« メニエールな午後 | トップページ | 壊れた距離感修復中 »

2018.03.31

落ち着いたものである

次男と朝から電車に乗って、明石藤江の「こころのホスピタル」へ。 福祉関連の支援を受けるため、定期的に診断というか判定をしてもらわないかんので。

1時間半ほどテストのようなものを受け、自分はずっと待っていて詳細は分からないが、本人は落ち着いたものである。往き帰りの電車では「見る鉄・知る鉄」の奥深い知識を披露してくれて面白かった。 やれ踏切の警報機で光っている矢印の形状が、ここはかなり特殊であるとか、なんで赤色の矢印があるのか?とか、あの5角形の信号はなんなのだ?とか知らんがな・・・ってのも多かったけど。

3月の初めに「広汎性発達障害であるのは確かにそうだが、さらに細かい判定は以前は少し違っていたかも」と言われたらしく、難しいことは分からないけど「ああなるほどね」と完全に理解した(←わかっていない)

同じマンションで次男と同学年のお子さん(定型発達)が地元の中学校で不登校になってしまったらしい。

いろいろあるのが人生だけど、なるべくならば不測の事態で慌てないよう、予測的に動きたい。


« メニエールな午後 | トップページ | 壊れた距離感修復中 »

発達障害・自閉症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落ち着いたものである:

« メニエールな午後 | トップページ | 壊れた距離感修復中 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント