« 花粉で知る春の訪れ | トップページ | そろそろラン »

2018.02.25

新少林寺/SHAOLIN(香港 2011年 吹替版)

新少林寺/SHAOLIN(吹替版)
(2018-02-09)
売り上げランキング: 7,834

生ポプテピの直前視聴w。まさかジャッキー・チェンが特別出演しているとはつゆ知らず。プライムのページにキチンと書いてありましたが見逃していた。DVDのパッケージにもしっかり出てるし、自分の認知能力に自信が持てなくなってきた・・・。

勧善懲悪的な単純なお話ではありません。善人も悪人も人間であって、それぞれにバランスは違えど、希望や悲しみや施しの精神が混じり合っているわけで、それらをどう表現してどう生きるかが大切ですなという感じ。少林寺だし仏教や禅の教え的な色合いもありますが、これは世界中のどの(マトモな)宗教でも言わているような普遍的なテーマだと思います。だからわかりにくいわけではない。ただちょっと重さは感じる。

序盤から一定の緊張感とともに重厚に物語は進んでいくのですが、中盤過ぎのとあるシーンでかなり興ざめ。少林寺が攻め込まれつつある所です。特別出演のジャッキー・チェンがそれなりに長時間の活躍を見せてくれるのですが、実際のストーリーには全く不要。映画としてはかなり緊張感が高まるところですが、彼らしいコミカルな演技で、ストーリーの進行を妨げている感じがしましたね。サービスシーンだとは思いますが、生粋のジャッキーファンにとっては物足りないだろうし。。。

見終わった後には許せましたが、それもジャッキーだからでしょうね。この映画でのジャッキー・チェンは特別出演とは言えど、視聴者や一般の人々の素直な気持ちを表現するそれなりに重要な役どころ。準主役よりひとつ下ぐらいの位置づけですかね。「カンフーとか出来ないっすよ―」みたいな「ウソつけwww」的な台詞も楽しい。でも例のシーンが始まった時は「これはアカンわー」って思ってました。

漂うテーマは、善と悪、生と死、欲と人間愛みたいに、ちょっと重たく感じるわけですが、全体的にはアクション映画。映像的にもアクション的にも見応えがあります。古式ゆかしきカンフー映画らしい動きにニヤリとしたり。

« 花粉で知る春の訪れ | トップページ | そろそろラン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新少林寺/SHAOLIN(香港 2011年 吹替版):

« 花粉で知る春の訪れ | トップページ | そろそろラン »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント