« 「死神の浮力」伊坂幸太郎 | トップページ | 消費税UPの駆け込みで宅配便が届かない »

2014.03.29

見よ!この決意♪減量脳内シミュレーション

BMI=22の標準体重から+6~7kgのオーバーウェイトで、既に1年以上過ごしていると気がついた。てことで今回、本気の減量に取り組むことにした。いつものことだが、今回も決意は固いぞ。

この記事、ホントは「朝ラン10キロ、1キロ当たり5分半♪勝手にペースが上がってLSDは大失敗な春ですね」てな内容を書こうとしていたのだが、なんだか変に気分が乗ってきたので、減量について狭小な意見を偏執的に書いておきます。


正しく減量するにはそもそも「食べ過ぎない」ことが大切だ。当たり前すぎてばかばかしい限りだが、しかし誰しも得てして食べ過ぎてしまう。有酸素運動や筋トレで基礎代謝を上げても、食べ過ぎてれば意味が無い。

では「食べ過ぎない」ためにはどうするか。単に食事制限をしてもおそらく頓挫してしまう。こういう時は「なぜ食べ過ぎてしまうのか」を理解した上で、そうならないようにするという対策が必要かと思うがいかがか。

「食べ過ぎる」それは野生だ本能だ

食べ過ぎた分は体内に脂肪として蓄積されますね。これは生き物が進化の過程で獲得した「将来直面するかもしれない飢餓」に備える機能なんでしょうが、しかし、それはあくまでもキビシイ自然環境を生き抜くためのものであって、今の自分を取り巻く環境がそれほど厳しいものだとは思えない。

意外な心理的要因

では、なぜ食べ過ぎてしまうのか。

自分の場合(と免責してしまうが)「漠然とした現状への不満足感」と「漠然とした将来不安」によるものかと思います(ここでは言い切りを避けているw)

具体的なものなら直接取り除けばよいのだけど、なんとなく不満で不安。そういう感じ。

この二つはそれぞれ「ハラ減った」と「食えなくなるかも」と似ているから、目の前に食べ物があれば、即座に食っちまって脂肪に変換。これ当然の結果なのだ。

じゃ、どうするんだよと

ではどうやって食べ過ぎないようにするかというと、要因を取り除くしかない。つまり、現状に満足し、将来をキチンと見据えて不安をなくす。

現状への漠然とした不満ってやっかいですが、これはもう笑顔で毎日何かに感謝しながら生活する以外にないのじゃないかなと思う。ほら、「楽しいから笑うのではなくて笑うから楽しくなるんだ」ってな考え方があるじゃないですか。あれですよアレ。

それから、漠然とした将来不安についても同じ。「考えていても仕方の無いこと・結果が出ないこと」は考えないようにする。あとはなるべく周囲に食べ物を置かない。

減量云々ではなくても、これだけで気楽に生活できるようになる。「気持ちもダイエットできますね♪」なんて気の利いたことも書いてみる。


まだ、1ミリグラムも体重は減っていないが、ヤバイくらいにカンペキだ。

« 「死神の浮力」伊坂幸太郎 | トップページ | 消費税UPの駆け込みで宅配便が届かない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/59379265

この記事へのトラックバック一覧です: 見よ!この決意♪減量脳内シミュレーション:

« 「死神の浮力」伊坂幸太郎 | トップページ | 消費税UPの駆け込みで宅配便が届かない »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ