« インラインSVGでClipPathが効かないならばHTMLにBASEタグがあるかもしれない。 | トップページ | ActivityのWidgetを動的に入れ替えるちょっとだけ面倒でない方法 »

2014.02.21

打ち上げじゃなく反省会

梱包発送直前、仕様変更や追加仕様による影響範囲の先っちょで、不具合発生。 致命的な欠陥では無いけど、重箱のスミよりは、デカイ。

以下のことは、重々承知の上なんだが、、、

  • 作った本人の「大丈夫」は信用できん
    「基本的に大丈夫」という感覚での試験になるから。

  • 試験仕様は宝物
    変更前に影響範囲を隈なく走査して、メモでも良いから、試験仕様を作成するべき。
    もしくはテストプログラムを作るべき。
    そして、ユニットテストは資産だね。

  • 内部設計書は必要です
    影響範囲を隈なく走査するために、内部設計書が必要。
    空想では大げさに言えば8割方の試験が漏れる。

  • 後付け設計書は世界を救わない
    納品物でなくても、設計書類は、事前に作っておかなければダメ。
    後付けで成果物から作成する内部設計書に、世を救う力は無いからな。
    また、デグレ対策に有用なリグレッションテスト/回帰試験を後から作る意味も無い。

しかし、開発中は、「やってるつもり」になってるだけで、最後の最後に細かいバグがボロボロ出て、とても恥ずかしい思いをする。


ところで、

大規模なソフトウェア開発では(特に二次請け以下)、大量の設計書を納品する場合がほとんどだと思うけど、 小規模開発では「設計書は納品しなくてよいですよ」ってのが結構あって、こういう時、請け側は往々にして設計書なしで進めてしまう。

ハードウェアを製作している人たちには信じられないと思うけど、ソフトウェアを作る行為って、設計事務所と製造工場が一緒になっているようなもので、小規模なものだと特に明確に線が引かれていなかったりする。なので、理由はともあれ「手抜き工事をしよう」という判断を簡単にしてしまいがちなんですね。

発注側からの「安く請け負え」というプレッシャーに負けて、そうせざるを得ない場合もあるけど、単に請け側で「邪魔くさいから」ってことも多々。「納品物じゃないから作らない」っていうふうに直結してる人も多いと思います。


ということで、結構深く凹んだ次第。

知識だけあっても実践できひんなら意味ねーわなー!

などと、過去に言ってるジブンを蹴飛ばして、

明日からがんばろう。

« インラインSVGでClipPathが効かないならばHTMLにBASEタグがあるかもしれない。 | トップページ | ActivityのWidgetを動的に入れ替えるちょっとだけ面倒でない方法 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/59177463

この記事へのトラックバック一覧です: 打ち上げじゃなく反省会:

« インラインSVGでClipPathが効かないならばHTMLにBASEタグがあるかもしれない。 | トップページ | ActivityのWidgetを動的に入れ替えるちょっとだけ面倒でない方法 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ