« カラダのガタ | トップページ | 体重計の謎 »

2014.09.14

シアワセってなんだっけ

味噌汁と漬物で、軽く朝食を済ませた後、西の窓から、魚を煮付ける良い香りが漂い入ってきた。「ええなーまだメシ食えるわーw」と家内に告げると、

「なら、お隣のおばさん、今日は、いてはるんやね・・・」と。


釣り好きだったお隣の旦那さんは、何年か前から施設へ入っているらしく、奥様が一人暮らしされているが、最近はその奥様も不在がちにされているそう。長期の休みにはお孫さんたちも訪れてにぎやかな声も聞こえていたが。

御夫妻とも「明るくて賢く、正しくて柔和」という印象。10年程前、自分はマンションの管理組合の理事長と、なぜかそれと連動した自治会の役員を、3年間やっていた(やらされていた)のだが、既に自治会の役員だった旦那さんには、なにかと相談に乗ってもらい、そのとき以来のお付き合いだ。とてもお世話になり、そして勉強になった。

お互い自治会から開放され(笑)、自由の身になってからは、コチラが自転車衣装でバッチリ決めて玄関を出ると、どう見ても嬉々として釣りに行く風体のおじさんとバッタリ。ニコニコと「今日は神戸沖まで太刀魚釣りに行くねん。イカもよう捕れるんよ」と、とても元気そうだった。

しかし、ある頃から、挨拶しても言葉が返ってこなくなって、替わりに「あんただれやったかな?」といった表情に。

「嗚呼・・・」と思った。人それぞれ、年のとり方っていうのは様々だけど、なんか淋(さみ)しい。


隣から元気な声が聞こえてきた。日曜の午後、玄関先に、同じマンションの古くからのお友達が訪れ、先日行った旅行のお土産やら、もらい物のおすそ分け、咲かせた花や不幸の自慢(笑)、さらには「女の人生の喜びってなんなのよ?!」など、喧(かまびす)しくも微妙でキワドイ討論会が、元気よく開催されていたりもする。

隣家が不幸ということではなく、今も、それぞれ楽しみながら生活していらっしゃるのだろう。あるとき突然(かどうかは、わからないけれど)、互いの関係が変化してしまった。関係性が一方通行になってしまった。

「その時、おばさん、淋しかったやろな」と勝手に感情移入してみたけれど、現実的には何にだって適応できるのが人なのだろう。そうでなくてはならないのだ。


窓から見える西の空は、上に向かって白からスカイブルーへのグラデーション。 かすかに稲刈りの香りも混じっていた。

« カラダのガタ | トップページ | 体重計の謎 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/60312231

この記事へのトラックバック一覧です: シアワセってなんだっけ:

« カラダのガタ | トップページ | 体重計の謎 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ