« スゴイ! | トップページ | またもや総会(これにて終了) »

2018.02.18

ゼロ・グラビティ(2014年)

ずっとPrimeビデオのウォッチリストに入っていたが、今朝起床時に「ポプテピピック 第7話」を見ようと(リアルタイムではオジサン辛いので)したら「ゼロ・グラビティ」が無料になっていたので、まさかの「ポプテピ」からの「ゼロ・グラビティ」。

ゼロ・グラビティ [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2014-12-03)
売り上げランキング: 22,888

1時間30分と意外と短いが、手に汗握る展開でお腹いっぱいという感じ。 公開当初から見たかった映画で、今回視聴して、とても満足。 でも恐怖感のリアリティが怖すぎる(語彙崩壊)ので、2回目はいいかな?って気がしてます。

スペースシャトルからの船外作業中に大規模な事故が発生。軌道上の何もかもが壊滅状態。 生き残った宇宙飛行士が、いかにして地上に戻るかという、とてもシンプルなお話です。

映画の中での経過時間は、おおよそ12~16時間ぐらいでしょうか。 感覚的には4時間ぐらい?ほとんどリアルタイム?と思ってましたが、最後のシーンで「ははぁなるほど」と。

ISSからソユーズを切り離そうとしている時、ほとんど外的損傷がなかったところは、ほんのちょっとだけ覚めました。まあ、そうでなきゃ成り立たないもの仕方がないです。

他にもちょくちょくそういうところはあって、中国の宇宙船の操作で「神さまの言うとおり」ってのも上手く行き過ぎ感がある。

それから、ソユーズでいきなりハッチを開けられるというところでも「え、なにこれ?とんでも?ありえない?」となりましたけど、まあコチラはお楽しみ。

それぐらいシロート目にはリアリティに溢れていると思えることの裏返しかも。

リアリティに関しては、宇宙技術開発株式会社という会社の「 映画ゼロ・グラビティについて 」というページにかなり詳しく書いてあります。

上のページにも書いてありますが、原題は「Gravity」で「重力」なんですね。どうせカタカナで書くなら「グラビティ」で良かったのではないですかね。あまり印象が違わない気がするが。

« スゴイ! | トップページ | またもや総会(これにて終了) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゼロ・グラビティ(2014年):

« スゴイ! | トップページ | またもや総会(これにて終了) »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント