« サヨナラBSロードマン | トップページ | 「高天原」は「たかまがはら」か「たかまのはら」か? »

2014.02.16

「図説 地図とあらすじでわかる!古事記と日本書紀」(青春出版社)坂本勝

図表と文章のバランスがしっくりきて、読みやすかった。

図説 地図とあらすじでわかる!古事記と日本書紀

記紀については、一度キチンと読みたかったのですが、今まで、巡り会わなかったんですよね。興味はあるけど「そもそも何が記述されているのか」という知識が皆無。学術的な仮説とか解釈とか推測は、その後ですよね。ましてや原文とか要らないし。

というところで、見つけたのがこの本でした。歌や伝説、伝承はちゃんと紹介されますし、その解釈も複数示されたりしますが、神話モノにありがちな、変にロマンチックで感傷的な記述が無いのが良いです。

成り立ちが違うけど、内容は重複しているニッポンの2つの歴史書「古事記」と「日本書紀」の解説本。第一章が「古事記」で第二章が「日本書紀」となっています。

「へぇ」と思ったのは、ひと通り「古事記」について読んだ後の第二章。

たとえば、ただし、『古事記』には欠かせない高天原(たかまのはら*1という概念は(日本書紀には)ない。とか、

(古事記における)死者の世界である黄泉の国は(日本書紀では)採用しておらず、代わりに根の国が登場する。など。

この本では、「古事記」の神名はカタカナ。「日本書紀」の神名は感じで記述されてます。どっちにせよ、カミサマの名前はやっぱり読みにくいけど、それはしゃーないですわな。

そらもう「アマツヒコヒコホノニニギ(天津彦彦瓊瓊杵尊)」とかって、正式名が「アメノニギシクニニギシアマツヒコヒコホノニニギ(天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命)」だとかで、もうチョーキューメーノチョースケか?ってくらいビックリでした(謎

*1 「たかまのはら」
たかまがはら」だと思っていましたが、本書では一貫して「たかまのはら」と記述されています。 WindowsのIMEでは「たかまがはら」で一発変換OKですが、「たかまのはら」では変換してくれませんでした。

« サヨナラBSロードマン | トップページ | 「高天原」は「たかまがはら」か「たかまのはら」か? »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/59141850

この記事へのトラックバック一覧です: 「図説 地図とあらすじでわかる!古事記と日本書紀」(青春出版社)坂本勝:

« サヨナラBSロードマン | トップページ | 「高天原」は「たかまがはら」か「たかまのはら」か? »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント