« 空飛ぶ自転車@満月 | トップページ | ノンアルコホル継続中 »

2014.04.16

星を眺めて、あやうく徹夜?「Super Planet Crash」で時間を忘れる

あたしは直球ド真ん中♪物理シミュレーション系にはもうメロメロです。

惑星系をつくって維持するゲーム・・・と言えばあっさりし過ぎて「なにそれ?」って感じですが、延々眺めて時間を忘れる危険性が大いにあります。

星を配置して星系を見守るシミュレーションゲーム「Super Planet Crash」 - GIGAZINE|たかみんつREADER

何種類かの大きさ(重さ)の惑星を、恒星の周囲に自由に配置。12個まで置けます。

惑星は配置直後に、公転軌道を回り始めます。初速はおそらく円軌道になるように設定されているのでしょう。でも、時間とともに、互いの重力によって、徐々に軌道がずれていきます。ひとつでも惑星系の範囲(細い灰色で描かれている円内)から外に出てしまうとGAMEOVER。

星同士が近づきすぎても、ぶつかって壊れたり、ひとつの星になったりはしないようです。しかし、近づきすぎると起動は急激に変化します。こうなると、軽いほうの星が急激に加速され、外へ弾き飛ばされてしまいます。

興奮の一瞬ですわ(笑)

ところで、惑星の軌道は共有できます。

恒星のごく近くの1つの軌道を12個の惑星が共有しているような、ありえない天体も作れます。これが結構長持ちしたりするから、もうたまらん。

あと、左下のTEMPLATEというドロップダウンから最初の惑星系を選べます。

HD80606はこんな感じ。

星同士がぶつからないのは、完全なシミュレーションと言えないように思えますが、星は、かなり拡大されて描かれていると考えるべきかと思います。

過去に何度か、こういったシミュレーションプログラムを作ったことがありますが「ゲームにまとめる」って発想が、そもそもなかったですわー。

HD 80606 bに衛星が作れないかな?と、しばらくがんばってみまいたが成功せず。星の大きさの関係から、ムリかもしれませんね。

⇒ 「Super Planet Crash

あやうく徹夜しそうになりますよ。お気をつけアレー。

« 空飛ぶ自転車@満月 | トップページ | ノンアルコホル継続中 »

たかみんつREADERまとめ」カテゴリの記事

レビュー」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/59481349

この記事へのトラックバック一覧です: 星を眺めて、あやうく徹夜?「Super Planet Crash」で時間を忘れる:

« 空飛ぶ自転車@満月 | トップページ | ノンアルコホル継続中 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ