.08.30

「含み」のある報道が、なにか変なモノを生み出していないか?

細かいことかもしれないが、ニュースサイトを見て少し引っ掛かりを感じたので書いておく。

ニュースは死体遺棄事件。概要は、「押入れから、白骨遺体が発見され、住人が逮捕された。遺体は住人の既に亡くなっている父親が、過去に殺害した誰か」ということだ。

ちょっと特異な異様な事件。でも、引っかかったのはそこじゃない。

なにかといえば報道の内容。逮捕された男性が、知的障害がある弟と暮らしていたという事に触れられていた。「関係ないよな」と。で、他のサイトを見れば、まったくそこに触れていないところも。各社の報道内容は以下。

「押し入れに白骨遺体、『父が殺した誰か』と住人」-YOMIURI ONLINE

29日午後4時35分頃、東京都江戸川区中葛西のアパート2階の一室に「人骨のようなものがある」と、訪問したケースワーカーから警視庁葛西署に通報があった。

署員が調べたところ、押し入れの衣装ケースから、白骨化した男性とみられる遺体が見つかった。この部屋に住む無職の男(61)が「死亡した父親が殺した誰かの骨で、昨年5月の引っ越しの時に持ってきた」と話しており、同庁は30日にも死体遺棄容疑で逮捕する方針。

同庁幹部によると、遺体は死後1年以上経過し、全身の骨が四つのビニール袋に分けられていた。同庁は身元や死因の特定を進める。

男は知的障害のある50歳代の弟と2人暮らし。弟の世話で訪れたケースワーカーに人骨のことを打ち明けた。男は同庁に「1998年に父親が死亡した後、母親に『父親が殺した誰かの骨だ』と言われた」と説明。母親も数年前に死亡したという。

(2013年8月30日00時45分 読売新聞)

「白骨遺体放置疑い、住人の男を逮捕へ 『死んだ父が殺した』」-産経ニュース

29日午後4時半ごろ、東京都江戸川区中葛西のアパート2階の一室で、押し入れから白骨化した遺体が見つかった。この部屋に住む無職の男(61)が「死んだ父親が誰かを殺した骨だ」と説明しており、警視庁捜査1課は遺体があるのを知りながら放置していたとして、死体遺棄容疑で男を逮捕する方針。

同課によると、骨は成人のものとみられるが、性別は不明。死後1年以上が経過しているとみられる。

男は昨年5月ごろから知的障害のある弟(59)と2人暮らし。27日、弟の支援のためにこの部屋を訪れたケースワーカーの女性(33)に「押し入れに母親の骨がある」と説明。その後、29日に再訪した女性に「本当は父親が誰かを殺した骨だ」と説明したことから、女性が葛西署に通報した。父親は約15年前に死亡し、母親も5、6年前に死亡したとみられる。

YOMIURI ONLINEと産経ニュースでは「住人の男性は知的障害のある弟と暮らしている」と書かれている。一見、部屋を訪れるケースワーカーの説明のために使われているような気がするが、以下の3つのサイト(日経、WSJ、時事ドットコム)では、「知的障害」への言及は無い。

「押し入れに白骨遺体 東京・江戸川 」-日経新聞

29日午後5時ごろ、東京都江戸川区中葛西7のアパート一室の押し入れで白骨化した遺体が見つかった。警視庁葛西署によると、この部屋に住む男(61)は「死んだ父が殺した誰かの骨だと母から聞いている」と話している。同署は男を死体遺棄容疑で逮捕する方針。

警視庁によると、この部屋には昨年5月から男と弟(59)が居住。兄弟の両親はすでに死亡している。白骨化した遺体は複数のごみ袋などに分けて保管されていた。

男は29日午後に訪問したケースワーカーの女性にごみ袋に入った骨を見せ、「父が殺したと思う」などと説明。女性が葛西署に連絡し、同署員が遺体を発見した。葛西署は遺体を司法解剖して身元確認などを進める。

「アパート押し入れに白骨遺体=遺棄容疑で61歳男逮捕へ—警視庁」-ウォールストリートジャーナル

29日午後4時35分ごろ、東京都江戸川区中葛西のアパート一室の押し入れに骨のようなものがあると警視庁葛西署に通報があった。同署員が駆け付けたところ、押し入れから頭蓋骨など白骨化した遺体が見つかった。

成人男性のものとみられ、同署が死因と身元を調べている。同署は容疑が固まり次第、死体遺棄容疑でこの部屋に住む男(61)を逮捕する方針。

捜査関係者によると、ケースワーカーの女性が27日に部屋を訪れた際、男から「押し入れに骨がある」と伝えられ、骨を見せられた。

ケースワーカーが29日に再び訪れたところ、男が「骨は父親が殺した誰かのものだと聞いた」と話したことから、同署に通報したという。骨は衣装ケースに袋に小分けして入れられていた。

「アパート押し入れに白骨遺体=遺棄容疑で61歳男逮捕へ-警視庁」-時事ドットコム

29日午後4時35分ごろ、東京都江戸川区中葛西のアパート一室の押し入れに骨のようなものがあると警視庁葛西署に通報があった。同署員が駆け付けたところ、押し入れから頭蓋骨など白骨化した遺体が見つかった。

成人男性のものとみられ、同署が死因と身元を調べている。同署は容疑が固まり次第、死体遺棄容疑でこの部屋に住む男(61)を逮捕する方針。

捜査関係者によると、ケースワーカーの女性が27日に部屋を訪れた際、男から「押し入れに骨がある」と伝えられ、骨を見せられた。

ケースワーカーが29日に再び訪れたところ、男が「骨は父親が殺した誰かのものだと聞いた」と話したことから、同署に通報したという。骨は衣装ケースに袋に小分けして入れられていた。(2013/08/30-00:30)

特に問題なく読める。WSJと時事ドットコムの内容は全く同じなので、これは警視庁発表の内容なのだろう。2人暮らしであることにすら触れられていない。他は独自取材の内容を加えているということだろうか。

「知的障害の弟」に言及しているYOMIURI ONLINEと産経ニュースは何を言わんとしているのか。

知的障害のある弟が、この事件に直接的に関連しているということを示唆しているのか、それとも、兄の逮捕により、弟が一人で自宅に取り残されることを危惧しているのか。

それぞれの報道の意図はわからないが、「含み」があって気持ちが悪い。「含み」は不要やろと。こういうモヤモヤのせいで、世の中の何かが少しヤヤコシクなっている気がした。

« テクノ | トップページ | スタミナVSダイエット »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/58091797

この記事へのトラックバック一覧です: 「含み」のある報道が、なにか変なモノを生み出していないか?:

« テクノ | トップページ | スタミナVSダイエット »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ