« 2018初走り | トップページ | デイ・アフター・トゥモロー(2004年) »

2018.01.06

ゆっくり沈む小舟に乗ってる

カネに困って起死回生の大博打とか、ホントに終わりの始まりかと思った新年。 勝って一時的に潤っても、カネはザルの底からじゃぶじゃぶ落ちて、またぞろ同じ事を繰り返す。 バクチはどんどん大きくなって、そのうち負ければ一巻の終わり。

船長が自身の船の社会的意義を理解せず、独自理論で思った方向へ引っ張り回している状態。 +どんぶり勘定×無計画。感覚的に駒を動かし勝負の結果は直視しない。 これらが多くの浮かばれない原因ではないかと最近強く思うようになってきた。

そんな、ゆっくり沈む小舟に乗ってる気分に。 すぐに沈まなくても乗組員が一人二人といなくなるとか。 あまり良い未来が見えてこない。他にも昨年末からいろんな事にほとほと呆れていて、なんとなく気分がすぐれないのも、あれこれ考えてしまうからかもしれない。

間違いを直接修正できれば良いのだが、聞く耳持たないどんぶり船長には難しいだろうな。とはいえ言われるがままの精神論に従っていたってどうにもならん。もともと上の言うことには絶対服従的な体制ではなかったのだが、船員が勝手にそう思い込むようにもなってきている。それも船長が聞く耳を持たないからなんだけど。

結局どうすれば良いのかわからない。あれこれ考えるのもほどほどに。もちょっとマシな船もあるだろう。

« 2018初走り | トップページ | デイ・アフター・トゥモロー(2004年) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆっくり沈む小舟に乗ってる:

« 2018初走り | トップページ | デイ・アフター・トゥモロー(2004年) »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント