« Pのことを考える | トップページ | 労働とか政治とか »

2018.02.19

2012 (2010年 ヤヤコシ・・・)

61ba03skkrl

「マヤ文明で予言されてた『2012年で世界は終わり』ってやつ、ホントだったよ」ってお話ですね。

映像的に迫力あったし楽しめました。

素粒子とか持ち出して、ある程度科学的に説明をしようとしてはいるけど、それは雰囲気だけでどうでもよくて、あくまでもサイエンス「フィクション」ですからね。SFというフレームワークで人や家族の本質、生と死、守るべきもの、みたいなものを描こうとしているのだろうなと思って見てた。

特に「父と子」、もしくは「父と娘」についての描写が多い。母親の存在感は意外に薄かったように思う。

全体が2時間37分となかなか長くて、正直、終盤「まだやってんの?」と感じました。 船に乗り込む辺りから、描写が雑な感じも受けた。 すべての話を入れて30分ぐらい圧縮すると引き締まるかも。

でも楽しかった。

2012 (字幕版)
2012 (字幕版)
posted with amazlet at 18.02.19
(2013-11-26)
売り上げランキング: 13,533

« Pのことを考える | トップページ | 労働とか政治とか »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012 (2010年 ヤヤコシ・・・):

« Pのことを考える | トップページ | 労働とか政治とか »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント