« 「MOON(邦題:月に囚われた男)」 ― 2009年 | トップページ | 雨の桜を楽しむラン »

2017.04.08

茄子 スーツケースの渡り鳥 ― 2007年

「茄子 アンダルシアの夏」の続編。舞台は日本。というかジャパンカップ。

サドルの上から見える、ハンドルバーと前輪部分の動き。下りのカーブにおける恐怖感と恍惚感が混じり合った疾走感とかに、ゾクゾクした。

登りでの一人称視点の映像。自転車に乗る人はわかると思うのだけど、あの妙な絶望感を感じながらの息遣いって、文字にすると確かに「ハァハァ」なんだけど、それだと実際には少し声になりすぎている感じがして少し違和感があった。カラダの内部から聞こえてくる音とは音質が違うからだろうか。が、しかし、さすがにそこまで忠実に描く必要は無いと思う。

前作に比べてセンチメンタルな要素が少なくなっていて、ハッピーな雰囲気が増しているかも。

« 「MOON(邦題:月に囚われた男)」 ― 2009年 | トップページ | 雨の桜を楽しむラン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/65124615

この記事へのトラックバック一覧です: 茄子 スーツケースの渡り鳥 ― 2007年:

« 「MOON(邦題:月に囚われた男)」 ― 2009年 | トップページ | 雨の桜を楽しむラン »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ