« 浜の散歩道で困った自転車オジサンに遭いました | トップページ | 症状の記録と観察(2014-09-18) »

2014.09.17

突発性難聴?とメニエール病?

正式に診断されていないのでとりあえずクエスチョンマークを付けて記録として書いておく。

昨日、起床直後に右耳に違和感。ボワワンとしていて音質がおかしい。トイレの水を流す音の特定周波数帯域がブーストされているようで、バリバリと割れており、左右で別の音が聞こえているような状態。

しかし、耳抜きなどして、なんとなく治まったような気がしたのでそのまま自転車で出勤。仕事中は特に不調を感じていなかったが、10時ごろに突然、回転性の眩暈を発症。

目の前のものが上下動を伴って、右から左へグラグラと回転しているような感覚。回転の中心は自分自身。姿勢を保つためには視覚が頼りだが、目を開けていると気分が悪いというジレンマ。勝手に傾くカラダに抗うような力が必要で、全身に脂汗がだらり。床に寝転びたいが、そういうわけにも行かない。うーん・・・と困りながら数分経過後、ケロッと回復。

午前中にもう一度、同程度の短い眩暈があった気がするが、はっきりと覚えていない。 そして、昼休みは問題なし。関東での地震に驚いて長男と連絡を取ったりした。

午後の業務開始直後から、また眩暈。強くなったり弱くなったりしながら、長く続いた。しばらく汗をかきながら頑張っていたが、頭を動かすと椅子から落ちそうになるので、同僚に「体調悪いっす休憩するっす」と伝えた。


1年半前にも同様の症状があった。おそらくそれがはじめての経験。昔から祖父も父も「メニエル氏病(一般的には「メニエール病」らしいが家ではこう呼んでた)」ということを知っていたので、おそらく自分もそうだろうと思っていたが、その時はすぐに治まったため、特に病院にはかからずじまいだった。


「顔色悪いっすよ・・・」と現場騒然、全員起立。横になる場所を探してくれたり。でも立ち上がれない動けない。カッパえびせんな状況(?)で、二言三言で病気のことを伝えているうちに、立って歩けるくらいまでは回復。しかし、このとき右耳はほぼ聞こえていなかった。命にかかわりのある病気ではないが、いつ発作が出るか予想できない。仕事にならんので、午後はお休み。

近くの耳鼻科の午後の診療が16時からだったので、それまで職場でユックリさせてもらおうかと思ったが、そのうちに動けなくなってしまっては遅いので、症状がある程度抑えられている間に一旦自宅へ帰ることにした。

帰路の自転車は歩道を通行。やはり平衡感覚がおかしく、勝手に右へ寄ってしまう。三半規管は「右へ」と出力しているようだが、視覚からの情報は「斜めになってる!」と出る。一瞬遅れて「おっとどっこい」と修正しながら、無事帰着。だが、部屋へ倒れこむ感じ。

自宅では、軽い眩暈がたまにあり、結局19時ごろまで寝ころがって、やっと眩暈と平衡感覚の危うさがなくなった。しかし、やっぱり右耳の聴力はおかしく、高周波ノイズ的な耳鳴りが鳴りっぱなし。低音域はまったく聞こえず、高音域の一部が何かと共鳴してミョンミョンとかビョンビョンとか鳴っている。人の話し声は意味不明な音にしか聞こえない。左耳はまともに聞こえていたが、両耳で同時に聴くとよくわからないことになる。

どうしようもないので、早めに就寝。
そして夜中1時ごろに目が覚めたら、聴力が戻っていて完全に回復。 それ以後は、寝すぎで眠りにくかったけど、今朝まで何の問題も無い。


メニエール病の発作のトリガーは、寝不足や不規則な生活、身体的・精神的疲れとストレスなどが考えられるそうだ。あと、塩分や水分の摂取量を抑えることで症状を押さえ込むことも出来るのだそう。(水分は制限必要ないとの情報もあり)

最近の平均睡眠時間は6時間程度で、慢性的な睡眠不足という自覚はない。そんなに短くないとは思うが、まあ、長くも無いが。適度な運動は良いそうで、休みに5~15キロのランニングと40~60キロの自転車は、自分にとってはまーまー適度なんだとおもう。

ストレスとして思い当たるのは、日曜のランニングで嫌な目に遭って、月曜の自転車では、トラックの幅寄せにブチ切れた件。また、朝から既に調子が悪かったが、お昼の地震で東京の長男を心配したのも、午後の眩暈に関係しているのかも知れん。


本日は、午前休で耳鼻科を受診。結果、両耳聴力、平衡感覚の検査結果に問題なし。難聴、眩暈ともに症状が現在出ていないので、正式に診断されたわけではない。昨日の症状は、突発性難聴とメニエール病と思えるが、確定はできないということらしい。そもそも原因不明の病気であるから症状の無いときには、診断できないのでしょうね。

眩暈を抑える薬は処方された。用法は頓服じゃないけど、毎食後7日間の内服。

クスリは安かったが、検査費用がかさむのだろう、しめて5000円近くかかってスッカラカン。


受診前の待ち時間に、なんとなくアタマがぼやーんとする感じ。眩暈のせいで、生活リズムが乱され、結果的に体調がおかしくなってる気がするから、午後も休ませてもらった。これで寝ていると、またおかしくなるので、起きておく。


と、起きているつもりだったが、15時頃から耳鳴りと難聴で寝転がったら眠ってしまった。 18時に起きると、さらに平衡感覚がダメになっており、軽い目眩と、若干の吐き気。休憩をはさみながら、どうにか食事を済ませたが、トイレに行くのも一苦労で、風呂に入るのも危険が伴う。やはり平衡感覚は視覚に頼らざるを得ず、スムーズに歩けない。暗闇での歩行は困難かもしれないなとか思ったり。

21時半現在、難聴と耳鳴りが絶賛継続中。6時間以上だな。 チョット困ったことになってきたかも。

« 浜の散歩道で困った自転車オジサンに遭いました | トップページ | 症状の記録と観察(2014-09-18) »

突発性難聴とメニエール病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 突発性難聴?とメニエール病?:

« 浜の散歩道で困った自転車オジサンに遭いました | トップページ | 症状の記録と観察(2014-09-18) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント