« ヘラクレス(2014年 出演:ドウェイン・ジョンソン、イアン・マクシェーン) | トップページ | カレーライスで復調を »

2017.01.09

「スター・トレック イントゥ・ダークネス」(2013年 クリス・パイン, ザッカリー・クイント, ゾーイ・サルダナ)

TVシリーズは大昔に深夜にやっていたのをちょいちょい見ていたことがありましたが映画は初めて。

スター・トレック イントゥ・ダークネス (字幕版)
(2013-12-18)
売り上げランキング: 36,580

伏線もいい感じで仕込まれていました。

ストーリーは二転三転・・・最後ちょっと多いかなって気もしたけど、まあ満足です。

結構クスッと笑えるシーンもありますね。

あと、別の場面を同じ流れのセリフでつなぐ効果(?)も散見。

(操縦席で衝撃に備えて)「掴まれ!」から、崩壊する橋から垂直に落ちてる場面へ。(つかめないよねこれw)みたいな。

以下、軽くネタバレあるので注意

「お前は登らない」が、しっくり来なかったが

コアのズレを治しに行かなきゃってシーンで、カーク船長と機関士スコッティの以下のやり取り。

スコッティ:「何をする?!」
カーク:「中に入る」
スコッティ:「開けたら危険だ。コアに登り着く前に死ぬ」
カーク:「お前は登らない」(←えっ?)
(しばらく沈黙の後、カークはスコッティの腹を殴って気絶させ、中へ)

どうにもここで、「お前は登らない」が、しっくりこなくて、引っかかりました。

ここ、「Climb(登る)」ではなく「Crime(罪、殺人等の犯罪)」なのでは?カークは「お前に殺人させる訳にはいかないな」などと言っているのでは?と考え、何度か聞き直してみたのですが、やっぱり「You're not making the climb」のようで、世紀の誤訳ではなかったようです(笑)。

直前の前のスコッティのセリフも「ふたりとも死んじまう」的なセリフのようですので、これも笑うところだったのかな。

英語で直接映画を見れたら楽しそうですね。

« ヘラクレス(2014年 出演:ドウェイン・ジョンソン、イアン・マクシェーン) | トップページ | カレーライスで復調を »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヘラクレス(2014年 出演:ドウェイン・ジョンソン、イアン・マクシェーン) | トップページ | カレーライスで復調を »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント