« みかんとユズヒコ | トップページ | 同年代こそ読みたい「ゼロ」 堀江貴文(著) ダイヤモンド社 »

2013.11.15

懐かしの効果音が出せる Androidアプリ 'Picopico'で遊んでみた

GIZMODOで紹介されていたPicopicoをスマホに入れて少し遊んでみました。

秋の夜長に音楽はいかが? ファミコン風のピコピコ音鍵盤アプリ『Picopico』

フルキーボードの一部を表示しますが、表示範囲は変更できます。いっぱい表示すると一つ一つの鍵盤が細くなるけど。上の写真のように、エレクトーンみたいな2段表示も可能。

端末によるかもしれませんが、タッチから発音までに無視できない遅れがあって、音楽を演奏するには、ちょっと無理があります。ゆっくりなら、弾けなくはないですが、基本的には80'sな音を楽しむアプリですね。

用意されている波形は全部で10種類。デューティ比の違う矩形波4種類(12.5%、 25%、 50%、 75%)と三角波+ノイズ2種類(長周期、短周期)。そして、最後の3つは、波形メモリ#1~#3で、のこぎり波的なバリエーションが登録されているのですが、なんとこれ波形を編集できます。

波形エディタ。思った音を出すには慣れが必要かも。

このほか、エンベロープが16種類(OFF+15種類)。そして、音程のスイープ機能が -7 ~ +7 の15種類用意されています。-7だと音程がだんだん下がっていきます。数値の絶対値が音の長さをあらわします。

あと、マルチタッチで和音が出ます。4音同時発音でした。これも端末依存かな。勝手に単音だと思っていたので、すこし驚いた。

[波形 × エンベロープ × スイープ × 和音]で結構なバリエーションが作れます。予想出来ない音も作れますし、聞いたことがあるような音が偶然作れたりしてなかなか楽しい。

録音機能もありまして、.wav ファイルで保存できるようです。効果音エディタとしても利用できそうですね。

« みかんとユズヒコ | トップページ | 同年代こそ読みたい「ゼロ」 堀江貴文(著) ダイヤモンド社 »

プログラミング」カテゴリの記事

レビュー」カテゴリの記事

便利」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしの効果音が出せる Androidアプリ 'Picopico'で遊んでみた:

« みかんとユズヒコ | トップページ | 同年代こそ読みたい「ゼロ」 堀江貴文(著) ダイヤモンド社 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント