« 病状の観察と記録(2014-09-20) | トップページ | たかみんつREADER記事まとめ(~2014/09/21) »

2014.09.21

症状の記録と観察(2014-09-21)

起床時より良好。朝食後、薬を飲み、PCの前に座ると、若干のふらつきとボンヤリ感

  • 9時 耳鳴りと閉塞感開始。毛玉とるとるのガラガラ音が誘発?室内で軽く有酸素運動をすると症状軽減した気がする。うごっきっぱなし中年か(笑)
  • 9時30分 かなり治まったが、9時45分 再び閉塞感強まる。
  • 10時 平衡感覚はまともに思えたので、ランニングに出てみた。が、危うい。1キロほどボチボチと走った後、平衡感覚を失い危険と判断。ヨタヨタと徒歩で10時半に帰宅⇒そのまま横になる。

メニエールの歩き方

残念感満載で歩いていたとき気がついたのだが、

  • 遠くの一点を見つめて頭を動かさなければ、少しラクだった。視線だけ動かすのも問題無し。
  • 曲がり道は苦手だ。なぜなら曲がらなければならないから。頭の方向を変えずに曲がるのには限界がある。
  • 柵の無い側溝や、低いガードレールが怖い。ふらついたときに支えになってもらえそうに思えるが、結果、転げ落ちそうに思う。
  • 振り向いての後方確認や、交差点での左右確認は何かにつかまってユックリでなければヤバイ。
  • 頭の(物理的な)回転については、水平方向より縦方向に弱い。「イヤイヤ」はできるが「ウンウン」は難しいのだ(笑)

いや、笑い事ではない。マンションのホールで挨拶されたが、急にそちらを見ることも出来ず、まともに声も出せず。 廊下を歩いて玄関ドア前、安心感から、ドアノブに手を伸ばしながら、急に方向転換をし、後方へ転倒しそうになった。


11時45分 難聴、耳鳴り継続しているが、平衡感覚は少し戻ったので起き、12時に昼飯食べてクスリを服用。しかし13時現在、耳鳴りは相変わらず「キーーーン」と鳴ってる。

キイテナイヨ

しばしば頓服で処方されていると聞いていた「イソバイド」は一般名が「イソソルビド」なのだが、調べてみれば「メニレット70%ゼリー30g」も同じものだった。

で、今朝は、メニレット服用直後に難聴・耳鳴りが発症しており、ダメだコリャ感満載。効いてないよー。


聴力は夕方戻ったが、耳鳴りは夜まで続く。肩がこる感じもあって非常に疲れる。ふらつかない様に力が入っているみたい。お酒で多少気楽になるが、感覚が麻痺しているだけで、あまり良いことでは無いらしい。

閉塞感と耳鳴りがあるときは、血圧が高いのかなあと思ったり。血圧計が無いので定かではないが。

自分で耳を切り落としたゴッホさんがメニエールだったかも知れないらしい。もしそうだとしたら、ちょっと気持ちがわかりかけてる。右耳を内部構造ごと取り外して組み立て直したい気分だ。

« 病状の観察と記録(2014-09-20) | トップページ | たかみんつREADER記事まとめ(~2014/09/21) »

突発性難聴とメニエール病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 症状の記録と観察(2014-09-21):

« 病状の観察と記録(2014-09-20) | トップページ | たかみんつREADER記事まとめ(~2014/09/21) »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント