« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月の12件の記事

2013.12.30

たかみんつREADER記事まとめ(~2013/12/29)

そろそろ2013年も終わろうとしているのですが、そんな年の瀬真っ只中の、たかみんつREADERランキング♪いってみよー。休みに入ると結構PVが低調なので、マッタリ感たっぷりでお送りします(謎)。
最新ランキングはこちらから

JAMES DYSON AWARDで2位に輝いた義手が色んな意味で未来過ぎる

かっこよくて安価。どちらも普及するには重要な要素ですよね。


イカスミから電池ができた! 食べる医療機器の電源として開発

体内に入れる医療機器はすでにあるそうで、そのこと自体にも驚きでした。血液をキレイにするようなデバイスが既にあるそうです。コウイカのスミのメラニンを使用するこの電池は、シンプルなセンサーくらいなら駆動できるらしいです。世の中の先っちょはヤッパリ凄い。


優秀な人材がすぐに辞めてしまう本当の理由とその対策

合理的に説明できない慣習や、考え方が暗黙的に漂っているような、内部が停滞している組織に、優秀な人材はとどまらない。外も先も見えないからね。トップのアタマが悪いと未来永劫そのまんま。クワバラクワバラ。

抱負の立て方から実行に移すまで:新年の抱負を絶対に実現するための5つのステップ

できりゃ良いが、できないからこそ困ってるので(ブツブツ


おうちで「ケンタッキーフライドチキン」を完全再現できるか試してみた

これ読んでたらケンタッキー食いたくなります。やっぱ自作は難しいのかー。


プリンタの故障もそうだし、通勤自転車のサドルが破れそうだし、新しいヘルメットも欲しいしあああああああ・・・てなところで(?)、皆様良いお年をお迎えください。

2013.12.29

なんとか濃厚な2013年をまとめてみましたが、このまま無事に年越したいわー

まずは自転車方面ですが。

物欲が、かなりおさまっちゃって、まるで打ち止め状態。頻繁に乗らなくなったのが大きいのかもしれないけれど、タイヤ、バーテープ、あとチェーンもですけど、同じのをずっと使いっぱなしですわ。ただ、機能的に限界を迎えているものが2,3あるので、来年はもうちょっと出費が必要か。

遠出に関しては、4月にソロアワイチ。9月には会社の若い人たちと北半分のアワハンブンコ。確か一度、実家往復したような気がする。他には、加古川、加西、西脇方面などの近場だけど、数えるほどしか走って無いような。

淡路島から、帰りのジェノバの写真ですな。

通勤も5月以降、片道3キロほどに短縮となり、もはやドロップハンドルは不要では?と疑問を自問。

一方、ランニングはそこそこ盛況。レースに出るわけでもなんでもなく、勝手に10キロ20キロ走っているだけですが、結構楽しい。これも自転車にあまり乗らなくなった一因かと。とはいえ昨年に引き続いて怪我続き。調子に乗って走りすぎたり負荷かけすぎたりして肉離れを繰り返す。12月には前から来た車をよけて溝に足つっこんで結構キツメの怪我したり(まだ通院中)。うん、アホやな、かなり。

このザマだ(笑)


家族的には変化が激しく、「あ!」っちゅうまの一年やった。

年始から春先にかけてムスメさんの高校受験。気持ちがバタバタしたけど、結局落ち着くところへ落ち着いた感じでよかったねという結果。好きなことやれるのが一番やし。

9月には、長男さんのシューカツの「爆速」ぶりに驚愕。突然(ではないのかもしれないけど)単独で東京へ乗り込んで、直接交渉で即断即決の内定通知。「え!?」みたいな。

東京行きの車窓から。

あと、次男さんもグイグイと成長しておられまして、長めのお泊りも大丈夫になったし、一人でできることも多くなった。ボキャブラリも理解力も豊富になった。まだ、食事の問題は残るが、これもそのうちどうにかなるかという感じ。


てな調子で12月を迎え、一年が終わろうとしているのですが、ここから先がさらに濃い。

既に書いたように、初日にいきなり怪我して病院通い。クリスマス前には長男さんの家探しで東京出張。仕事納めのあとは、駐車場で向かいに停めてる人が「こすっちゃいましたーゴメンなさい(><)」てな事案も発生。もう月末も月末やでという時になって、不動産屋さん、ネット関連の業者さん、ワンルームマンションの管理会社、クルマこすっちゃった人、クルマの保険屋さん、その他諸々、いつまで続くの?多業種クロスオーバーのバトルロイヤル電話攻勢!ってな状態。

そして本日、ああもうアカン限界迎える前に年賀状だけは出さなアカンわとおもていたら、長年使ってたプリンタがいきなり故障。なにをどうやっても、どうにもならないので、もう年賀状はあきらめました。関係各所、申し訳ないっす m(_ _)m


というところで、なんとか無事に年を越したいと祈っております。

以上!

2013.12.23

たかみんつREADER記事まとめ(~2013/12/22)

週末、日帰りで東京出張(私用)。好天に恵まれ、富士山がきれいに見えました。新大阪と西明石間は「こだま」に乗車しましたが、内装がゴージャスで意外な感じを受けました。そういえばゼロ系の引退以降、新幹線に乗っていなかったかもですな。あと東京駅にあった全面液晶パネル自動販売機とか、新宿のヤマダ電機で見た4Kのバカでかい「これ壁?」みたいなテレビとか、もう21世紀はオレを飛び越えていったのだなと気付いた一週間の記事です(謎)レッツゴー⇒たかみんつREADERランキング(最新ランキングはコチラから)

メカニカルキーボード、最高! 読者が選ぶベスト5を一挙紹介

キーボードの感触にはこだわらないほうですが、配列に関しては、記事中No.3の「Cooler Master Storm QuickFire」が好みです。
これ↓

フルキーボードのテンキーだけが無いモデル。カーソルキーやHome、End、PgUp、PageDn、Insはあるべき場所正しくあるという普通のことがナゼ出来ないか!と叫びたい。ASCII配列は問題ありません。これ欲しいです。


非円形歯車を介した変速が変速機の「駆動力抜け」と「変速ショック」をなくす

30年くらい前、これと似たようなものを父が電機メーカー(から出向した先の会社)で研究していましたわ。入力トルクに対して(適正な?)ギヤ比が選択され、歯車が噛み合ったままスムーズに移行するものでした。何枚かある歯車の位置関係が入力トルクに応じてふわーっと変化するさまを覚えています。当時「父親スゲー」って思いましたね。


早く実現して! あらゆるノートパソコンを1つのACアダプターで充電できる規格が策定中らしい

なぜ今まで無かったのかというね。いろんな「無駄なもの」が削減されると思います。電源部で差別化を計るような時代でも無いでしょうしね。


社員が一緒にランチを食べると生産性が上がるという実験結果

生産性に直結するかどうかの実感はありませんが、広い意味での「社員食堂」の存在はとても重要なんだろうと思います。みんなでいっしょに「いただきます」とやるわけでなくても、本能に直結している「食べる」という行為を、同じ場所で、同じ規律にのっとって行うことで、なにかしらの共有感?が芽生えるような気がします。


高級ロースステーキ250グラムを挟んだ3000円の「前略、道の駅バーガー」を食べてみました

これは、また行かなあきませんなっ!


てなことで、他にも面白い記事がいっぱいありましたので、ゼヒゼヒ⇒(たかみんつREADERランキング

2013.12.19

ロードのカッパの後ろは不要か?

雨が止んだスキを狙って、自転車で帰宅したが、まさかの土砂降り・・・カッパどころか雨具も一切持っていない。距離にして3キロほどなんですけどね。なんとか無事に帰宅して、しかし「あーもー最悪やわー」と、雨でベッタベタになったズボンを脱いで、オドロイタ・・・

濡れてるのん、前だけやわ。

ちょっと写真がわかりにくいかな。太もものオモテとかスネの部分はしかたがないですズブ濡れです。お尻も後輪から跳ね上げた水でそれなりに濡れているんだけど、しかし、太もも裏からふくらはぎにかけては、完全なドライ。

なんか最近、雨がちで、「ささっと脱着できるレインウェアが欲しいなー」と思っていたのね。レインウェアで一番手間取るのが、シューズカバーだと思うけど、後ろからほとんど濡れへんのやったらイロイロやりようがありそうな・・・。

いやしかし、齢44歳、地味ながら結構新たな発見に胸打ち奮わせるオッチャンです。自作も視野に入れて明日もガンバル(?)

2013.12.16

たかみんつREADER記事まとめ(~2013/12/15)

週半ばから強烈な寒波襲来。12月の明石で朝の気温が2度とかって今年の冬は本気ですね。1月2月がどうなるんでしょ。そんな一週間のたかみんつREADERランキングからピックアップしてみましょう(最新ランキングはコチラから)

『アキラ』の金田バイクがレゴに! 組み立てマニュアル販売も

レゴの世界は深いな。200ページのマニュアルって。フルスクラッチするのとどっちが大変なんだろうか。


すごい・・・親父が熱中するわけだ。「大河原邦男デザイン」のiPhone 5s/5用ジュラルミンケース

ちょっと目立ちすぎてアレかなとは思いますが、まー好きな方向ですね。


実際に手を動かしていじくり回した方が、より深い理解につながることが判明

そりゃそうなんだろうなーと思うわけです。「考えるな!感じろ」とも通じてるかも?


「1日に10冊の本を読み3日で1冊の本を書く ボクのインプットアウトプット法 」千田琢哉(著)アイバス出版

手前味噌ですみません。サクッと読めてよい本です。ちょっと極端すぎるかな?と思うところもありましたが、でも、そういうところこそが、本質を突いているのかもと思ったり。


滑らかな渦で描かれたワイルドアニマルな手描きアート

なぜか自分はこの手の絵が苦手なんですが、怖いもの見たさっていうところもあります。


気がつけば12月も半ば過ぎて、今年も終わりかと思うとアレですわ。でわでわ。

2013.12.15

ルイガノSUPER-LITE-JACKET

長年着用していた、パールイズミのウィンドブレーカーのチャックがたまにバカになって、下からパカっと開いていたりするので、ポチッとな。

ルイガノ SUPER-LITE-JACKET♪

自転車的に、ルイガノさんとはまったく無関係に生活しておりますが、見た目で気に入ったのだから仕方がない。

背中側。リフレクター(ロゴ)の位置が自転車的っすね。

全体がバックポケットに収納できる、おなじみの機能。で、いざ収納しようとすると「あれ?どうやるんだっけ?」と、しばらく悩むのも毎度のことで(笑)。ポケットを裏返せば何とかなるのさ。

おりしも強力な寒波が押し寄せる中、予想以上にペラッペラに薄くて、耐久性と保温性に関して不安が増大(笑)

大丈夫かなー。

MICHELINのLITHION2はやっぱり硬い

目覚めればスローパンクてなことが続いていたので、通勤自転車の足回りをリニューアル。

リムフラップと、

タイヤの交換。

リムフラップはパナレーサーのなんちゃらライトというやつですね。幅は18mmです。良い子は一年に一回換えるべきだと聞くが、何年ぶりだろうか。非常に重要なパーツなのに、地味なポジションなので忘れがちな、縁の下の力持ち。リムホールの部分がへこんでいない姿は新鮮だ。

タイヤは今回MICHELINのLITHION2にしてみたのですが、ビードが上がらず長期戦。リムはFulcrumのRacing7ですが、これも相性なんですかね。

スローパンクについては、古いタイヤの裏側に小さな金属片が刺さっていまして、コイツかと。裏側から刺さっていましたので、いつかわからないけれど、貫通パンクでチューブを交換したときに、タイヤの内部に残ってしまったようですな。出先でパンク修理したときは後でキチンと調べないといけませんね。

2013.12.14

「1日に10冊の本を読み3日で1冊の本を書く ボクのインプット&アウトプット法 」千田琢哉(著)アイバス出版

読み始めたばかりですが良書との確信が・・・。書店で最初の数ページを立ち読みして「あ、これ♪」みたいなのがありましたので即購入しました。

見た目的にも内容も、気軽に読める本だと思う。

書店の入り口ではなく、奥のほうで新しく平積みにされていました。

「お!新入りか」と注目。表紙のデザインとタイトルにチョット惹かれて、手に取ってパラパラっと読んでみると、このタイトルから受ける「どうせよくあるHow-Toモノでは?」という予感を、軽く覆された感。ヤラレマシター的な。

仕事や実生活上の、いろんな局面や状況に対する捉え方や考え方について、短めのパラグラフで、さらっと簡潔に、そして平易に、本質的なことがズバリ書いてあるのです。なんだかモヤモヤしていたのが、スッキリする感じです。

最初に「お!」と思ったのは、「100点でスタートする人は、不合格。」って項目。100%理解してから開始する人よりも、30%くらいの理解でとりあえずスタートする人のほうが伸びる。なぜなら、そのほうがたくさん失敗できるから。「成長=失敗」ということです。つまりまず動けと。これは、堀江貴文さんの「ゼロ」で「ノリのよさが重要」と表現されていたことや、ヤフージャパンの「爆速」と通じるところだと思います。だいたい100%の理解なんてなさそうですしね。

こういうのって、なんとなく漠然と非言語的に理解しているのですが、明確に文章で表現されてやっとはじめて、スッキリします。

そんなスッキリやクッキリが、山ほど詰まっているようなので、読んでてイチイチ楽しいわけですね。

2013.12.09

たかみんつREADER記事まとめ(~2013/12/08)

足を怪我して太りました。そんな(どんな?)一週間のたかみんつREADERランキングからピックアップ!(最新ランキングはコチラから)

本当の話。Amazonがドローンによる宅配サービスを発表

他にも非武装ドローン関係の記事がありましたが、若干の不気味さを感じるのは、この形と動きのせいなんかなと思いました。


冬でも自転車で通勤する理由

自転車通勤は明らかに楽しいです。出発時点では確かに寒いのですが、しばらく走っていると暖かくなります。パンクなどのリスクがあるので、みんな朝早く出発するようになるんですよね。そして普段目にしない冬場の早朝の風景って、かなり美しいです。寒さやいろんなリスクに対処しながら、アイテムを増やしていくようなゲームみたいなところがありますわ。


世界初! フルカラー3DプリンターProJet 4500が登場(動画あり)

すごいのですが、サンプルで出されているものの色合いがちょっと微妙www。


大容量SSDがお得に作れる? 「10枚のmicroSDカードをSSD化するキット」が発売

なるほど!と思いました。安いけど、それなりの金額にはなりますね。


理系キッズの育成に! Raspberry Piベースの名刺サイズコンピュータキット『Kano』が大人気

今度はラズパイ。この分野どんどん進んでいますね。


これは期待! ナイキが新型スマートウォッチを2014年前半に発売するかも

普段使いの時計は特に不要なんですが、ランニング用のは欲しいです。ただ、いま、怪我してて走れないのでもうちょっと後でいいですが。Adidas micoarchのと迷いますなー(妄想


道路交通法が改正され、自転車は路側帯も左側走行と定められての一週間。ツーキニスト疋田さんが何年も前からおっしゃられていた制度へ一歩前進しましたね。朝のテレビでも連日取り上げられていました。

ただ、まだ実態は伴っていないようで、歩道の無い道路の交差点で自動車が信号待ちしていて、左側がふさがっている場合に、右側へ出て(自動車を追い越す形で)前へ出る自転車(ママチャリ)が多いです。

歩行者が通る可能性がありますので、左側を完全にふさいでしまう自動車側にも問題がありますが、本来は自動車の後ろで待つべきなんですよね。

ミニバイクも右側を追い越して前に出る人が多いです。酷いときには横断歩道を横切って2段階右折のボックスまで出ちゃう人がいますが、あれ、信号無視と変わりないですからね。

ということで、今週一週間もご安全に!

2013.12.03

「君に友だちはいらない」瀧本哲史(著)講談社

表紙は「七人の侍」のワンシーン

「えっ!?」と思うタイトルですが、実は「チームアプローチ」について書かれた本。「チームワーク」ではなく「チームアプローチ」。

高い目標を達成するために、馴れ合いの「友達」は不要。でも、良い緊張感を保った「チーム」は必要。そんな「(意識高いだけじゃない)チーム」とはどういうもので、どうやれば作れるのだろう。推進力を失ってしまった日本にもう一度力を取り戻すために、今何が必要で、どう考え、どうすべきなのだろうか。と、このあたりが主題でしょうか。

おそらく10代20代の人向けに書かれているんだろうなとは思いますが40代半ばでも問題なし。豊富な話題で一気読みしてしまいました。先日足を怪我して、自宅で本でも読むしかないって状況も関係してるかもしれませんが(笑)、いやしかし、なかなか元気が出る本ですよ。

著者は、SNSで大量に(見境無く)「つながる」ことは、無駄、無意味であると説く一方「ウィークタイズ(多種多様で弱いつながり)」の重要性を実例を交えて紹介している。一見矛盾があるように思えたが、要は「SNSも使いよう」。つまり道具の使い方を間違えるなということだろう。ウィークタイズは、手段にとらわれない信頼できる「つながり」の実体なのだから。

この本を読むと、結構簡単に既成事実の罠にとらわれて、しかも自覚が全くない自分に気付きます。栄えある未来を迎えるためには、その罠を知り、それを避け、時には脱出できなくてはならないのですが、この本は、その対策を、論理的、且つ具体的に示してくれる指南書のように思えました。ありがちな罠にとらわれている方が実は楽なんだけど、それでは結局何も実績を残せないし、未来はない。よく知った場所から飛び出していく「勇気」も少々奮い立たせられるような気がします。

著者はとても冷静な人なんだろうと思って読み進めましたが、最後の数ページの熱さは、なにかちょっと目頭が熱くなりそうな雰囲気で、心拍数が上がりました。

2013.12.02

たかみんつREADER記事まとめ(~2013/12/01)

なんだか風が強くて必要以上に気温が下がった一週間のたかみんつREADERランキングからピックアップ!(最新ランキングはコチラから)

聲の形 第1巻(まんがレビュー)(2)

Twitterで、ご本人であるそらぱぱさんにRTされてアクセスが一気に伸びまして、ちょっとびっくりしています。この本は自閉症には無関係で聴覚障害の女の子に関する漫画だそうです。そらぱぱさんのブログに出会って、特にABAについて勉強させていただいたからこそ、現在の精神的に平穏な生活があるように思います。お子さんが自閉症または発達障害かもしれない?とおもって悶々としていらっさhるかたは、そらぱぱさんのブログ「そらまめ式自閉症療育」をくまなく読んだほうがよいですよ。しかし、そらぱぱさんの情報量ってすごいです。


神々しいほど幻想的…ISSから見た地球の夜明け

国際宇宙ステーションから宇宙飛行士のカレン・L・ニーベリさんのツイートがすごいってんで早速フォローしましたよん。逆立ちしたって普通には見れない風景ですし、他にもたくさん写真があります。


「弦一本のギター」で演奏するジャマイカ人シンガーの表現力がスゴい

弦一本と、あとは声だけなのに、コード感がグイグイきます。声は楽器以上に楽器なんだなーと。


美しきステンドグラスの給水塔

いやもう単純に美しいです。


地球にはこれっぽっちしか水と空気がないのか…

驚いた。見える化って意外ね。ところで、地下水や地中に含まれている水分とかはカウントされているんでしょうかね。ま、海の水に比べれば微々たる物かもしれないけれど、それにしてもこんなに少ないのかと、衝撃を受けました。


物欲を刺激するバイク「Spiran」

美しいですね。やっぱシングル欲しいな。値段が気になりますが。


てところで、もう12月。あと一ヶ月で来年ですやん。なんや知らんが焦ります。

2013.12.01

3週間ぶりのランニングで

右足負傷orz.

夕方4時過ぎてから走り始めたのね。久しぶりなんで、6キロでいいやとおもってたのよ。でもなんとなく、10キロ行けるかな?みたいな気分で、よせばいいのにレッツゴー。案の定、残り1キロで真っ暗ですわ。雨まで降り出しちゃったりして。

残り500mくらいかな、細い路地で、向こうから来た自動車をよけながらすれ違った瞬間、なぜか右足が地面につかない。「アレ?」っとおもう間もなく、カラダががくんと沈み込んで、向こう脛が「ガッ!」。

側溝のフタの隙間に右足を入れてしまいました。向こう脛をシコタマぶつけた。

左の手のひらに軽い擦り傷が2箇所あって、「あーやっちゃったなー」とおもいながら、すぐに立ち上がって、足の骨が折れていないことも確認。ちょっと痛みがあったけど、軽く走って帰宅した。

で、自宅で、傷を確認して驚愕。向こう脛のがそれなりに深い。なんか尖ったものがグサッときたような。骨は見えていないけど、結構インパクトのある傷でした。仮に現場で確認してると、走る気にはならんかったやろなというレベル。

とりあえず、まともに動くので大丈夫ですが、今後腫れてきたり、化膿し始めるとアレなんで、ちょっと様子見状態ですわ。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ