« ポンコツ全開 | トップページ | ざっくり年金皮算用 »

2017.02.03

「紫電改」復元

加西市の鶉野(うずらの)飛行場跡で、旧日本海軍の戦闘機、いわゆるゼロ戦の後継機「紫電改」を復元(レプリカを作成)して展示するらしい。

ハセガワ 1/32 日本海軍 川西 N1K2-J 局地戦闘機 紫電改 プラモデル ST33

へぇーと感心したんだけれど、事業費の見積もりが1500万円と意外に少ない。

なので、実際に飛べるものを作るわけではないのだろう。

ならば、三次元モデルを作って仮想空間で飛ばすのとかどう? VRゴーグルで、四六時中、加西の空を飛んでる姿が見られるとか。 操縦だってできるかも?

費用がどれほどかは、わからんが。


  • 運動: ロード6.5キロ、ストレッチ軽く。太巻き(恵方巻き)2本。
  • 実は:当初 「紫電改って後ろにプロペラあるやつやろ?」と思ったが、それは「震電」。いつから間違ってたのか不明・・・。

« ポンコツ全開 | トップページ | ざっくり年金皮算用 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

加西市の鶉野飛行場跡には、2年前に行ったことがありますよ。

ほぼ滑走路は当時のままで、ボランティアの方が清掃をされてました。

そのときは近くにあった記念館的なところで、お土産を買ったことがありましたね。

マーサーさん、コメントありがとうございます。

近くはちょくちょく通りますけど全然知りませんでしたわ。暖かくなったら一度行ってみたいと思いますー

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/64848509

この記事へのトラックバック一覧です: 「紫電改」復元:

« ポンコツ全開 | トップページ | ざっくり年金皮算用 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ