« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月の22件の記事

2013.11.30

「マリアビートル」伊坂幸太郎(著)角川文庫

バッタの次はてんとう虫♪

新刊で買いそびれておりまして、文庫が平積みになっていたので、何も考えずに購入。

グラスホッパーの続編です

「グラスホッパー」の続編として書かれたそうですが、物語は直接つながっていませんので、「マリアビートル」から読んでも問題なし。

とはいえ「あの人」や「あいつら」や「あの人」も登場して、断片的に「小耳に挟んだ話」やウワサ、伝説として語られますので、「グラスホッパー」を読んでいるに越したことはありません。できれば時系列に逆らわずってのが良いでしょう。

同じく「殺し屋」のお話です。世界観は共有していますが、前作が薄暗くジメジメした雰囲気だったのに対して、コチラは陽が差してカラッとしている気がします。

あらすじ&雰囲気

舞台は東北新幹線の中。東京から盛岡までの東北新幹線の車両の中で進みます。互いに関連無く、たまたま同じ新幹線に別の目的で乗り合わせたはずの人たちが結局元をたどればつながっているという仕掛け。

表向きは「殺し屋」の話ですが、彼らは結構ポップに描写されていて、あまり怖くありません。一貫して描かれているのは彼らが振るう「非日常的な暴力」ではなく「未熟な人間の残虐性」。誰の日常の端っこにも薄ーく乗っかっている、ちょっとした残虐性を、たくさん集めて煮詰めて固めた、「悪」代表のような中学生のボンボン(王子様)が出てきまして、またこいつが異様に論理的で頭がキレル。やることなすこと考えること何から何まで全部怖いという中学生。しかし、そんな悪い奴でも、太刀打ちできないのものがありまして、それは頭脳でも体力でも精神力でもなくって・・・という展開です。

キャラ立ち

いつもどおり、伊坂ワールドは、個性豊かでキャラの立った登場人物が粒ぞろいです。

木村晃子さん

物語の本編にはほとんど影響しないけど、クライマックスあたりでの(「あら、あなた、怖いですよ」の)木村晃子さんがイイ感じ。「終末のフール」の「あらいやですよ」の奥さん(名前忘れた)と重なる。しかも射撃の名手。

七尾

でも主人公は、タイトルからしても、やっぱり七尾でしょうね。彼も伊坂ワールドによく出てくる雰囲気の人ですね。「陽気なギャング」の久遠とちょっとかぶるかな。

伊坂ワールド

上で王子様について「やることなすこと~全部怖い」と書いて気付いたけど、伊坂さんのお話の登場人物は、ほとんどが、「やることなすこと全部○○だ」という人たちばかりですね。

「マリアビートル」の七尾しかり、檸檬なんてまさに。蜜柑だってそう。これがキャラが立つ秘訣なのかな(要するにデフォルメ)。

これによって現実感が上手い具合に薄れて、臨場感はそのままなのに、悲壮感やどろどろした空間の淀みのようなものが、なくなる気がします。

結果、登場人物たちの立場が明確になって、対比構造が明確に見える。これが読みやすさと面白さにつながっているのね。なるほどー

って、まー、デフォルメされない物語なんて無いのかもですが、伊坂さんのこの感じがジブンには上手くはまるということなんでしょう。

「マリアビートル」は作中で「てんとう虫」とされています(「グラスホッパー」は「バッタ」ですね)が、本来は、レディバグ(Lady Bug)、またはレディビートル(Lady Beetle)というそうで、「マリアビートル」という呼び名は無いようです。でも既に「マリアビートル」=「てんとう虫」になっちゃいました。

グラスホッパーをもう一度読み直そうとおもいました。あ、終末のフールも

2013.11.27

ワコムの「Bamboo Pad」買っちゃった

絵描きのムスメさん用に、ワコムのペンタブ「INTUOS PEN Sサイズ」を購入予定だったのですが、たまたま同社のBamboo PADが話題に上ってて、ついついついでに購入してもた。神の見えざる手に動かされているね。

USB接続タイプです。ワイヤレスだと、「いざ使おう!」というときに電池切れってなことになりそうですから。

この「Banboo Pad」、ペンがついていますが、指でも操作可能です。指ならノートPCについている通常のタッチパッドのデカイ版。ペンによる操作は絶対座標になります。

ジブンはWindows7に接続。早速ペイントで描いてみましたが、手書き文字は問題なし。ただ、ペンに筆圧検知がありませんから、本格的な絵を描くためには使えないでしょう。というか、ジブンは本格的な絵なんてかけないので問題なし。マウスホイールよりスワイプによるスクロールはラクですね。タップもマウスクリックより手に優しい気がします。

「ワコム Bamboo Pad(USB接続)」

こちら「ワコム INTUOS PEN Sサイズ」

2013.11.26

グーグルマップの日本海の海底地形がイヌの姿?なシミュラクラ

グーグルマップの衛星写真のモードで地形を眺めていたら、日本海の真ん中に無視できない地形・・・

能登半島、佐渡島から北西方向(赤枠)

イヌが寝そべっているのか走っているのか・・・。こっち見てるでしょ。

拡大

若干、微妙?いやいやー、イヌっぽいと思うんだけどなー。

もうそれ以外には見えない目になってしまいましたので、ひとつヨロシクお願いします。

2013.11.25

たかみんつREADER記事まとめ(~2013/11/24)

たかみんつREADERランキングの記事から気になるところをピックアップ。
最新ランキングはコチラからどーぞ!

火山爆発、日本に新しい島が誕生

父島、母島(の存在)は知っていましたが「西ノ島」という島はまったく。20日、その西ノ島の近くに新しい島がドカン!モクモクと出てきましたよというニュース。途端に「中韓が領有権を主張するかも?なんていう、報道もありまして、ま、そんな警戒心も、大切なことなんでしょうが、しかし、まずは自然の驚異に素直に感動したいところですな。

この日の朝10時過ぎと11時過ぎの2回、兵庫県西播磨(山崎断層)を震源とする地震(震度3とか2とか)がありまして、珍しいなと怖がっていたのですが、関係あるのでしょうか。この地震の直後、「最近、小規模な地震が各地で頻発してる」などと聞きまして、怖くなっていたところだったので。

ま、兵庫県から小笠原諸島ってかなり遠いのですが、地球規模の動きですし、距離感とかは別モンなんでしょうね。

いちいち怒らずに子どものやる気を引き出す方法

怒りは何も生まないばかりか、お互いに悪い影響しか残らないですね。

「正の強化」って突き詰めると「ペットの芸」と同じだと思うのですが、「子供と動物をいっしょにするな」と嫌悪感を感じる人もいるようです。わが子を天使とおもいたい気持ちは理解しますが、実は猛獣。ヒトは動物ですし。

だいたい、動物の世界に、わが子を怒りによってコントロールしている親っていないはずだ。むしろ動物を見習うべきでは?

16のピースを組み合わせたDIY T-REXライト

T-REXもいいけど、トリケラトプスのが個人的にはいい感じかと。プテラノドンはイマイチかなと思ったけれど、デカイのを天井に吊っておきたいかも。

カワサキがタイムマシン実現、未来からバイクを盗ってくる

スゲー!カッコイイと思うのですが、「未来的なデザイン」ってなんなんでしょう。少なくとも現在考えている「未来」なわけで、結構、下世話なシロモノかもねと思ったり。いやしかし、カッコイイです。

カスタムラジコン「パックマン・モンスタートラック」がやけにワイルド

みんな大好きパックマン!

モスクワの面白券売機、スクワット30回するとぉ…

どういう意図があるのか知らんが、面白いな>ロシア


てな感じの月曜日。実は土曜日の自転車で右ひざ裏靭帯周辺に無視できない痛みが出ておりまして、まともに歩けない状況。たまたま今週はマンションの配管工事で3日間家にいなくてはならないのでよかったのですが。。。本でも読んでおきます。

2013.11.23

毎年恒例!奥山寺の紅葉ですよ

恒例つっても、3年目?いや4年目で3回目かもしれない?

紅葉2013奥山寺

昨年までは朝のうちに行っていたのですが、今年は午後。県道79号線の交通量が多くてちょっとイライラしたり。

今回は全部スマホの写真。ほとんどの写真の水平がでていなくてコチラもあきれる。

さらに、自転車の脚がかなり弱くなっております。

これほどまで?と自分自身でオドロイタ。

そんな風に、なにもかもがダメダメでしたが、久しぶりの自転車でまとまった距離は楽しかった。

しかしこの脚、どうにかせねばなー

2013.11.22

「爆速経営―新生ヤフーの500日」蛯谷敏(著)日経BP社

読みたてホヤホヤ。「爆速」で読む予定だったが5日かかった(笑)

半分過ぎから失速するのはクセでござる。気がつけば何ページか目が字面を追っているだけになる。カメラは正常だが情報入力回路が疲れて閉じちゃうみたいだな。

こういうときは、本をパタリと閉じるべき。今回やっと気が付いたので、最後までキチンと頭に格納できたと思う。しかし、出力装置につながっていないのが問題だけど。

昨年、ヤフーの方のお話を聞く機会があったのですが、「なんや結構面白い会社やんか」と思った。「ヤフーのイメージって、『悪かないけど、面白くも無くて。デザインとかが昭和っぽい』てなところでしょ?」みたいなことを、それなりの立場にある方が壇上でおっしゃられていて、ニコヤカに頷いた(笑)のを思い出す。

ちょうどその頃、この本に書かれている改革の真っ最中だったんですよね。当時既に「爆速」というキーワードは話題になっていたけど「なにをどうしようとしているのか」は、よくわかっていなかった。

儲かっているけど、覇気が無く、どうしようもなく保守的で、殿様商売的、、でも儲かっているので優良企業。。。。よく言えば堅実、でも面白味はまったく無い。あるとき、親会社のソフトバンクの勉強会(経営者育成プログラム的な場)で、しかも孫正義さんの目前で、「ヤフージャパン=もったいない」とやられてしまう。これを重く受け止めた孫正義さんが動き始めて、爆速の改革へと動き出す。。。

というのが、2011年の終わりごろのことでしょうか。早い時期にこの改革の凄さに気が付いた著者が、取材して書き上げた本です。

「状況の打開」というほど大げさでなく、ちょっとした改善でも、上手いやり方のヒントみたいなのが、ちりばめられていると思いました。

2013.11.21

ファイル転送プロトコルYMODEM(ワイモデム)におけるCRC16の計算について

ファイル転送プロトコルYMODEM(ワイモデム)のCRCの計算範囲がわからなかったので、調べてみたのですが、明快な答えが得られず。結局Tera Termを使って現物合わせで確認したので、ここに書いておきます。

YMODEMの転送ブロックは、以下のように1029バイト、または133バイト。ここで、最後のCRCは、どこからどこまでのバイト列を計算すればよいのか?ということです。

  1. ヘッダー1バイト(STXかSOH)
  2. ブロック番号1バイト
  3. ブロック番号の1の補数(ビット反転)1バイト
  4. データ部(1がSTXなら1024、SOHなら128バイト)
  5. CRC2バイト(CRC-16)

あらゆる可能性を否定せず(笑)いろいろ試してみましたら、なんと!「データ部の後ろに0x00を2バイト追加して計算する」という、「そらわからんわー」ってな結果でした。

追加の2バイトは仮のCRCだとの噂。どこかの掲示板に、「CRCの部分を0としてブロック丸ごと計算するような、気がする・・・」という記述があって、丸ごとじゃなかったけれど、どうにか正解にたどり着けた感じです。

androidに実装するのが目的なので、CRCの計算ルーチンとして、適当なところからCRC16CCITTってクラス(MITライセンス)を拾ってきたのですが、これの結果がまた合わないというトラップにも引っかかった。最終的にXMODEM/YMODEM PROTOCOL REFERENCE(←コレ、本家本元の仕様書ですね)にK&Rのソースが掲載されていた(以下に引用)のを見つけて、ありがたくJavaに書き換えて大成功。

unsigned short
updcrc(c, crc)
register c;
register unsigned crc;
{
    register count;
    for (count=8; --count>=0;) {
        if (crc & 0x8000) {
            crc <<= 1;
            crc += (((c<<=1) & 0400) != 0);
            crc ^= 0x1021;
        }
        else {
            crc <<= 1;
            crc += (((c<<=1) & 0400) != 0);
        }
    }
    return crc;
}

この本家本元の仕様書には、CRCの計算範囲についてちゃんと書かれているのでしょうね。英語なのでまともに読んでいない(それがアカン)。でも、この仕様書を探すのにも結構苦労したんよね。

もいっちょトラップ。Tera Termへファイルを送信しているとき、最後のブロックを送った後直後のEOT送信はNAK応答です。もう一回EOTを送るとACKを返してきて完了。必ずそうなっているみたいです。受信時は初回のEOTにACK応答でも問題無かったようですが。ようわかりません。

CRC、EOTの件など、何か意味のある仕様なんだろうけど、軽く考えても意味がわからん。


最後に2バイト0を追加する件ですが意味がわかりましたので、以下追記です。

0を2バイト追加して計算することで、チェックが単純化できるのだそうです。受信側では、データ部の後ろに計算結果のCRCが2バイト付いていますけど、この2バイトも含めて計算すると、アラ不思議!CRCが正しい場合は結果がゼロになるんですよ。

CRCは、論理回路でも処理しやすいらしいのですが、2つの値を比較するより、「結果がゼロか否か」という検査のほうが楽なんですね。実際に試してみたら、確かにゼロになっていました。

いやあ、数学って本当に美しいですね。それではさいなら。

2013.11.19

爆速で沈みかけの船を操舵するの

――― そして、組織の縦割りの壁がどうにもならなくなっている。企業規模が大きくなれば、ある程度の階層化は仕方が無い。だが、今は隣の部署が何をやっているのか、さっぱりわからない。特に問題なのは、経営陣の考えが現場からは見えてこないことだ。一体、我々はどこに向かっていくのか、何を目指せばいいのか、メッセージが全く伝わってこない。

爆速経営―新生ヤフーの500日蛯谷敏(著)日経BP社36-37ページ

規模がまるで違うけど、似たような状況だなと。読めば「それはアカン」と腑に落ちるが、なかなか自分(達)だけでは気づけない。だから読書は大切なんだろうけど・・・

ヤフージャパンの場合、堅調に成長を続けながらも無視できない問題にトップが気付いて、経営陣総とっかえの変革を爆速で実施しているわけだけど、コチラはどうする?時期は過ぎているように思うのだが。

あらゆる可能性をひっくるめて、それこそ「脳みそがちぎれるほど」考えなアカンのやろなと思ったり。同乗者として一定の責任はあるんだろうし。。。あー邪魔くさいなーと思わなくもないけど(それがアカン)。

2013.11.18

たかみんつREADER記事まとめ(~2013/11/17)

週末の神戸マラソンは晴れてましたか。もとよりエントリーしていないのですが、勝手に明石で走るってのも、なんとなく寂しい気がしたので、家に引きこもって本を読んで過ごしてました。家の中でもめっちゃ寒いー。てなところで、先週のたかみんつREADERランキングからピックアップいってみよう。
(最新ランキングはコチラから)

年末年始にじっくり読みたい本18冊

年末になると確かに本を読みたくなりますが、なんででしょうね。しかし、どうにもワタシは読みたい本を探せない病(笑)みたいなんですよね。ネットでは特に探せないけど、書店に行っても打率は1割。10回のうち9回は手ぶらで帰る。そんなときにジャストな記事でした。


世界で最も期待されているSFシミュ『Star Citizen』。クラウドファンディング27億円突破

これホントにすごいですね。映画のようです。口あけて眺めてましたわ。


一生インクの補充なしで書き続けられるペン「Beta Inkless Pen」

鉛って、安全なんでしょうかね。でも普通に売ってるって事は、安全なんでしょうね。


小さな自然の賜物、水滴がそのまま凍った奇跡の一滴

記事読んでも、いまいち理解できなかったのですが、ま、きれいだなって事で。

2013.11.17

同年代こそ読みたい「ゼロ」 堀江貴文(著) ダイヤモンド社

年に数回しかないのだけれど、本屋さんで、「この本読みたい」と思う瞬間って、すごく気持ちいいですね。 手に取って、ぱらぱらと数ページ開いていると横隔膜の辺りから「これ読みたいな」という気持ちが湧き上がってくる。そんな本には今まで「ハズレ」が無いので、「よし、これ読もう」と思った瞬間、「期待感」のレベルもはね上がるってもんで、一種の興奮状態ですね。

「ゼロ」もそんな本でした。

堀江貴文さんの出所後初の書き下ろし。仮釈放は13年3月27日でしたが、刑期は13年11月10日までだったんですね。「働くこと」の意味というか本質をとことん考えて書かれた本のようです。よくあるビジネス指南書のようなHowToものではありません。また、成功者の自慢話的なものでもありません。読後感はさわやか。「未来へ向けて一歩足を踏み出しちゃうぞ!」ってな気分になれました。

堀江さんは子供の時からガンガン働いてきました。

パソコン買うため「はたらいた」

学生起業で「はたらいた」

時代の寵児と騒がれて、大金持ちでも「はたらいた」。

懲役刑で「はたらいた」。

もう、ここまでで、ワタシなんかは既にゲシュタルト崩壊してますから、「はらたいら」がどうかしたの?と思ってしまいますが、それほど働いてきた著者が、「なぜそんなに働くのか?」と、刑期を終え「ゼロ」になって、自問自答した結果、シンプルで合理的、健康的で爽やかな答えが示されているんです。そして「みんな、働こうよ!」というメッセージも。というか、これが「伝えたいこと」なんでしょうね。

これから働こうとしている若い人に読んで欲しいと思ったけれど、著者にまつわる様々な騒動(?)を直接的に知らない世代が、どう感じるかまではわからないです。

↓こちらKindle版

Kindle版は安いのね。書店での興奮も捨てがたい。難しいところだなー

表紙は白いが、めくると黒い。もひとつめくると見開き両方真っ黒け。そしてもう一回めくると白くなる。この装丁には「お!」となった。明らかな変化、反転、好転というイメージかな。

いろんなところで思考停止に陥りがちな同年代の人にも、ぜひ読んで欲しい。 過去の勝手な思考ルーチンに縛られて、現状に対する不平不満を垂れ流し、残りの人生の貴重な時間を無駄にしないためにも。

確かに堀江さんは、今、御本人が反省していらっしゃるように、当時、挑発的で刺激的な態度だったとおもうが、でも、個人もしくは弱者を攻撃することは無かったように思う。翻って今のSNSを含む現実社会はなんなんだと、思ったり思わなかったりするわけですよ。

いやしかし、もひとつ上のレイヤーで考えるって大切なんだなーと思った次第。

2013.11.15

懐かしの効果音が出せる Androidアプリ 'Picopico'で遊んでみた

GIZMODOで紹介されていたPicopicoをスマホに入れて少し遊んでみました。

秋の夜長に音楽はいかが? ファミコン風のピコピコ音鍵盤アプリ『Picopico』

フルキーボードの一部を表示しますが、表示範囲は変更できます。いっぱい表示すると一つ一つの鍵盤が細くなるけど。上の写真のように、エレクトーンみたいな2段表示も可能。

端末によるかもしれませんが、タッチから発音までに無視できない遅れがあって、音楽を演奏するには、ちょっと無理があります。ゆっくりなら、弾けなくはないですが、基本的には80'sな音を楽しむアプリですね。

用意されている波形は全部で10種類。デューティ比の違う矩形波4種類(12.5%、 25%、 50%、 75%)と三角波+ノイズ2種類(長周期、短周期)。そして、最後の3つは、波形メモリ#1~#3で、のこぎり波的なバリエーションが登録されているのですが、なんとこれ波形を編集できます。

波形エディタ。思った音を出すには慣れが必要かも。

このほか、エンベロープが16種類(OFF+15種類)。そして、音程のスイープ機能が -7 ~ +7 の15種類用意されています。-7だと音程がだんだん下がっていきます。数値の絶対値が音の長さをあらわします。

あと、マルチタッチで和音が出ます。4音同時発音でした。これも端末依存かな。勝手に単音だと思っていたので、すこし驚いた。

[波形 × エンベロープ × スイープ × 和音]で結構なバリエーションが作れます。予想出来ない音も作れますし、聞いたことがあるような音が偶然作れたりしてなかなか楽しい。

録音機能もありまして、.wav ファイルで保存できるようです。効果音エディタとしても利用できそうですね。

2013.11.14

みかんとユズヒコ

次男作「Orange Jelly / Yuzz Jelly」。昨夜Nintentdo-DSで描いていました。(「Yuzz」=「ゆず」 - Buzz Lightyearの影響かな)。色と配置がよろしいなと思っていたんですが・・・

Orange Jelly / Yuzz Jelly

「みかん」と「ゆず」といえば、おなじみ「あたしンち」。

なんでゼリーかと調べてみましたら、お父さんの知り合いの「小林文雄」さんから、毎年いただくお中元が「みかんゼリー」と「ゆずゼリー」だそうですね(そしてとても不味いらしいw)。(「あたしンちの登場人物(Wikipedia)」より)

さらに、本家のサイトに関連画像を見つけました(3巻28話)。全くのオリジナルではなかったみたい。

次男君、この後、スマホで撮った写真を、極限まで拡大して遊んでおりました。オレンジ色の部分が点描画のようになっていて、そこが面白かったようですな。

2013.11.13

戦略的互恵関係と領土問題

ここ数日、次男君と同じ布団で寝ている。お父さんの部屋は静かだからという理由。これまでは、お母さんといっしょに寝ていたが、深夜までテレビがついていて寝られないと。家内にとって、サスペンスやアニメは栄養なので仕方無い。

夜9時前に、「さぁ寝るぞ、今すぐ寝るぞ」と枕持参で押しかけてきて、強制的に布団を敷かされて寝なくちゃならんから、こちらとしては結構迷惑な話ではある。

が、このところ急激に冷え込んで、部屋に暖房器具が一切無いから、「デカイ湯たんぽといっしょに寝ている」と思えばありがたいともいえる。

しかし、どうやら次男のモクロミは別なところにあるようだ。

なぜならワタシの部屋の入り口に、以下の次男作の張り紙を発見したから。これは重大。気を抜けない。

My ROOM

どうやら私の部屋を乗っ取るつもりのようである。

結構戦略的に動いているようだが、今のところ実効支配しているのはワタシだ。

2013.11.11

2023年、南の島


photo credit: marcp_dmoz via photopin cc

10年後か20年後かわからんけど、明石とはまた別の海沿いの町で過ごすのもアリ?てな話で盛り上がる。

「お国に返すくらいならくださいな」みたいな感じ。「けど固定資産税の支払いとかあるよー」ということで、聞いてみたら「3万円ほど」だとか。

めっちゃ安いがな。

まー実際生活するとなるとイロイロあるんやろうけど、でも、考えるだけで視界が広がるな。

何年も先の夢みたいな話やけど、それはそれで大切かもね。

たかみんつREADER記事まとめ(~2013/11/10)

p>雨の週末・・・。立冬過ぎて紅葉がそろそろ通り過ぎそうなんですが、慌てず騒がず先週の記事からピックアップしてみます。
(最新ランキングはコチラから) ←あ、過去のランキングに移動できるようにしてみましたよ。ちょっと動きがあやしいので、変なとこ見つけても黙っていてくださいね。

【 #mft2013 】Makerムーブメントは着実に広がっています(小ネタ集)

なんであれ、ものづくりは楽しいですよね。楽しいのが一番。いや、なんでも楽しめるのが一番。


デスクに常備すべきパーフェクトなおやつはナッツ類と判明

鼻血でそうなんだが、どうでしょう。食いすぎる傾向にありますよ。あとビールがほしくなる。


フランス流・人間関係がスムーズになる「ほどよい自己主張」のすすめ

自己主張に感情が入るとよく無いですよね。客観的な自己主張は「ほどよい自己主張」になるような気がします。逆に主観的なのは「自己主張じゃなくてわがまま」に聞こえる。


Googleが無人走行車は人間の運転より安全と発表

自分みたいな運転嫌いにとって、好ましい方向。社会に迷惑かけなくて済むし。そろそろ子供の頃に描いていた未来になってきたなという感覚。


「世界を変えたいのなら、謙虚になりなさい」―謙虚さと壮大さというパラドックスをめぐる考察

謙虚さ大切!


カーチェイス2.0。逃亡車両を効率よく的確に追い詰めるGPS弾

感心しました。本気で考えていたらこういうアイデアってすぐに出そうな気がしましたが、コロンブスの卵ですな。やっぱ問題意識が足りていないと出てこないもんですね。


てなところで、どんどん冬になって行きますな。ほかにもイロイロあったので、ぜひコチラでチェック!よろしくお願いいたします。

2013.11.10

意外な発見

早朝、加西のお山へ自転車で紅葉・・・とたくらんでいたが、朝から雨でやる気ゼロ。昨日のランニングで右ふくらはぎの動作が怪しく、こちらも自粛。

代わりにSVGで遊んでみよう!と楽しんでいたら「タートルグラフィック」てな、お手頃なテーマを思い出してしまい、おうちでjavascriptをいじくり倒して一日が過ぎてしまった。なに食ったか覚えていないぞ。

JavascriptとSVGでタートルグラフィックスやってみよう!

まだとっかかりだけど、やってる最中から、気楽に絵が描けるようになったもんだと静かに感嘆。で、さきほど、「三次元のタートルグラフィック」という香り高いテーマを思いついてしまったのだが、寝られなくなるのでまた今度。おそらくそんなの世界中の誰かが既にやっているだろうし、検索するのもやめておこう。寝られなくなるから。

ところで、先日ニッセンで買ったソックスが結構細身で、そんじょそこらのコンプレッションタイツよりも気持ちよい。肉離れの達人(見習い中)としては、これは結構な発見。今後、これ履いてランニングするのがベストチョイスか。ちょっと違うか。いや・・・

2013.11.09

寒さ故の肉離れか

16時過ぎから8キロラン。江井ヶ島の漁港あたりでマーサーさんとすれ違ったね。すれ違ったときに気付いたので、声かけられんかったけど。

江井ヶ島海岸にはごっついレンズで夕陽を狙うカメラマン多数。

こちらはスマホでコソコソ撮影(笑)

涼しくなると走りやすいからか、ペースが自然に上がりまして、そういうときは気をつけなあかん。筋肉的にはついていけていないようで、7キロ越えたあたりで、右のふくらはぎに違和感。住吉神社の裏で緊急停止してボチボチ帰宅。また肉離れをやってしもたような気がする程度だけど。気温が低いと硬くなりがちなんだろうかな。あと、水分不足だったかもしれん。

GitHubはじめましたの

とはいえ、まだ試用中っすw > github.com/takamin (ブランチとかどう扱ってよいやらw)


photo credit: othree via photopin cc

結構前からアカウントはありましたけど、作ったハナから長年放置しておりまして、あ、そういやこんなアバターが勝手に作られて、ナカナカええアイデアですやんと感心したのを思い出した。あれは何年前のことだろうか。

で、ここ最近(半年くらいですかね)徐々にGitが盛り上がってきていますが、そんなこんなで「使わないから使えない」っていう、ありがちな悪循環以前のバカバカしい状態。いや、誰に迷惑をかけるわけでも無いのだから、とりあえずワケのわからんなりに、エイヤ!と無理やり使い始めてみましたよっということで。

が、しかし、根っからの軟弱者です。

今やGitHubには、メトロUIなWindows用のツールがありまして。使わない手は無いっていうね。もうね、細かいことを知らなくても、レシーブ・トス・アタック!てな具合(謎)に、リポジトリ作ってコミット!コミット!パブリッシュ!ですよ。マークダウンでREADMEとか書いちゃうぞ!ってなウハウハ状態(?)

で、結局あれだ。コマンドラインの使い方については、皆目わからんという(汗)...相変わらず「仕事でGitを使うことになったらどうしましょう」という状態。まーボチボチです。

2013.11.07

激安SOYJOY10本ゲット♪

会社近くの薬局でSOYJOY1本87円

コンビニでは1本120円くらいですからね。助かります。

一ヶ月前に行ったときは見当たらなくて、取り扱い終了かとあきらめたのですよ。でも、よく見てみると間口に面した棚にありました。

長年、かごに入って別なところに無造作に置かれていたのですけど、居場所が正式決定かな。

結構な表舞台でおめでたい。


こちらもお安い。

2013.11.05

たかみんつREADER記事まとめ(~2013/11/04)

11月になっちゃいましたね。サイクルモード、ツールド東北、鈴鹿と、週末は自転車が忙しかったみたいですけど、残念ながらアタシは1ミリも乗らず(涙)。ってなところで、先週の記事からピックアップいってみよう!(涙)
(最新ランキングはコチラから)

PCE.js - こいつ…動くぞ。JavaScriptで作られたWindows 3.0/Mac OSまで動くPCエミュレータ

なんでも出来るなJavascript。TwitterでRTしてもらった影響か、えらいアクセスがありました(当社比)。他にもエミュレータの記事がありましたけど、結構みんな好きですね。なんなんでしょうねこの感じは。懐古趣味とJavascriptへの驚きが合わさったような。最新技術でクラシックカーを再現したって感じかな。


攻めてるね! イー・モバイルがNexus 5の販売を発表

Nexus5自体に注目していただけなんですけどね。


はた迷惑な人にイラッときたら試してみよう。心を穏やかに保つ3つの方法

これは、ほんとにもうそのとおりでございます。「心の中で相手をハグする」てのがよくわかる。自分は「外で出会うヒトみんな知り合いオトモダチ」ってな自己暗示をかけるようにしています。これだけで、イラッとすることが少なくなります。


ここからノーキャプションで(スマン)

(動画あり)はじめまして、ブロック遊びみたいなシンセサイザー:littleBits × KORG #mft2013


五代目「自転車名人」に法務大臣の谷垣禎一さんが就任 政界きっての自転車愛好家


「脂肪や炭水化物で太る」は本当?:健康神話を検証する(1)


いよいよ来た! iPad Airがアップルオンラインストアで販売開始!


今週は特に、良い感じの記事がたくさんありまして、紹介しきれませんでした。是非ともコチラからチェックしてみてくださいな。

土曜日に、健康診断の結果が出まして、ほんの少し貧血気味。でも、その他の指摘事項は無し。細かく見れば、総コレステロールが、少しだけ範囲を超えていますが、それでも自分史史上最低値。HDLもLDLも長年正常。貧血についてはランニングのせいなんでしょうかね?

2013.11.04

ピンチハンガーの関節部分がシミュラクラ

笑ってますね。まあるいですね。


ところで、なんでもかんでも「たこ足」と呼んでいましたけど、「ピンチハンガー」ってな立派なお名前がありましたのね。「干すところが無くてピンチ!」って時に使えるハンガー・・・ではなく、「ピンチ」=「挟む」でしょうかね。英語では「Hanging Dryer」だそうで、和製英語かな

ちっちゃくなりそうで、便利そう。

あと、ステンレスのとかも、あるんですね>「ピンチハンガー」

2013.11.01

そーかもうすぐ新月ですかと思う今日から11月

今朝の6キロランニング。1キロ走ったあたりで催し物が盛大に催され始めたが、気付かない振りしてそのまま走り、海岸の専用施設で無事に水に流して、スッキリめでたく大人の尊厳を保てました。ありがとう。

昨日の写真にも移っていたけど、細い月が印象的。そ知らぬ顔して写真を撮った。

ノイズ出まくりだが、暗いので仕方ない。

先週あたり、10月の終わりにも、金木犀が盛大に香りを放っていたが、そろそろ終わりか。

コチラはスッキリ後に落ち着いて撮影。

例年通り10月始めに香り始め、すぐに終わってしまったように感じていたが、この一週間で盛り返してきたような気がしていた。

でも、今年は日常的に通っている道が違うから、そうおもうだけなのかも。

毎年、「冬が近くなると、朝焼けがきれいですねー」なんて思うが、実は夏場でもどえらいきれいですし。その時間帯に通りかかるかどうかの違い。

ところでなぜか、体重がいきなり増えた。1キログラムほど気が緩んだのか。ラマダン必要?

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ