« 問題:NPNトランジスタ(C1815)を使ってスイッチ押したらLEDが光る回路を作れ(配点5点) | トップページ | ツアー・オブ・カリフォルニアが面白い »

2014.05.14

7セグぐるぐる

ラズパイから7セグをグルグルしました。

7セグはLN516RAという赤いヤツ。ラズパイから3.3Vを、抵抗挟んで7セグのアノードコモンへ入力(3番ピン)。ドット含めて8個あるLEDのカソード側は、ラズパイのGPIO2-4, 7-11へ接続。各ポートの出力からHi(=3.3V)で、LEDが消灯する手はずだ。

LEDの電流の最大定格が20mA。オームの法則にご登場いただいて、抵抗は電圧÷電流ですから、3.3V÷20mAで、少なくとも165Ω必要。つーかこれだとギリなので、倍にして330Ωぐらいにしましょかと。しかし、念のため最初は10kΩ(茶黒オレンジ)の抵抗をいれてみたのですが、案の定まったく点灯しなかったです(笑)

1kΩ(茶黒赤)にしてみれば、ちょっと薄いけど判別できる点灯具合。当初、ピンのセットアップでプルアップ?ダウン?って混乱したけど、それは入力の時だからね。

ラズパイ側のソフトは、前に作っていたGPIOへ8ビットパターンを出力するヤツで、とりあえずランダムパターンだけど、問題なかった。

抵抗の位置だけど、カソード側に入れるほうが良いのだろうか。実はこの辺り、よくわかっていないです。

7セグの前には、DCモータードライバ(TA8429H)でモーターの制御を試していたのですが、ピンがブレッドボードのピッチに合っておらず、とりあえず、10本ほどのジャンパで直に接続。しかし、ピンが細くてキチンと接続できていなかったのかもしれない。こちらはまた今度ですな。

« 問題:NPNトランジスタ(C1815)を使ってスイッチ押したらLEDが光る回路を作れ(配点5点) | トップページ | ツアー・オブ・カリフォルニアが面白い »

電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7セグぐるぐる:

« 問題:NPNトランジスタ(C1815)を使ってスイッチ押したらLEDが光る回路を作れ(配点5点) | トップページ | ツアー・オブ・カリフォルニアが面白い »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント