« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月の15件の記事

2014.01.27

たかみんつREADER記事まとめ(~2014/01/26)

週のはじめからおなかの調子が悪くて、ピーピーの一週間でしたが、元気を出して、たかみんつREADERランキングからのピックアップいってみましょう♪
最新ランキングはこちらから♪

Rubyの基礎を子ども向けに解説した絵本「Hello Ruby」

Rubyの絵本。プログラミングが一部のギーク(笑)だけじゃなくて、日常の範疇に入ってきているということだろうかな。みんなコンピュータを使ってますし。


PythonにMinecraft...。いま教育現場に拡がる「子どものプログラミング」

プログラミング教育。自分は最初の言語はBASICでZ80アセンブラでCという流れ。その後はカオスですが、RubyもPythonも実質的に使ったことが無いです。子供は面白そうなことなら何でも大人の真似して覚えますよね。


おばあちゃんが最期に残し20年間も未解決だった謎の暗号がネットの集合知によって爆速で解明へ

ばーちゃんスゲー。ところで、ばーちゃんは暗号のつもりだったのでしょうか?


「頑張れ」では人は頑張れない。ビジネスに悪影響を与える「思考停止ワード」

「思考停止」ってのは内なる敵だなー。やわらかアタマで「頑張れ」オレw


魔法のボタン!? スマホの液晶画面に物理キーが浮き上がる衝撃の技術のデモ(動画あり)

なんだか気持ち悪いです。どうでもいいですけど。


アマゾン、客が買う前から商品を発送するシステムを準備中

物流拠点が多数あるからこそ出来るのでしょうかね。結構簡単で地味なロジックだと思うけど「へぇー」と思わされた自分が悔しい。


Googleも支援するCANVASの子供向け「プログラミング」ワークショップ「2時間でゲームができた!」

子供のプログラミング教育ってのが今年のキーワードかな。


究極の味噌汁を1分で。マルコメの家庭用味噌汁サーバー「椀ショット 極」

最初冗談かと思ったのですが、本気(マジ)ですか。便利そうですけど、具は別途ご用意くださいですってよ。


充電式インソールヒーター「Heated Insoles」でいつでもどこでも足元ぬくぬくに

これ欲しいです。

てことで、なんだか盛りだくさんで、プログラミング教育という方向が目立ちました。がんばれ大人w

2014.01.23

Google Chromeの「ながらYouTube」で音ブツ切れ!ならば別ウィンドウで再生しましょう♪

半年前からヒップホップにはまってしまって、夜な夜なYouTubeで流しっぱなしです(年甲斐も無くw)。まあ、ヒップホップというより、Rhymesterさんなんですけどね。日本語がガンガンきますな>Rhymester。同年代といえば同年代なんですよ。

しかし、ChromeでYouTubeを再生していて、同じウィンドウの別のタブで、ウェブページを見てると、ページの読み込みやスクロールした時に音楽がブツ切れになりませんか?

ここ数ヶ月、この現象が酷くなった気がしてイライラしていたのですけどね、先日なんとなくYouTubeのタブの見出しをつまんでデスクトップにドロップすると(別ウィンドウで表示されるますよね)、ほとんど音切れがないのですよ(たまにはありますけどね)。耳からウロコ、白目むきましたよw

おかげさまで、「K.U.F.U」とか「This Y'all, That Y'all」とか、ヘビーローテーションです♪

てことで、貧弱なマシンで、ブチブチ切れてる人はお試しあれ。

↓あの妙な風営法への対抗楽曲ですな。

2014.01.20

たかみんつREADER記事まとめ(~2014/01/19)

どんどん寒くなりまして、連日の「この冬一番の寒さ」更新。まだまだ寒くなるのでしょうけど、元気を出して、たかみんつREADERランキングからピックアップいってみます。
最新ランキングはこちらから♪

自分が死んだら、FacebookやTwitterのアカウントはどうなるのか

データ的に消えちゃうのは淋しい気がしますねー。いかにして、運営者に自分がこの世にいないことを伝えるかってのが、ミソなんですけど、たとえば1ヶ月間ブログを更新しないと「あの世へ行った」タスクを実行するように設定して、いろいろ対応できるはずなんですけど、さすがにそこまで本気で取り組んでいないわな。まあ、皆様の記憶の中に存在している間は、実は「生きている」という考え方もありましてですね、なんともムツカシイ問題だ。


ステッカーになったパーツを貼っていくだけで電子工作ができる『Chibitronics』

どれくらいのことが出来るのか、まったく不明なんでなんともいえないですけどね。面白そうです。


初対面は「テクニック」が9割!? 覚えておきたい8カ条

確かに、テクが9割だと思いますわ。出来ていないからこそ、そうおもいます。


iPhoneとBluetooth連携するカシオのスポーツウォッチ「STB-1000」発表

アンドロイドでも使えるのでしょうかね。CASIO定番のこのデザインはやっぱ気になりますわ。


汗をかいても着心地バツグンな自転車通勤用スーツ

夏場の汗は想像以上ですが、大丈夫なんですかね。


初心者が学ぶのに最適な5つのプログラミング言語

私は、Javascript押しです。使いはじめるまでの時間がキモかな。未熟な人に限って「この言語が素晴らしくてあの言語はダメ!」みたいな事を言いがちで笑えます。C言語は歴史的発明だと思います。全部のプログラミング言語を愛しましょうと言いたいですな。それぞれ守備範囲がありますし♪


明石では、ちらっと雪が舞っておりましたが、実家の佐用はドカッと積もっていたようで。次男がぬくぬくの部屋でスカイプ見ながら「うわー雪遊びしたーい」と言っておりましたが、実際どうなんでしょうかねー。

2014.01.18

「燃費が悪くなっているのか?それとも持久力が落ちているのか?その両方か?とにかく走れなくなっているのよ残念ですわ」の巻

月に一度の土曜日の出勤日は、自転車でGO。病院でガーゼを取替えてもらわなければならないので、午前半休ですけどね。

自転車抱えて家のドアを開けた瞬間、「ははぁーなるほど、今朝はこの冬一番の、冷え込みやな!」と悟ったくらい寒い朝。病院までは2.5キロくらいなので、体が暖まるどころか、冷たくなって着いてしまう。診療開始は8時半だが、予約を入れていないので、8時に到着。しかし、待合室は誰もいない状態。土曜日は少ないのか。平日は賑わって(?)いるのだがな。

意外に早く呼ばれて診察。外科の先生のお言葉は相変わらず、「うぉー!もうちょっとですねー」と代わり映えしない(最初の感嘆符は大きくなってる気がする)が、しかしなんと!本日、ガーゼが絆創膏(的なモノ)にグレードアップ!浸出液が少なくなってるからだろう。ホントに「あとちょっと」ですな。多分。

予想以上に早めに終わり、予想外のグレードアップに気分も良い(?)ので、いつもより6キロほど先の駅(数年前まで毎日通っていたところ)まで自転車のペダルを回す。

んが、しかし、朝飯食ってなかったせいもあるかも知れんが、途中15キロ地点で、まさかのハンガーノック。コンビニに駆けこんで、缶コーヒーと、SOYJOY2本。15キロでエネルギー枯渇するのかよ。たいしたもんだなオイ(謎

結局走行距離は21キロ。ヘロヘロですよ.

この時点で、「全然走れなくなってる・・・」と愕然。

そして、帰りはこの冬一番の冷え込み&強烈な向かい風。図に乗って気持ちよく、遠くまで来てしまったことを極度に後悔も後の祭り(笑)。平地でインナーローだぞ、こんにゃろめ。以前は、毎日(ホント毎日。風でも雨でも雪でも)、この距離を走っていた(笑顔で!)のだと思うとねー、心の底からわきあがってきますよね、

「人間って、素晴らしいな♪」と(謎

いやしかし、もうちょっと距離を走らなアカン。運動能力が退化してる。ランニングとバランスとりながら自転車にも乗らなアカン。いまいち乗れない日々が続くがー

2014.01.16

おはよう筋トレ

起床時、あまりに寒いので、軽く筋トレして暖めている。習慣になればよいと思うが、すぐに筋肉がついちゃって、次第に負荷が物足りなくなってくる。当初は、簡単に筋肉痛になって「やった感」があるが、同じ負荷では筋肉痛にはならなくなって、見た目にも変化が無いから達成感も無いわけで。

効率よく筋肉痛になるには、強い負荷をかけて、少ない回数でオールアウト(それ以上力を出せない状態)へもって行くとよいらしい。出来れば6回、多くても15回。つまり腕立て伏せでも腹筋でもランジでも、6回やって「もうアカン」という状態までやるんだな。

一回の動作に時間をかければ負荷は上がるが、しかし筋肉が停止していてはいかん。筋肉が伸びるときに筋肉痛になりやすいらしいので(肉離れも同じ特性のようで、やりすぎ注意)。

極端にゆっくりやるのは難しいから、たとえば15回をワンセットとして、3セットやるとかそういう対応も必要。

てことで、結局、負荷を上げれば時間がかかるってこと。そうなると「起床時にちょっと」という程度の時間ではすまなくなって、次第に邪魔くさくなり、やめてしまう。

と、いうのが、いつものパターン。

と、念頭に置いて、なんとか継続しようと思っているが、どうだかね。

筋力が増えなくても、維持できていればそれはそれでよいのだが、やっぱ達成感は大事やな。

2014.01.14

いろいろかなり寒過ぎる

仕事場で、お手洗いへ行くのに決死の覚悟て、寒すぎる。

行きも帰りも、自転車の後ろの変速機が動いてくれなかったのも寒さのせいか?

朝8時前、自転車で交差点を右折するとき、路面が凍結してるように見えてパニック寸前。しかし、曲がらなしゃーない、直進している場合やないし。気付いたときにコケていなかったということで、無事でした。

そして、いつもの病院でガーゼ交換。しかし、センセの言葉は先週と変わらず。

「もうちょっとやなー、・・・深かったからねー。お大事にしてください!」

明日も寒いな。多分。

2014.01.13

時間の流れを感じてみたよと

年末に実家で父母が、子供や孫やテレビの話題が次第にわからなくなってきたと言っていた。

そして、ワタシの祖父母が(もう他界しているが)、盆や正月に子や孫たちがたくさん訪れ、夕食後にワイワイガヤガヤやっていても、「じゃあもう寝ますね」と部屋へ戻っていた時の気持ちがわかると。

年寄りは早く眠くなるのだと思っていたが、そうではないようだ。楽しそうにしている子供たちの話題に、着いていけず、楽しさ半減。その場に居辛くなっていたのだろうと。

年をとると情報の処理スピードが落ちて、しかし自分基準の本人にとっては、まわりのスピードが早くなったように思えて結果、時間の流れが速くなったと感じるのかもしれないなーなどと、とりとめも無く。

筒井康隆さんの「急流」というショートショートを、突然思い出したが、少しちゃうか(笑)

直接関係無いのだけれど、この正月、父のパソコンと、うちの次男君のパソコンに、スカイプをセットアップして大好評。

今朝など、あちら側では「ばあちゃん呼んでくるわ」と賑々しく、こちらでは、突然、本日成人式を迎える姪が振袖姿で飛び入り参加でワイワイガヤガヤ。

そういえば、40年近く前の実家での盆や正月はこんな感じ。 なんだか、ゆっくり時間が過ぎていたように思うのは、自分が年をとったからやね。

はじめてのNHKオンデマンドで「軍師官兵衛」視聴した

長男さんの一人暮らしの契約書の割り印に苦戦して、大河ドラマ「軍師官兵衛」第一回の再放送を見逃してしまった。日曜の夜にはチャンネル権を持っていないため、土曜日の再放送が最初で最後のチャンスなのに・・・。

と、いうことを想定して「平清盛」のときに、アカウントだけ作っておいたNHKオンデマンドを思い出して視聴。

月額945円支払えば、年がら年中見逃し放題(笑)なんだけど、今回はとりあえず単品購入の210円。単品購入の場合は24時間以内見放題なんですね。

モバイルSUICAで支払いを済ませられるのも気軽でよろしい。しかし便利な世の中だな。

ところがどっこい、昨日の第2回も当然見ていないが、放送終了後、すぐには購入できないみたい(火曜日の朝にはリストに上がっておりました)。DVDレコーダーが壊れているのか、録画できない状態で、次の土曜日も所用により見逃す予定。今から見ておきたいのだがー

たかみんつREADER記事まとめ(~2014/01/12)

先日、不動産関係で30万円近くの振込みを済ませ、昨年末からのイロイロなバタバタに終止符。財布の中は家族こぞって寒々しいですが、心は強くあったかく♪たかみんつREADERランキングピックアップいってみましょう。
最新ランキングはこちらから♪

絶対音感が大人になってからでも身につく薬

「すごい、しかし恐ろしいクスリかも?」というのが素直な感想。自閉症の次男が絶対音感です。5歳ごろから、鳴らしている音名やコード名が表示される鍵盤で遊んでいて身に着けたようです。音が鳴った瞬間に頭の中に音の名前が浮かんでくるという、音と文字が脳内で直結している状態です。ただ、次男が鍵盤を触っている姿は、かなり苦しそうに見えていました。自閉症児特有の「こだわり」行動でしたから、「やめられない止まらない」状態だったのでしょう。このクスリが一時的にでも脳内にそのような回路を作ってしまうのだとすると恐怖感も感じます。頭の中で同じ音楽がグルグル鳴り続けて眠れないということが若い頃にありましたが、あんな状態じゃないのかなと。

絶対音感には特殊能力っぽくてあこがれがちですが、実生活をどれほど豊かにしてくれるかというとよくわからない。


コピペできるハンディスキャナー「コピー&ペースト」

便利そうです。実用的な使い方以外にも応用できそう。楽しい使い方をあれこれ考えてみるのも良いかも


ゲーマーたちよ!超ヤバい次世代ゲーム機「Oculus Rift」を知っているか?

いや、ぜんぜん知らなかったのですが、なかなかスゴイことになっていますね。これもいろんな応用が出来るんじゃないでしょうか。


プロフィール画像の参考に。「自撮りオリンピック」に寄せられた面白画像集

バカらしいけど面白い。足つりそうなのが多いですねw


いざ、スタートダッシュ! 仕事をより効率的に進めるための記事まとめ

とりあえず、ハイスペックな仕事用マシンが欲しいっすな。個人的には・・・

至高のウルトラブックThinkPad X1 Carbonに新モデル登場!

コレ欲しいです。


寒波で、USAがどえらいことになっていましたが、日本では今でも十分寒いのに、週明けから、さらに寒くなるようだと聞きました。路面凍結がこわいっす。でわ♪

2014.01.11

ロボットトークwそろそろ次期バージョンに期待大

スネの傷の修復具合を,、毎朝外科の先生に見てもらって指示(感想?)を頂いているのですが、年明けから6日間、先生の反応が全くいっしょなんですよね。まさかロボットじゃないよね(笑)

「うーん、もうあとチョットやなー、(キズが)深かったからねー♪気長に行きましょう!」と満面の笑み。

こちらとしては、まったく同じレスポンスでは失礼にあたる(?)かと、変化をつけてがんばってみたが、けっこうつらい。

ロボットが診療する外科(違う)のあとは、年末から行きそびれていた散髪へ。
自転車で12キロのところにある1000円のお店で、いつも自転車的に正装してロードで行く。

激安で爆速の店にもかかわらず、いろんな世間話に花が咲いたりするのですが、帰り際に必ず「走って来たん?あ、自転車?へーどれくらいの距離?ボクも自転車通勤なの・・・」みたいな会話に突入する。

散髪屋にレーパン&ジャージで来る客って、かなり(悪い意味で)とんがっていると自覚している。だから、店主には覚えられている思っていたが、なかなかどうして、まったく覚えてくれないね。

次回は別バージョンが用意されているんだろうか。スイッチも探してみる。

2014.01.07

旅の友はハム太郎

この年末年始の帰省では、次男君は例年と違い「田舎のじいちゃんとお風呂に入っていっぱいお話しするのです。」と、冬休みに入る前から、とても楽しみにしていました。以前は特にどうということも無くついてきている感じでしたが、今回はワクワクしているのがアリアリとわかりました。本人最長記録の4泊も出来たし万々歳です。

自動車での移動が非常に苦手。だから行きも帰りも電車です。おとなしく電車に乗っている次男君の手には、大好きで(時には、とんでもない冒険をさせていますけどw)とても大切にしている、ハム太郎の指人形がしっかりと握られておりました。こっそり連れて来たようでした。

つい一年前までは、公共の場、特に電車などの閉鎖空間で、次男がパニックに陥ったらどうしようと、大きな不安を感じていました。実際にそうなることはほとんど無かったのですが、たまにあるパニックが、何に起因しているのか、ハッキリ理解できていなかったので、非常に不安だったのですね。しかし、この年末年始は何の問題も無く、ハム太郎とともに、非常におとなしく穏やかに電車に乗っていて安心感すら感じました。

おそらく以前は、「この電車はどこに向かっているの?」という不安があったのだと思います。言葉としては「じいちゃんのおうちへ向かっている」とか「おうちへ帰っているんだよ」と聞いていても、彼の頭の中で「それが何処にあるのか」ちゃんと納得できていなかったのだと思います。地図上の位置ではなく、彼の認識としての場所。

これまでのドタバタ的な帰省の体験が、やっと彼の中に「じいちゃん家」と自宅の、位置関係や距離感を、作り上げたのだろうと思います。彼も大きく成長したのだけれど、何度も経験したことも影響していることでしょう。実体験が無ければ不安なままだろうと思います。

こっそり連れてきたハム太郎君は、自分が安心していられる空間を作るためのアイテム。彼の中では、ハム太郎が一番の理解者なんですよね。退屈なときにはハム太郎君にそとの景色を見せて心の中で会話しているようでした。

「これは苦手、出来ない、この子にはムリ」と決めてしまうのではなく、無理強いしない範囲で、ひとつひとつ、何度でも繰り返し、手を変え品を変え、好奇心をかき立てながら教えてあげるのは、親としての義務なんだろうと感じました。

2014.01.06

たかみんつREADER記事まとめ(~2014/01/05)

さてさて、既に2014年が始まってますよ。どうにも平成26年てのが、しっくりこない日々ですけれど、たかみんつREADERランキングから、今年最初のピックアップいってみよう。
最新ランキングはこちらから♪

重さノート数冊分ほどの自転車フレームが完成。もちろんMADE IN JAPAN!

フレームセットで650gですって。そして40万円。完成車なら50~70万円というところでしょうか。チタン合金の「ゴムメタル」ってのも気になりますね。


車にもちゃんと聞こえる自転車用ホーン兼ライト「ORP」

見た目がちょっとアレですね。それから必須装備とは思えないですが、まーとりあえず。


アドレナリンを出せば運動がクセになって気分もすっきり。で、どうすればいいの?

結構勉強になりました。ま、アドレナリンの効力から考えても、日常的な適度な運動は必要ってことですね。


意外にイケる!耳でスワイプ・鼻タップ

手前味噌ですが、ゼヒお試しください。


日没の数時間を1枚の美しい写真に(画像)

日没だけじゃなくて、いろんな応用が出来そうです。手間が大変かもしれないですが。とにかくキレイです。


夢の「テーブル型ゲーム機」を家に置いてみませんか?

これ欲しいですわ。若い頃、本気でゼビウス買いたかったのですが出来ますかね。


そういえば昨日、Google Earthでリアルゼビウスできへんかなと思いました。Googleマップの衛星写真でも結構です。誰か作ってくれへんでしょうか(笑)。
でわでわ。

2014.01.05

実況見分!昨年末の怪我の現場を撮ってきた

昨年末のランニング中、判断ミスから足を負傷しましたが、そろそろ傷も癒えつつあり、ランニングも再開できましたので、ここいらでひとつ「何がジブンを、こんな不幸のズンドコに陥れたの?!」と、多大なる反省(?)の意味も込め、振り返って分析してみます。

経緯

時は2013年12月1日の日曜日。「ちょっと遅過ぎるかな?」と思いながらも16時半から10キロほどのランニングへ出かけまして。17時半ごろには自宅近くまで戻ってきました。あたりは真っ暗。と、残り200m程の細い路地で、前から自動車がやって来て、右側をすり抜けようとしたのです。ランニング中ですから「あーもーややこしいわー」てな心境ですわ(スンマセン)。で、まあ無事にめでたく目測どおりに自動車の脇を抜け、「さ、加速してラストスパートやね」という瞬間。

「ズボ!ゴン!ガリガリっ!ペタッ!え?!イテテテテ」みたいな事態に・・・

まさにこの場所

右足を側溝の三角コーナーにつっこんでしまい(ズボ)。スネをコンクリートにぶつけて(ゴン)、削られちゃった(ガリガリッ)。左の手を地面に着いて(ペタッ)出血なう。この間、0.5秒くらいの出来事だと思うが、ようやくここで「やってもたー」と状況把握(え?)。ただ、この時点では、スネをぶつけただけだと思っていて、「ふむ、骨は折れてないようだ」と小走りで帰宅。むしろ手のひらの傷が痛んでいました。

上の写真、よく見ると、コンクリに小さな突起がありますねコノヤロウ

怪我の内容

帰宅してランニング用のタイツを見ると若干の出血。でも、脱いでみると、この出血状況と痛みからは想像できないくらいのヴィジュアルで、ゾ~。長さ4センチくらいのクサビ形の傷。結構深く切れていて、上の方は幅1cmくらいまで開いてさらに凹んでいる。あー削られたなこれはと気付く。で、足首を動かすと、深いところに表皮部分とは独立した動きをする組織が見えたりして、卒倒しかけた。あれはホネなのでしょうかね。

すぐに流水で洗浄し、とりあえずラップで覆ってテープで密封。刺身のパックみたいな見た目がヤバイので包帯をして一晩過ごしたが、出血が完全に止まっていなかったので、病院へ。すると医師が「うわあ、これはアカン」とつぶやき、レントゲン撮られて2針縫われました。

それから毎日平日に外科へ行き、ガーゼ交換。一週間後に抜糸したけど、浸出液と血はちょろちょろ出続け、4週間でどうにかこうにか。痛みはほとんど無かったのですが、ガーゼを張っている透明なシートが皮を引っ張ってピリピリ痛いし。新陳代謝は激落ち君やし、もうこんなん二度といやです。

反省点

まずは、止まりなさいと

前から自動車が来たんだから、止まれば良いのにそれが出来ない。素人のクセにスマホのGPSなんぞで時間を計測しているもんだから、鈍足なりにタイムが気になる。これがアカン。

自転車でも歩行者でも、急いでいるわけでも無いのに、中途半端に信号を無視するヒトとか、青になる前に出ちゃうヒトとかいますよね。アレを見ていて、危険&みっともないと、常々思っているクチなのですが、ラン中のジブンはできていない。

暗闇は思った以上に危険です

わかっているつもりなんですけどね。足元が見えていたらこんなことにはならなかったかも。夕方以降のランではライトを持つべきだろうな。ランニング用のライトの購入を前から考えてはいたのですが、基本、夜ランはしないからって持ってません。夕方の遅い時間帯には走り出さないようにしようと思います。

まとめ

結構ひどい怪我でしたが、傷口を見て「あーこれくらいで済んでよかったんやなー」と思います。骨が折れていたら?とか頭を打っていたら?とか考え始めると、ゾッとします。痛みや通院の手間だけではなく、仕事や家族の生活に長期間、大きな影響を与えてしまうので、普段からちゃんとKY(危険予知)せなあきませんな。

2014.01.04

意外にイケる!耳でスワイプ・鼻タップ

ザ・妙技!(笑)

「スマホ用の手袋を持っていなくたって、鼻でスワイプすればいいんです!」と、ランニング中にやってみたら意外にイケたのでご報告です。

走っているとき、ペーサーの時計を止めたいとかで、スマホを操作したくなるときが結構あります。冬の時期は手袋をしていますが、スマホ対応じゃないので、昨年までは、いちいち外していたんですよね。

今日、走り出してから、「あれ?ペース計測してたっけ?」と気になりました。確認するには、まずスマホ自体のロック画面を上下にスワイプして外さないといけませんが、走りながらウェストポーチからスマホを取り出した時、びびっと来ました。神が降りてきた瞬間ですね。

「ところで、鼻でスワイプできるやろか?
いや、出来るはず・・・」と

で、実際やってみたらヒャクパー見事に出来るんですよ。画面にちょっとハナのアブラがつきますけどね。運動中なので気にしない。

と、喜びの鼻スワイプで確認すれば、ちゃんと計測を開始していたのでよかったねと。しかしそこで新たな疑問が湧き上がる。

「小さなボタンのタップは出来るのか?
いや、やらねばならぬ鼻タップ・・・」

早速チャレンジしてみたら、こちらも結構な解像度で可能でした。練習すれば電話くらいならかけられそう。人間の鼻の位置って目の間にあるから位置決め精度的にベストな位置にあるんですね。

てな鼻からウロコのランニングでしたが、一方向へのスワイプなら本当に簡単ですよ。ハタ目にはちょっとアレかもですが、いちいち手袋を外す手間に比べれば・・・ね。ま、スマホ用の手袋を持っているヒトにはなんの役にも立たない情報なんですけど・・・。

帰宅後さらに思いついて、やってみたのが「耳スワイプ」。耳の横を「すいっ」と振り下ろす感じで大成功。コチラの方が鼻より多少はスタイリッシュでしょうかね。ただ、狙った位置のタップはムリかな。

耳でスワイプ・鼻タップ。ランナーの皆様、ゼヒ冬の間にお試しください。

新年あけましての初ランニング。今年は気軽に気楽に走りましょうよと思いました

今朝、医師からランニングの許可が出たので、お昼前に9キロほど走ってきました。特にきつく禁止されていたわけではなかったけど、「大丈夫でしょう」と太鼓判を押されたらうれしいもので。

結構な曇天でしたがね

右のスネを負傷したのが昨年12/1。なので、約5週間ぶり。有酸素運動ゼロで年明けちゃった。

「いかん!コレハ走らなければ」と焦ったのは昨夜。休み中、そんなに食っていないつもりだが、えらく腹が減らない。起床時にも、さっと動けない。血圧も低くなっているのかな。そんなこんなで新陳代謝の低下を実感。なんとはなしに腹回りのブヨブヨ感も増しているかも。すべて有酸素運動が足りていないことに起因する(ような気がする)。。。

で、本日「15キロコース、1キロ6分でいけるかな?」などという甘い期待も2キロで砕ける。6分半のペースで4キロ走って、ヒザやら足首、足の裏までイヤな痛みがジワジワ来る。心臓と肺はなんとかよー動いてくれているみたいだが、血液がうまく循環してくれない感じ、かな?ようわからんけど。

「うっわー前はキロ5分半でええ感じやったのになー」とか、「まーたやり直しか」という残念感や、妙にフワフワした焦燥感が、走っている最中に浮かんでは消えていくわけです。

しかしな、焦ってもしゃーない。これは当たり前の事なのだ。むしろ意外にも心肺が衰えていなかったのを喜ぶべきかと。怪我のせいで運動が出来ず、衰えてしまい、スピードと距離を失ったのではなく、以前がガンバリ過ぎだったのだろう。多分おそらく絶対に。

上を目指す欲求はあってよいと思うのだけど、かなり角度が急過ぎた。若いうちはガツンと負荷をかけてもなんとか耐えてすぐに回復するのだろうが、40半ばではさすがにそうは行きませんな。体力と筋力を維持するつもりで気楽に、そして気軽に運動しましょうかいなと、なにやら年明けから若干血圧の低いお話で恐縮ですが、

本年もよろしくお願いします。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ