« 「花粉症?」ときかれてムキになって否定するメンタリティ | トップページ | javascriptでフーリエ変換できました »

2014.03.26

「こんにゃくえんま」と「塩地蔵」(源覚寺 東京都文京区小石川)

半年前、長男さんの就職先を地図で確認していて、ちょっと気になる名前の交差点を見つけました。

その名は「こんにゃくえんま前」。ほら、気になるでしょ。

コンニャクエンマ?・・・前?というからには、目の前に「こんにゃくえんま」なるものがあるはずですが、そもそも「こんにゃくえんま」ってナンダという・・・

地図で見ると、交差点の西に、源覚寺というお寺があるのがわかりますが、ここに閻魔(えんま)様の坐像があって、これが「こんにゃくえんま」なのだそうです。こんにゃく界では結構有名なんでしょうかね。仏像としても古くて貴重なものらしいです。

上手く撮れなくてスンマセン

その昔、こんにゃく好きのおばあさんが目を患って、大好きなこんにゃくを絶って治癒のお願いをしたんですね。「こんにゃく好きのおばあさん」ってところで既に特殊な設定が行われているのですが、とりあえずスルーで。

「御百度石」がありましたので、こんにゃくばーさんも御百度参りしたのかも。とまあ、一生懸命お願いしていると、閻魔様が、ご自分の目を犠牲にして治してくれたそうなんですね。やるじゃないか閻魔様。

それ以来おばあさんは、大好きなこんにゃくをここに供え続けたのだそうで、それで史上初の「こんにゃく」と「閻魔様」の異種コラボ完成。世の眼病撲滅に一役買っているそうです。。。こんにゃく自体が目に良いとかそういうことではないのですね。なるほどー。

この言い伝えを聞くと、来る日も来る日も「こんにゃく」を供えられて、とりたてて「こんにゃく好き」ってわけでもない閻魔様苦笑・・・みたいな絵も浮かびますが。ま、好きだったのかもしれませんけどね。

自分もド近眼で、かつ眼圧が高くて緑内障リスク有。軽くお願いしておきました。

閻魔様のお堂の向かって右隣には、塩に埋もれた「塩地蔵」なるものがありまして、ヴィジュアル的にも凄かった(笑)。これはまたこれでドラマがありそうですな。

ちょうどお彼岸で参拝されている方が多かったです。また、スマホのカメラの調子が悪くて、時間も無かったので、あまり写真が撮れなかったのが残念無念。また今度ゆっくり行ってみたいですわ。

« 「花粉症?」ときかれてムキになって否定するメンタリティ | トップページ | javascriptでフーリエ変換できました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/59357543

この記事へのトラックバック一覧です: 「こんにゃくえんま」と「塩地蔵」(源覚寺 東京都文京区小石川):

« 「花粉症?」ときかれてムキになって否定するメンタリティ | トップページ | javascriptでフーリエ変換できました »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ