« 症状の記録と観察(2014-09-18) | トップページ | 病状の観察と記録(2014-09-20) »

2014.09.19

病状の観察と記録(2014-09-19)

5時半に目覚めたとき、耳鳴りがまったく無いことに気がついた。いつからなくなっていたかは覚えが無い。十分に薬が効いているのかもしれない。

耳の奥の「ゴソ・・・」音は、両耳にあるようで、布団で体勢を変えるたびに頻繁に鳴ってるみたい。 めまいにつながるようなことはなかった。

現在の自転車通勤は、往復15分ほどで時間的に短すぎ、まったく「有酸素運動やっています」とはいえないだろう。 その生活が1年半くらい続いているので、衰えもするわな。

なので、今日もランシュー履いて徒歩で行く。往復で1時間強。6キロ歩けば1万歩は確実。中年の適度な有酸素運動としては普通レベルかと。


まだ、いつ発作が出るかわからないけど、片方の耳が聞こえないのは予想以上にツラかった。聴力が無いこと自体の不便さよりも、「ああ、もう音楽を楽しめないのか・・・」という落胆がドーンと来る。

そうなってみないとわからないことというのは、他にもたくさんあるのだろう。「他の人の身になって考える」というのは言うは易し行うは難し。こう気付けたのは良かった。

近い将来か遠い将来か、聴力・視力・運動能力・思考力などが、徐々にもしくは急激に失われていくのだろうという事実にも気がついたり。


  • 10時過ぎ、耳鳴りから閉塞感、聴力減退。症状が治まりかけていたが、11時頃、バックパックからボトルを取り出すために頭を下げた直後に、短時間の回転性眩暈。急激に悪化したが、すぐ楽になった。
  • 11時20分、閉塞感が再び強まる。
  • 12:20 楽になったりしながら継続。回転性の眩暈はほぼなし。平衡感覚は若干阻害。
  • 13:20 症状は耳鳴りだけに。聴力も完全ではないが回復。
  • 15:00 聴力が完全に回復。耳鳴りもかなり小さい。
  • 20:00 フワフワした感じは終日続いた。眩暈がなくても異様に疲れる。

先日来、眠くないのにあくびが多く出る。酸欠気味だし、倦怠感などから、脳梗塞の疑いもあるのかな。低血糖の症状にも似ていたり。いろいろ考えて疲れた。

« 症状の記録と観察(2014-09-18) | トップページ | 病状の観察と記録(2014-09-20) »

突発性難聴とメニエール病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 病状の観察と記録(2014-09-19):

« 症状の記録と観察(2014-09-18) | トップページ | 病状の観察と記録(2014-09-20) »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント