« 働き方改革は自分の市場価値を高めるチャンスかと | トップページ | ボクのニューラルネットワークは限界だ »

2017.01.28

「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」 - 2002年 主演: レオナルド・ディカプリオ, トム・ハンクス, クリストファー・ウォーケン

初めての視聴。「ちょっくら映画でも」って Amazonプライムに行ってみると、おすすめされてて、あらすじ(↓)&レビューを読んで、目からウロコのディカプリオ。

1960年代のアメリカ。両親の離婚にショックを受けた16歳のフランク・アバグネイルJr.は、単身ニューヨークへ。やがて、お金に困って“小切手詐欺”を思い付く。その天才的な頭脳とチャーミングな魅力で、巧みにパイロットになりすました彼は、偽造小切手を切っては全米各地を豪遊。ところが、FBIの敏腕捜査官カール・ハンラティが犯人逮捕に乗り出し、世界を股にかけた二人の長い“追いかけっこ”が始まった!

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (字幕版)

公開当時からタイトルは知っていましたが、あらすじは全く知らず、おシャレ系の軽~い映画と思い込んでいたんですよね。上の画像みたく、シュッとしたイケてる雰囲気×ディカプリオですから。

実話が元になっている

実話を元にした映画です。 ストーリーの展開が速くて、いい感じにスリリング。 ホンマかいな?というところもあるけれど、まあ脚色はされているんでしょう。

シリアスだけど、ちょっと笑える

シリアスなシーンの直後に、苦笑する感じのジョークがちょいちょいあって、妙に楽しい。 こういうので仕上がりが軽くなるんですね。多分。

伏線

伏線も適度。でも大きく「あ!まいったなー!」ってなのはなかったかな。

音楽

音楽がジョン・ウィリアムズさんですね。 ただし、音楽が全面に出てきていた印象は受けませんでした。 でも、むしろそのほうが凄いことなのかも?

その他詳細(下の方はどうでもいいこと)

カメラワークとか言ってみる

素人なので実際よくわかっていないかもですが、カメラワークや絵の動きで状況や心境をたくさん説明しているような気がしました。

めちゃめちゃ考えてシーンを構成してるんやろなーと大きく感心。

ミルク

ディカプリオはミルク飲みすぎだと思います(笑)。 暗に「まだ子供・・・」って示しているということで有名なんですけど、今や「暗に」ではないレベルで飲んでます。

注意点

なのに、「さ、子供は寝る時間かなっ?!」ってところが短いですけど2箇所ぐらいありましたから、お子様と一緒の場合はお気をつけください。

タイトルアニメがカッコイイけど結構長い

最初は出演者の名前と詐欺師が色々やってるアニメーションで始まりますが、ちょっと長いと感じた。もしかしてストーリー全体を表していたりするのかな?

バック・トゥ・ザ・フューチャー?

逮捕されて車で連れて行かれるシーンだったかな、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で、マーティがデロリアンで1985年の現在へ戻るころのシーンを思い起こしました。

モヤモヤする

最終段階で、ブレンダがどうしているのか結構気になっているんですが、ワタシだけでしょうか。

彼女は幸せになって欲しいと思います。

« 働き方改革は自分の市場価値を高めるチャンスかと | トップページ | ボクのニューラルネットワークは限界だ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 働き方改革は自分の市場価値を高めるチャンスかと | トップページ | ボクのニューラルネットワークは限界だ »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント