« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月の26件の記事

2018.04.30

痩せるにつれて体の特性が変わってくるのは普通ですな

昭和の日の振り替え休日。GW前半最終日で4月の終わり。

朝から明日の廃品回収の準備をしてから汚部屋の片づけ。というか雑多なモノの置き場所などを最適化。 あっちのものをこっちにおいて、こっちのものをあっちへ追いやる感じでお昼になった。 本質的には何も変わってないのでは?とか疑問をさしはさむほど賢くない。

しっかり食べて午後は10キロランに出る。昨日の青空がウソみたいな曇り空。5分半ぐらいのペースと思えば6分越えていたりして、変に焦るが無理にペースを上げると怪我の元。ラスト1.5キロぐらいで急激に足が動きにくくなった。ふくらはぎが固まって伸びない感じ。おそらく水分不足なんだろう。結局トータルペースは6分4秒。速度が出るときと出ない時って何が違うのか追求したい。

体重が55kgを下回ってた。標準体重よりも1kg以上軽い。3か月前から4kg以上の減量ですね。瞬時値だけど。

この水準まで体重が落ちると、自分の場合、汗で失われる水分などの影響大。 途端にエネルギーが枯渇したりするので、補給の準備にお金がかかる。 さらに感覚が少し尖ってなんとなく攻撃的になりやすい。 このまま一週間ぐらい寝かせればいろいろ落ち着くはずなんで、ここからの一週間が勝負どころかなと。

砂浜近くにギラギラと咲くお花。
Dsc_2468

江井ヶ島の砂浜はBBQな人たちがいっぱいで、まあにぎやかな光景だった。 一部大声出してる無粋な一団がいたけど妙なトラブル呼び込まないでよという心境。 遠くからいらして非日常を楽しんでいただいているのは分かるんだけど、隣の他人様も同じように楽しんでるわけで。何か開放しすぎてツライ日常の「はけ口」的に騒がれると、地元民の日常が乱されているわけですよ。


2018.04.29

モダンブラウザで動く「MZ-700エミュレータ」をそろそろ正式リリースしたいかも

GitHubに置いてから約2年。 Z80のエミュレータとして公開してから2年とだいたい8か月。 昨年9月に、CPUのエミュレーションがほぼ完了。 その後はほとんどMZ-700の周辺機器のエミュレーションとUI周りの改善活動でした。

究極の目標として、MZ-700のアーキテクチャを利用したZ80アセンブラのプログラミングワークベンチとしてのエミュレーション環境を提供したい。世界中のすべての人にMZ・・・って、ボクは何言ってるんだろう?www。

早めにMZ-1500のエミュレーションにも取り組みたいし。

昨年、上記ページの初期状態で提供している PCG-700のサンプルプログラムを書いてみたけど、なんだかブロックを組み合わせて積み上げて、好きなものを作ってるよな楽しさがありますよね>Z80アセンブラ

実用的には現在ほとんど意味はないけれど、この楽しさは確かに35年前から存在していて、昨年実家の実機はもう無かったけれど、こいつ(当時の実機)のおかげで、ひょんなことから現在の職業に就くことになり、今に至っているわけで、、、いろんな人に伝えたいなあ、楽しい楽しいプログラミングとモノづくり。

言語がどうとか関係ないね。思った通りにコンピュータが動くのよ。楽しすぎる。


レジェンドパソコンゲーム80年代記
佐々木潤 レトロPCゲーム愛好会
総合科学出版
売り上げランキング: 43,461


朝ラン6キロ。起床時BMIが21.5を切ってた。 ランから帰ると水分抜けて21。自分的にはガリガリレベルだ。 終日MZ-700いじりながら合間にちょいちょい筋トレ。 晩御飯をがっつりいただくと、なんとかBMI=21.5に戻ってた。

Dsc_2456

Dsc_2458

2018.04.28

顔から落ちるデクライン・プッシュアップGackt Ver.

朝からコンタクトレンズ購入のため眼科へラン。昨夕と違っていまいち調子が上がらない。一日ごとに休んだほうがよいのかも。

Dsc_2437

帰りは海沿い、江井ヶ島の浜で、僧帽筋を鍛えるデクラインプッシュアップ Gackt Ver。 手のひらを「ハの字」に開いてつま先を高い位置に置く腕立て伏せ(五十肩対策w)なんだけど、1セット目5回目に、なんと体重を支えきれずに顔から落ちて転がった・・・あいたたた。

四つのひじヒザ全部に擦過傷。 直後はまったく痛みはないのに帰宅後ズキズキ痛くなるのは何なんでしょね。

GW初日にこれなので今後も気を付けて過ごしたい。


50代からの体力革命
50代からの体力革命
posted with amazlet at 18.04.28
高橋 陽子
主婦と生活社
売り上げランキング: 222,017

2018.04.27

自分の「中年の心の闇」はコレかもしれない

「中年の心の闇」 ― この言葉は初めて聞いたが確かに存在しそうです。 来年50歳だが、ココロとカラダを何かドロドロしたものに、徐々に支配されつつあるかも知れんと思ってた。 なので、タイムリーな記事でした(↓)。

「中年の心の闇」がイマイチわからない - シロクマの屑籠


中年クライシス (朝日文芸文庫)
河合 隼雄
朝日新聞社
売り上げランキング: 194,604


自分の場合は、つい最近まで、イマイチどころかマッタクわかっていなかった。 しかし40代半ば過ぎ、ちょうど長男が独立したあと長女も就職して社会人、20年の家のローンが終わる頃、心と体を「闇」が占拠しはじめていたような気がします。

かつて子供達が小さなころは、やれ風邪ひいただ怪我をした、部活がんばれ試験も頑張れ、受験はどうする進路はどうだと気ぜわしかった。このバタバタが落ち着くのは数年後かなと待ち望み、それまでなんとか我慢もしながら、もうひと踏ん張りイッテミヨーとやってきたが、そのささやかな目標点に到達すると、

「さてこれからどうするんだっけ?」と。 ん?なんだ?あとは失うばっかりじゃないのか?と。

実際失うばかりじゃないです。希望が全くゼロというわけでもありません。落ち着いて少し頭をひねれば、やりたいことや、欲しいものはあるにはある。しかし渇望とは言い難いのね。

自分に残された時間は、これまで生きてきた時間よりも短いって知っている。 時間以外にも、生きてるうえで、いろんな制約が増えていて、もう出来ないことや、もう手に入らないモノ、もう実現しない夢などが、心の底に彩度ゼロで滞留している。 欲の減退との相乗効果。「あきらめ」のスレッショルドが下がっていて、それら滞留物を浄化できない・・・。

・・・・・

と、まあ極度にネガティブ側へ振り切って書いてみると、えらく陰鬱な文章になってしまった。 しかし、これが自分にとっての「中年の心の闇」かなと。

今のところ、ココロとカラダ全体を支配されてるわけではないし、社会的な規範を踏み外してはいないつもりだが、しかし確かに「闇」はあって「病み」に通じることも知っていて、それは徐々に大きくなっているんだな。

会社をつくれば自由になれる 中年起業という提案 しごとのわ
インプレス (2018-01-19)
売り上げランキング: 3,633


今朝まで寒さが続いていたが、夕方からちょっとマシ。 週初めに食べ過ぎてプチ・リバウンドで+2㎏。 週末にはなんとかBMI=22以下に戻せたし、 土曜日以来、中5日の夕方ランは、1キロペース5分4秒で3.7キロと ベストコンディションで3連休に突入完了。 減量するとランのスピードが上がりますね。ガス欠には気を付けなければならないが。

2018.04.26

想定以上に悪くはならないものである(かも)

矢沢永吉さんが全てのチケットを電子化したという話。

「YAZAWAの勘」のスゴさについて-Everything you've ever Dreamed

IT技術に詳しくない矢沢さんだが、ユーザーのために合理的な判断をして、即決定して即実行。それってなかなかできることではないですねスゴイ!という観点なんだけど、自分はまた少し別の観点で「なるほどなあ、すごいなあ」と思ったことがあったので書いておきます。

何かを改善するためにプロセスやシステムを変えると「実は不便に思う人が一定数いるのではないだろうか?」と考えて躊躇してしまうことがある。でもホントに予測通りの事態に陥ることって、そんなにないような気がするのだ。むしろ想定外の良い影響があったりするもので。

たとえば、チケットを全て電子化すると、従来のアナログなユーザーが「やり方がわからない、使えない」と困ってしまう状況が予想できる。しかし、ある程度の規模のコミュニティなら、詳しい人が一定数はいるはずで、その人たちを中心にして、互いに助け合って上手く全体がその障害を乗り越えられたりするものではないだろうかと。

ネガティブに心配ばかりしていると、ポジティブな方向の能力を見落としていたりするもんだよなと。

電子マネーへの移行や、モバイルファーストな社内情報共有ツールの導入とかとか。

変化についていけずに困っている人が同じコミュニティにいたとして、互いに助け合えないのは、変化が悪いのではなく、そのコミュニティに問題があるのだろう。

ま、森羅万象すべてに適用できるものでもないとは思うが、心配だけして躊躇するより、具体的な解決法を探るとか、一歩でもよいから足を踏み出してみるって大切なんだなと。一歩踏み出してなんだかおかしくなったら、ひっこめるとか、斜めに進んでみるとかいろいろあるし。


最高のチームに変わる「仕組み」のつくり方
実業之日本社 (2018-02-16)
売り上げランキング: 61,104


朝夕結構冷えていて、なんとなーくフラフラする一日だった。 メニエールって気温にも左右されるのかな。

夕方走るつもりだったが、寒さでその気になれず、一年前のリポジトリにユニットテストを追加しながら、ぼやぼやしながらやり過ごす。

2018.04.25

「フォースの覚醒」をもう一度見て「最後のジェダイ」と比べてみた

「最後のジェダイ」が微妙だったので(後悔はしていないが)、いろいろ確かめたくて今夜は「フォースの覚醒」を見直した。 初めて見る吹き替え版。セリフが耳から勝手に入ってくるのはやっぱり便利。でも、どことなく棒読みに聞こえたりするところがあってモヤモヤしたところがあった。

それと、ストーリーには無関係だが、最初のお馴染みのスクロールでは日本語の文章を読まされるんですね。見慣れなくてびっくりした。

20180425_223025

カメラワークの違いが顕著

7と8ではカメラワークが違っている。 「フォースの覚醒」はep3と似ている気がした。ズームやカメラの揺れで臨場感を強調している。 逆に ep8では派手な演出がなくて落ち着いている。それに見合うシーンがなかったからかな。

暗黙の主人公

「~の覚醒」は、ほぼハン・ソロの物語になっている。「最後の~」はルークの話。で、どっちも最後にはいなくなる。これは、新三部作としての決まり事だったのかな。ep9はどうなるのだろう。キャリー・フィッシャーさんはもういない。

フォースのフォースっぽさ

「最後の~」のフォースが、あまりフォースっぽくないってことに「~の覚醒」のフォースを見て気が付いた。 リモートワークみたいな新しい描写にチャレンジしているのかもしれないけど、おじさんは別に新しいフォースに触れたいと思ってスターウォーズを見ていないので、ちょっと残念。

時空を超える荘厳さ

ハイパードライブじゃなくて、なんだっけ?、、ワープ?ジャンプ?とにかく時空を超えた後の到着時の現れ方に差がありそう。「最後のジェダイ」では、デジタル的にパッと現れる感じで味がない。「フォースの覚醒」ではもっと印象的に表れる。減速しながらゴゴゴーと現れるのだ。時空を超えてきたぞっていう荘厳さ(?)を感じられる。パッと現れるのはスタートレックっぽいかも。

面白味

ストーリー的には、全体的に「フォースの覚醒」のほうが断然面白かったな(個人の感想)。 ワクワク・ハラハラ感に差がある感じ。

その他

「フォースの覚醒」で自分的に新発見。フィンが脱走するきっかけは仲間の死。その仲間を撃ったのはポー・ダメロンだったのだなー。

ハンソロのスピンオフはすでに公開が決まっているようだけど、ルークが身を隠していた間の話も作られたらいいな。

2018.04.24

「最後のジェダイ」 MovieNEX

予約してたのが本日届きましてさっそく視聴。

Dsc_2402

酷いとまでは言わないけれど

結構酷評されていますので気になっていましたが、全体的に焦点ぼやけてバラバラで間延びしていた印象です。

でも正直全編通して「酷い」とまでは思いませんでした。

前半部分で「これスタートレック?」みたいな気分になりましたけど、中盤以降ラストまでは、なかなかスターウォーズ的だったかな。

間延び感の正体は?

これまでのスターウォーズって三作ごとに大きな柱が中心にあって成り立っていますよね。 エピソード1~3はアナキン・スカイウォーカーで、エピソード4~6はルーク・スカイウォーカー。

そう考えると、「フォースの覚醒」からの三部作はスカイウォーカーの血を受け継ぐカイロ・レンが中心になるのかもしれないんだけど、彼はエピソード4~6におけるダース・ベイダーの位置づけだから、やっぱり中心にはレイがいる。

でもフィンもダメロンも結構前に出てくるし、わりと全員がまとまって行動しないもんだから、あっちの星やこっちの岩山で話がバラバラ進んでる。

このため、なんかまとまりがないのかな。 不要なシーンはないのかもしれないけど、各々のシーンが間延びしている。

スターウォーズに悲壮感は要りません

戦闘シーンについて、特に前半なんだけど、なにか悲壮感のようなものがシーンからにじみ出ていて、素直にドンパチとして見られなかった。

例えば敵の船を破壊したとしても「ああ、あの敵の船にも人の子が乗っているんだよね」みたいな印象になっちゃう。

ストームトルーパーがバラバラとやられまくるなんて、もうそういうもんだと割り切れるから心は動かないのだけれど、コントロールルームが爆破されて敵の士官たちが吹き飛ぶとことか、あまりリアルに描かなくてもっていう感じがしました。

その他箇条書き

  • スターウォーズのディズニー臭に少し慣れはしたかもしれぬが、やっぱりボクはBB-8が嫌いだな。媚びたりボケたりガチャガチャしすぎ。
  • 各種ポケモンみたいなの必要ですかね?鉱山でキラキラしている犬系の奴とかマジ安易すぎないですか?
  • 両肩に担いだお魚さんは、ないなー。あれはないわ。コイキングかと思った。
  • ルークとR2-D2の再開シーンは良かった。
  • ジャンプって前から言ってたっけ?

まとめると

ほんとに後半はとても良かったと思っているし、次回作がどうなるのかも期待したい。

しかし、何か安心できる大きな幹が欲しいなとは思っている。

自分の知ってるスターウォーズらしさからは少しづつ離れて行っているような気はするけど、だからダメっていう気はない。

2018.04.23

伸びる力

Dsc_2334

次男の学校の参観日。普段意識していないけど、もう中二。 「緊張するから来なくていいよ」と言っていた割には、ちょいちょい話しかけてきたり、先生方やクラスメイトに父を紹介してくれたり。「来年50歳になる僕のお父さんです」という定型文だが(年齢いらんしw)。 数字へのこだわりが年齢や誕生日に育ってしまった。 なるほど家内が参観にあまり行きたがらない理由のひとつはこれなのか。

その他、いろいろ積極的にまじめにそつなくこなしているようで感心した。


ただ、クラスメイトとフランクに会話をしたり、じゃれあったりという行動はない。 少し距離を置こうとしているのかもしれない。 反面、先生方とはコミュニケーションが成り立っている。大人に対する安心感かな。

3月の終わりに専門病院で受けた検査では言語理解が苦手で集中力の維持が難しいと指摘された。 IQがボーダーラインの下側ぎりぎりだったので軽度知的障害という位置づけだ。 しかしどちらも実感がない。

しかし医師の所見はバイアスなしで理解するべきなのだろう。 次男が進む方向にある障害物に気付いて上手く歩けるようにすることこそが特別支援。


琴池周囲の八重桜が散ってる最中。毎年4月の中旬が見頃だとか。

Dsc_2348

2018.04.22

足りてないのはグローバルスタンダードなアジリティ

朝からHerokuのCLIをセットアップ。 しかし、Bash for WindowsのBashからherokuと打つとエラーになる。なんやかんや調べてローカルPCで修正しまして、GitHubにもIssueを上げる。すると4時間ほどで修正されててIssueはクローズされていた。

わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門
シーアンドアール研究所 (2017-04-21)
売り上げランキング: 2,179

このスピード感が日本企業との差なのだと思う。

最近は業務で使うツールのほとんど全てがオープンソース。 たいていGitHubで公開されてる。

だからおかしなところや希望や要望は、即座にIssueを上げておけばよい。なんちゃって英語でトンチンカンなことを書いてしまってもよっぽどのことがなければ伝わるもんで。とにかく速めに伝えるのがよい行い。予想以上に素早く修正されるってもんだし、開発者もユーザーも全員嬉しいわけだから。

ツールや製品の評価で「このツール使えねーわー」とか愚痴っている暇があるくらいなら、グーグル翻訳のお世話になってIssueを書いて、コントリビュータに伝えるほうがよっぽど生産的な活動なのですね。

日本企業にとってはいまだにかなりなパラダイムシフトなのかもしれんが。世界標準はそうなってる。

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)
Dustin Boswell Trevor Foucher
オライリージャパン
売り上げランキング: 544

緑がまぶしい夕方6キロランニング。ペースは5分50秒。初夏の陽射しで汗ダラダラだけど心地よいのだ五月の風がー(って四月だが)。

Dsc_2288

2018.04.21

何が正義か正解か

出勤日。久しぶりに正装して垂水駅まで自転車で。平均時速22㎞で楽しく垂水に到着。しかし「駅前自転車駐車場」の入り口が閉鎖されてた。「駐車場はこちら」の標識があったので半信半疑で海側へ周ると入り口だけが移動してた。店番?のおばちゃんによると2月に神戸市所有の従来の入り口の通路一帯が売却されて使えなくなったのだとか。

Dsc_2253

電車で職場へ向かう途中、北朝鮮が核実験施設を廃棄するとの号外を知る。

とりあえず前向きに評価するしかない。 各国は「核兵器そのものを廃棄せよ」と迫るつもりのようだが「じゃあ、お前らも捨てろよな」で平行線になるのかな。特に報道されていないけど、アメリカだってロシアだって他の国だって核兵器は保有していて「撃て」と言えばすぐにでも撃てるように準備されているはずですよね。

こうなると、「それって北朝鮮と、どう違うんだ?」と思うんだよなあ。

確かに今まで国際社会に対抗し続けてきた「悪者」だけど「心入れ替えて国際社会の平和に努めます」と言っているところに「てめえ嘘だろ」とは表立って言えないのが国際社会というか、どの社会でも一緒だな。

さらにややこしくなる予感。


会社で聞いた状況とかに超落胆。なんだろ理路整然とした判断や選択がなされていないような気がする。もう一方の考え方を聞いていないので、安易な判断はできないけれど「無理強いする」という文化は一切なくしたほうが良いと思う。

一方、新卒さんにご挨拶。自分の娘より若い人たち。真正面にこちらを向いて、一生懸命聞こうとしてくれてる感じがとてもうれしい。実際、適当なことしか話さないんだけど(笑。自分が18の時より百万倍ぐらい、ちゃんとしてた。素晴らしい。


午後半休で再び自転車。朝ごはんはしっかり食べたが、残り2キロで燃料尽きる。ヘロヘロになる。BMI22を境に体の組成が変わった気がする。

明石川沿いで藤が咲き始め。色が濃い気がしたが、毎年こんなだったかなあ。香りはかなり強かった。

Dsc_2267_2

Dsc_2268

淡路島の西海岸にちょっと怖いぐらいの黄砂?

Dsc_2274


2018.04.20

アホロートル

霧島連山硫黄山の噴火で周囲2キロを立ち入り禁止としたとニュースで聞いて、噴石の速度ってどれぐらいだろうって話になった。

そこで問題。

地上から垂直方向上方へ、初速度 v0 [m/s] で射出され、上空 D[m]まで到達し>た場合、初速度 v0 はいくらになるか。

ここで重力加速度は上空 D[m] まで一様に g[m/s^2] とし、射出後は重力以外の力は加わらないとする。大気の抵抗や風の影響も無視してよい。

・ ・ ・

まあ、よくあるやつですね(←解けてない)

高校生の頃は、こういう計算問題って瞬時に下位にたどり着いていたんだけど、今や式すら思い浮かばん。

やばいですねー。

ふたたびの微分・積分
永野 裕之
すばる舎
売り上げランキング: 8,842


連日の夕方ランはバテバテでした。朝の時点でBMIが22を下回っていて、ハンガーノック危険信号。 空腹からの運動はなるべく避けて、補給をきちんと考えないと。

ゴールデンな夕日前

Dsc_2236

柵からちょいちょい顔出してる葉っぱがかわいい。

Dsc_2240

海に近いほうではツツジはつぼみだったけど、幹線道路沿いは咲き乱れてた。

Dsc_2244

2018.04.19

そんなの「セクシープロジェクトで差をつけろ!」を読んだら治る(と思うけど)

組織の動かし方、進め方、方針、目標などを検討していて、「〇〇さんからは嫌われているように思うんですよねー」とか、「××さんは苦手なんですよー」などと言い、提案や示唆を拒否、または却下する人がいた。要するに主観的理由によって「その案は実現可能性が薄い」と言いたいらしい。

「そんな主観的な理由で何かを判断したり決定していては、いつまでたっても全然前に進まないよ?」と言いたかったが、そんな主観的な理由で何かを判断したり決定しようとする人には理解できないだろうから、やめといた。 場合によっては感情的になってくる人もいるし。「じゃあどうすればいいんですか!」って向かってくる人もいた。

他にも「直球でダメだったら変化球投げなあかんわなー」という雑談めいたフランクなアドバイスに対しても「それ無理です。できないです。そういう能力がないので」と返されて「じゃあ無理だね」と思ったが、やっぱり適当に「そうかー難しいなあー」と速やかに流しておいた。

正直こういう人苦手なんですよ(笑)。体が勝手に拒否するやつはダメですが、主観は(なるべく)仕事に持ち込まない。なので一人になると「なんかええ方法ないもんかねー?」とかすぐに考え始めてしまって睡眠時間を侵食するのだ。だから人から相談受けるのとか嫌いだわ(どないやねん)。ああ困ったもんだ。

そもそも「他人から好かれているか、嫌われているか」なんて、ほとんど誰も気にせず生きていると思ってるんだがね。

「セクシープロジェクトで差をつけろ!」

ということで、ふと思い出したのは、かつて仲間で会社を立ち上げたちょっとあと(2年目か)、心を楽しく元気にしてくれた以下の本。18年前なんだなー。

おそらく今の時代でも、何かを始めたいがちょっとビビってて、なんて人に特にお薦め(合わない人もいるかもしれませんが)。

トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦<2> セクシープロジェクトで差をつけろ!


夕方自転車でトライアスロン氏がスタートからグイグイ行くので付いていったが、 ハァハァし過ぎてのどが痛くて一時離脱。アップ無しはやっぱりツライ。

その後のランは3.8キロ。中4日なので、ペースはちょっと抑えめに努力して1キロ5分45秒ぐらいかな。

気温が高くて暑かった。幹線道路の垣根でサツキ?ツツジ?が多く咲いていた。

Dsc_2234

ウィキペによるとサツキって、ツツジ科ツツジ属で、あえて分ければサツキだけれど、ツツジとあんまり違わないらしいと理解したが、実際いまいちよくわからなかった。

2018.04.18

簡単に分かりあえないのが大前提

コミュニケーションが苦手な人って、相手の言葉や態度に直接的に反応しちゃう傾向アリかな?と、ハミガキ中に思ったので書いておく。有酸素運動は大切だな。ハミガキが有酸素運動かどうかは分からんが。

たいていの場合、相手の言ったことをそのまま直接受け止めて、落ち込んだり悩んだりするけど質問しない。 質問しない人と言い換えられるかも。

人の表現能力や理解力は曖昧だと思っていないんだな。 相手は正確に言いたいことを言ったし、自身は完全に理解して返答したと。

逆パターンでは、例えば「電話番号教えて」と言われて一気に最後まで読み上げようとしてしまう人。 相手が「ちょ、ちょっと待って、、、090で?」となって停止。 「伝える」ということが理解できていないのかな。

少し前「コミュ障は他人に対する興味が希薄」と話題になってた。

まあ、自分のことなんだけどね。


2018.04.17

語尾はTrello(トレロ)で

最近Trelloにハマってるのトレロ。

最初はおっかなびっくりで、いまいちピンと来ていなかったが、とにかく思いつくままにカードを登録するようになって、「完了」リストへ移動させていくことでちょっとした達成感が生まれるので、「なんだか仕事が楽しいぞ」と錯覚感じるようになったのトレロ。

ほぼ同機能の GitHub Projects も便利だと思って使っていたが、Gitリポジトリとは無関係な日々のタスクで、Trelloを直接使い始めたら、「これがなければ生きていけないトレロっ!!!」てな感じでちょっと怖いトレロ。

ちょっとしたアイディアや他の人から出た意見などをメモ代わりにカードを作って行けば、仕事の進捗が楽しくなるし、集中力が違う気がするトレロ。

IFTTTを使えば、日単位、週単位、月単位などで、定期的にカードを創れるので、管理業務などに便利だトレロ。週末に「作業報告を書かないかん!」ってカードとか、月次処理のカードがとかトレロね。

ボクは毎日始業前に「今日やることのToDo書け!」ってなメタToDoカードを自動的に作ってるトレロよ。


まさに「タスク管理は『小さな勝利を積み重ねる』」ですトレロ。

ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250
KADOKAWA / 中経出版 (2017-11-16)
売り上げランキング: 387

2018.04.16

モンティホール問題

モンティホール問題というのを50歳目前にして知りまして、やっぱり数学楽しいなと。

閉まった3つのドアがあって、後ろに「当たり」か「ハズレ」が隠されている。当たりは一つで他はハズレ。 最初にゲストがドアを開けずに一つ選ぶ。そしてホストは選択しなかった2つのドアのうちハズレの方を開けて見せ、ゲストに「最初の選択を変えますか?」と問う。

さてゲストが当たりを引くためには、最初の選択を変えるべきか変えざるべきか?!

というゲームみたいなもんなんだけど、直感的にはどっちも同じで1/2だと思うでしょ?

しかぁし、変えた方が当たりを引く確率が高いらしい

途中でゲームのルールが変わっているの

最初に当たりを引いてる確率は 1/3 です。しかし結果はわからない。 その後「ドアを変えるか変えないか」の2択ですから、最初の選択には無関係で、どちらかに当たりがある状態。だからここでの確率が1/2

整理します

  • 仮に最初に「当たり」を引いていたら、ドアを変えたら必ずハズレ。
  • 逆に最初に「ハズレ」を引いているのなら、ドアを変えれば必ず当たり。

OK?

確率計算

最初に選択したドアを変えないとした場合、当たりを引く確率は、最初に当たりを引いている場合に一致しますので、1/3 の確率です。

逆に、必ず変えるなら、最初にハズレを引く確立と一致するので、 2/3 と倍になります。

そうかやっぱり変えるほうが確率が上がる


論理的思考力を鍛える33の思考実験
北村 良子
彩図社 (2017-04-27)
売り上げランキング: 4,151

2018.04.14

花とラン

お昼前に6キロラン。午後から雨の予報だけど、よく晴れていた。

江井ヶ島の浜では、数本のヤシの葉っぱが折れてて落ちそうで、気になった。

いろんな花が咲いていたので、筋トレがてらスマホで写真撮りまくり。

妖しい色。
Dsc_2194

「木の芽」って感じ。かわいい。
Dsc_2191

すまんピクミン想起した。
Dsc_2186

これぞ「お花」黄色い(見たまま)
Dsc_2183

走り終わると途端に曇って、午後は山ほど雨降った。


AWSによるサーバーレスアーキテクチャ
翔泳社 (2018-03-14)
売り上げランキング: 2,635

2018.04.13

「13日の金曜」から「体重管理の微分積分」

ふと気がつけば今日は「13日の金曜日」。 おそらく映画のせいだと思うけど「ちょっとやだな」と思う程度には刷り込まれてる。 歴史的、言語的に、サーティーンがサタンと似てるから13が忌み数なのだと勝手に思いこんでいたが、全く間違い。しかもイエスの処刑日が13日の金曜だとかってのも後の作り話だそうで。Wikipediaおもろいね。

などと書いていると、ヤンタン金曜日のつかみが13日の金曜日の話。「キリストの~」とか言うてはって「それ間違いよ」とツッコんだ。

13日の金曜日
13日の金曜日
posted with amazlet at 18.04.13
Sony Music Labels Inc. (2015-01-07)
売り上げランキング: 2,137

シムシティ的国造り

ところで先日からの事件や事故や災害を見聞きして、不謹慎かもしれないけれど、この世が「シムシティ」みたいに思えてきてる。

自分の身の回りに迫っていないから他人事みたいに思って箱庭的に見ているのかもしれないけれど、どこかこれまでの自身の常識に照らし合わせて、現実感が感じられないぐらいにぶっ飛んできたってところかな。

地震や土砂崩れは自然災害の要素があるからアレだけど、19歳の警察官が教育係の先輩に罵倒されて撃ち殺しちゃった事件とか、刑務所からの脱走案件とか、なにか自分の知ってる日本とは違ってきた感。

加えて政治家・役人の改ざん案件、隠蔽案件・・・。もはや国ってナンデスカ?となってきた。

とか言っててもどうしようもないのだけれど。

耶馬渓茶 霧ヶ峰 100g
耶馬渓茶 霧ヶ峰 100g
posted with amazlet at 18.04.13
耶馬溪茶
売り上げランキング: 94,747

おかしくなってた時期もある

大韓航空でまたパワハラ案件があったらしい。 ナッツリターンを思い出す。

人として、社会人として、親としてとか、どこか常識を欠いてる状態というか、バランスがおかしい状態って誰しも一度はそういう時期があるのかなと思う。

自分も、今思えばだけど特定部分が「おかしくなってた時期」がある。 ある面ではイケイケだったのかもしれないけれど。

あの副社長なんて長年そういう状態なんだろうなと変に震撼。

孟子―聖人君子の笑いが目に浮ぶ (1983年)
重沢 俊郎
日中出版
売り上げランキング: 2,137,303

便利な派閥

ところで、自民党を見ていると派閥って便利ですねと思いました。

派閥がないと現在のようにトップが信頼されなくなった時に、党もろとも崩れ落ちることになるが、別の派閥が現政権を公然と批判することで、党全体の信頼低下を少しは防ぐかたちになってる。良いか悪いかではなくて便利だなと。よくできている。

忘却の彼方

このように、ふと考えることの内、どれくらいを記憶しているのだろうかと不安になったので、朝から考えたことをなるべくメモって書いているが、おそらくこれで半分以下。

数分前にニュースを見て、ふと思ったことをすぐに忘れる。 数分前でコレだから、ほとんどの事を忘れていってるんだろう。何もかもが泡のように消えていく。 今の所、生きる上で問題にはなっていないし、誰かに迷惑をかけたりしていないはずだが、それも時間の問題なのかも。

Take me Follow me/記憶にございません/手をつなぎたいんだ [CD+DVD]
YAMA-KAN
TOWER RECORDS (2018-03-21)
売り上げランキング: 584

体重管理の微分積分

あと、「体重管理にPID制御は有効か?」とか馬鹿なことを考えたなあ。

目標持って減量しても達成間近に制御不能に陥って維持できないとかよくある感じ。

それはそうとしてとりあえず、ググって結果が返ってこない文言を思いついたので嬉しかった。

このブログ、「体重」と「微分積分」に同時にヒットする最初のサイトになったようだ。

ゼロからはじめるPID制御
熊谷 英樹
日刊工業新聞社
売り上げランキング: 19,378


夕方ランは北北東からの強い風。ペースは1キロ5分半。

筋トレ効果(=筋肉痛)が股関節外側に。おそらくカーフレイズ(つま先立ち)の負荷によるもの。 通常の歩行時には足を着地したあと地面を蹴るときに力を発揮しているところかな。

2018.04.12

納得!餃子屋コアダンプ

Google翻訳で英文「The dumplist crashed.」を日本語に翻訳すると「餃子屋が墜落した」となりまして、現場の惨状を想像して、変におなかが減りました。

「dumplist」を「餃子屋」もしくは「餃子」とする場合があるみたいです(正しく「ダンプリスト」としてくれる場合もある)。というか「dump list」と単語を分ければ餃子にならない。

どうやら「dumplings」とごっちゃになっているらしいです。 「Dumplings」は「餃子」だけじゃなくて、餡を包み込んだような料理全般を指すようですが。日本的なコロッケはちょっと違うのかな。


読む餃子
読む餃子
posted with amazlet at 18.04.12
アスペクト (2011-12-05)
売り上げランキング: 42,775


そもそも「ダンプリスト」って何ですかっていう人も多いかと思います。 単純に「ダンプ」の「リスト」なのですけど、じゃあ「ダンプて何なのよ」と自分でも思ったので以下引用(ダンプ-ASCII.jpデジタル用語辞典より)。

だんぷ 【ダンプ】 dump

メモリーやハードディスクに記憶された内容を、プリンターやディスプレイに出力すること。 プログラムやデータの修正などを行うために用いられる。 メモリーの内容やファイルの内容を出力することを、それぞれメモリーダンプ、ファイルダンプという。 また、出力したものはダンプリストと呼ぶ。

要するに、一般的に言えば「中身をゲロる」って感じですかね?(違

イメージ的にはこういうの↓

1

約35年前の多少古い例で申し訳ないけど、まあハッカーが、m(・・ ; カタカタカタッ、 タタタッ、ッターン!ってやるときのやつですね。

ユーザーが意図的にダンプすることもあるけど、意図せずプログラムが異常状態になったとき「俺のことはいいから、あとはよろし・・・くっ・・・」と、メモリーの内容を一切合切吐き出して、後から何が悪かったのかを検証できるような機能(コアダンプって言います)もあります。で、あとから調べてみると「なんだコイツ昨日餃子食ってんじゃん」てなこともあるかも知れぬ(ありません)。

あ、Google翻訳、ほぼ正解だったのですね。さすがだ。


ポッカサッポロ GEROLSTEINER(ゲロルシュタイナー) 1L×12本 [正規輸入品]
ポッカサッポロ フード&ビバレッジ
売り上げランキング: 484


一週間ぶりに夕方ラン3.8キロ。 ペースは1キロ5分35秒でまずまずだった。 スイセン終わって菜の花たくさん。 景色がガラッと変わっていて驚いた。

Dsc_2150

先日、天草から送っていただいたタケノコがめっちゃ美味い有り難い。 春らしきかな卯月の半ば。

2018.04.11

風よ吹け

早寝早起きで体調回復。脚も休めたのでなかなか快調。

夕方からの雨予報が見事的中し、自宅到着前五分ぐらいで、大粒だけど絶対雨量が少ない「小ぶりな土砂降り」に遭ったがセーフ。

その直前のSTRAVAのスプリントポイントで手応えあったがPRから5秒遅れ。出だしのスピードが足らなかったようだ。が、あの感触で5秒は無理な気がする。強い追い風に期待大。


SPRINT 最速仕事術――あらゆる仕事がうまくいく最も合理的な方法
ダイヤモンド社 (2017-04-14)
売り上げランキング: 4,894

2018.04.10

棚に上げて笑わな損

土曜の朝、眼科まで往復7キロのジョグ&ウォーク。半期に一度の視野検査。今回も眼圧含めて異常なし。しかし検査中に例の腕がしびれる症状が。機械を少し上げてもらって解消したけど不便なカラダ。 3月の中ごろに、数分間、左目の視野のごく一部が「すりガラス状」になっててビビった件も一応相談。 眼底をじっくり見てもらったが異常なかった。 「今度症状出たら瞳孔開いてみるから来て頂戴ね」といわれて「目を開くの?(怖っ!」と思ったが目薬で開くやつやね驚いた。

薬局ではけっこう強めに「お薬手帳を持ってきてね」とアピールされる。 「いつまで紙でやらせんねん電子お薬手帳をはよ普及させろやー」と言いたくなったが素直にハイハイと。 あと眼圧を下げる薬が70円高くなってて「薬の値段て上がるんや」と妙な驚き。そら上がるわな。

そして午後、自宅にて突如あらゆることに対する興味やモチベーションが減退しまくる。 原因は多岐にわたる漠然とした不安とか不自由感、抑圧感、自己嫌悪もちょっとあるかな。 何かにコツンとつま先をひっかけた拍子に、うまいことネガティブループにはまってグルグル落ちてった感じかな。 自力では抜け出せないやつ。

そんなネバネバした感じで土曜の午後を過ごしていると、先日からちょこちょこ出てきていたメニエールのフラフラが酷くなった。というか、いろいろそういうのも積み重なってる感もある。

なすすべなく、そのまま日曜も生気のない顔で一日過ごし、さらに月曜朝には、平衡感が著しく減退しており、お布団から起き上がれずお休みに。これがまた自分の「ダメ感」を直視することになって、ドンドン深みに入り込む。

自分のことを考えないようにスマホでニュースを眺めてみたが、「無い云うてたけど有りましたゴメンナサイ」ショーばっかりでおもんないから、古い文庫本を引っ張り出して読みまくった。

まずはこちら。8年前の「アホの壁」 By 筒井康隆。

アホの壁 (新潮新書)
アホの壁 (新潮新書)
posted with amazlet at 18.04.10
筒井 康隆
新潮社
売り上げランキング: 239,780

まあ、単純におもしろい。筒井康隆さんが「なんで人はアホなことをしてしまうのか」という問いに思いを巡らせて、論を展開。初期のスラップスティックコメディショートショートの雰囲気もある。緩急の付き方が似ていたのかな。お芝居ではないのにシーンの切り替わりがある感じ。

以前読んだ時も、終始含み笑いで読んだのだけど、思わず声を出して笑ってしまうところもあった。というところで「最近あんまり笑ってないな(特に自宅で)」と気が付いた。気を付けよう。


次これ。「本能寺の変431年目の真実」。4年前の本ですね。

【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)
明智 憲三郎
文芸社
売り上げランキング: 23,084

なぜか内容をすっかり忘れていたので、お得感(?)があった。著者はお名前の通り明智家の子孫。 「本能寺の変の最大の謎、なんで明智さんは謀反したの?」ってことを三面記事的な下世話な解釈ではなく解き明かそうという本ですね。

自分は専門家ではないので、書いてあることを「そうかーそうなのかー」と読むだけなので、真実がどこにあるのか?など皆目わからんが、この本に書かれている結論は、他の定説として流布されているものよりも納得できる。戦国武将って、武力だけの人ではなくて、ある側面では政治家ですよね。そもそも鎌倉時代以降、幕府というのは軍事政権であって、単なる軍隊とはちょっと違うので。この武将たちの凄さってのは、戦闘にしろ土木工事にしろ経済政策の断行にしろ、千人単位で人々を動かしていたということなんだよなと。有能な政治家もしくは経営者という側面は無視できない。そんな人たちが「いじめられたので仕返ししたのだ」なんて、あり得ないということですな。

しかし、まあ本能寺の変から数十年後、戦国時代が終わって、比較的平和な時期になると、やっぱりそういう一族もろとも死ぬか生きるかといった緊張感は薄れてきて、現代の日本と同じように「三面記事的な歴史観」のほうが「おもしろかった」ということなんでしょうね。だからそういうのが広まった。それはそれで文化的側面で面白さを感じるけども。

さすがに1日寝てると腰が痛くなった。ストレッチ的に動かすと少々マシになるが、この痛みの正体は何だろ。 あと、右腕がしびれるので、とれる体勢の自由度が半分ぐらいに制限されてて、こちらもなかなかつらい。 近々いろいろ病院めぐりをせなあかんかな。

月曜は次男の新学年の始業式。元気に行って元気に帰ってきた。お父さんはずっと寝てたが。 ただ、ずっと寝ているとメニエールとは別の理由でふらついている気もしたりした。

本日火曜は出勤できたが、午後まで平衡感覚減退継続。花粉症がとめどない。終日月曜日気分だった。


以下、土曜日の午前中に気になって撮った花の写真。 なにか、小動物が群れているような不思議な雰囲気。夏目友人帳に出てきそうな雰囲気もあったりして。

Dsc_2123

大群(笑)。ちょっと不気味?

Dsc_2130

見たことなくて名前も知らない花だったのだが「ヒメオドリコソウ」というヨーロッパ原産の植物だそうだ。Twitterで教えてもらいました。

で、「姫踊子草」で検索しようとすると「配列」とサジェストされた。どうやら、そういう名前の「日本語かな入力キー配列」があるそうで、この世界まだまだ大きい。知らん事おおいぞ。

2018.04.06

アリスのヤンタン金曜日!

チンペイさんのヤンタン金曜日(アリスだけど)を聞きながら一杯やろうと準備してたが野球で1時間ズレていた。

しかたなく早めに始めたが、待ってる1時間はなかなか進まず飲み過ぎた。

ラジオを一生懸命聞いていたのは中学生の頃だけど、どういう聞き方をしていたのかとんと忘れた。

宿題しながらだったかな。10分経たずに鉛筆持って寝転がってた気もするが。


ヤンタンの時代。
ヤンタンの時代。
posted with amazlet at 18.04.06
渡辺 一雄
角川書店
売り上げランキング: 686,217

2018.04.05

サクラとタンポポ

あさいち次男とともに通学バスのバス停まで。 同じバス停で乗る皆さんや同乗されている先生方との顔合わせやら連絡順などの確認など。 次男は2学期から1人でバス停まで行っているので、自分がバス停に行くのは久しぶり。

バスは一回り大きい車両に変更されていたが旧車両と同じデザインでペイントされていて安心した。

連絡網はLINEで交換。いまいちうまく使えていないが教わりながらなんとか操作。ふるふるとか初めて使った。

途中、ご夫婦?もしくは親子?でウォーキング中のおじさんから声をかけられる。女性は杖をついていらっしゃる。昨年、次男を送っていた頃によくご挨拶したのだが、ある時期からお見掛けしなくなっていて、少し気になっていたのだが、お元気そうで何よりだった。

お昼にお使いがてら近所の公園をぶらぶら。サクラが散り始めで葉が出てきているが、遠目にはまだ満開。 タンポポが勢力を伸ばしているようで、季節の移ろいを感じた。

平日なので人はまばら。人目を気にせずスマホで写真撮りまくり。

Dsc_1992

Dsc_2017

Dsc_2019

Dsc_2020

Dsc_2036

Dsc_2039


花の新しい撮り方 (Gakken Camera Mook)

学研プラス (2018-03-09)
売り上げランキング: 51,592

2018.04.04

羅生門 デジタル完全版 1950

羅生門 デジタル完全版
(2013-11-26)
売り上げランキング: 70,186

既に70年近く前の映画ですね。この度初めて見ましたが、恐ろしい映画です。世界の黒沢という意味が少しわかった気がします。論理的には説明できませんけど衝撃的でした。

この心理描写をやられると、もう他にやることがなくなってしまうんでね―の?って気がしたなー。

凄いわ。

2018.04.03

自然科学の妙味を味わう

自分が知っているので一般的に広く知られていると思っていたが、そうではなかったという話。

職場に光ファイバー的に光を運ぶ(?)機構の試作品があるのだが、それを見た組込みソフトのエンジニアさんが「なんで横から光が漏れてこないのか訳が分からない」と不思議がっていて、「え!?」となった。 もしかして「全反射」って知らない?と尋ねると「全く知らん」と数人が・・・。 先日「ゼンハンシャがゼンハンシャでとか言うて会話してたが、知らんかったんかいー」と無言のツッコミ。 一般的な単語として理解していたのか。それはありうる。

「全反射」は光学的な物理現象。光の屈折率と密接な関係のある現象。 簡単に言ってしまえば「光が屈折しまくって全てが反射してしまう(透過しない)」。

光が屈折率の低い物質側から屈折率の高い物質との境界面へ入射するとき、境界面との角度が浅くなると全反射が起こる。この現象のメカニズムを明快に説明されて自分的にセンセーショナルだった。

なので軽く説明を試みたんだが、そもそも物が目に見えているということと、光の進む方向などについて何らかの思い違いがあるようで、うまく理解してもらえなかったような気がする。

ある方向へ進む(レーザー光線のような)光の束が見えているように感じても、見えているのは空中の粒子で反射したりして自分に向かってきた光だけであって、自分の眼球内の網膜細胞に入射した光しか認識できない(見えない)はずなんだが、そのことをきちんと理解できていないのかも。

まあ、これが理解できていなくても日常生活には全く問題ないことなのだが、自分はこれがみんな知ってる一般常識だと思っていたので、なんだか申し訳ない感じがした。

プリズムと光の研究 New実験キット (NEW実験キットシリーズ)

学研プラス
売り上げランキング: 554,264


夕方3.7キロラン。かなり暑くて汗ダラダラ。筋トレのせいか脚が重たい動かない。ペースは頑張って6分弱。

それとは別に右腕の筋力が低下傾向。 左に比べて、ひじ上外側の筋肉が明らかに細い。押し上げる法の筋肉だね。 しびれと無関係ではないだろう。いやな感じだ。

2018.04.02

新入社員

何年かぶりに標準体重(BMIが22)まで減量達成(瞬時値だけど)。 ここから踊り場状態のはずで、リバウンドさんが手ぐすね引いてる。 逆にハンガーノックも怖いから食事にも細心の注意をば。

昨日のサイクリングで一気に体重が減った。ほとんど水分が抜けただけだと思っていたが、そうでもないのか。 自転車で花粉症対策のマスクを装着していると、こまめにボトルを取らなくなるから水分不足になりやすいかも。 とはいえハナミズ垂らしまくるのもなんだし困る。なんかソリューションはないものか。

本日入社の新卒さんから自己紹介的なメールが飛んできた。 新卒の新入社員としての心情をフレッシュな文言で情感豊かに綴っていて、 澄んだ風がすっと吹き抜けていったようなさわやかさ。 感心した、というよりびっくりだった。自分が同じ年齢の頃はどうやっても書けなかった文章。最近の人はちゃんとしてる。

入社1年目の教科書
入社1年目の教科書
posted with amazlet at 18.04.02
ダイヤモンド社 (2012-09-01)
売り上げランキング: 585

2018.04.01

壊れた距離感修復中

朝ラン6キロ。途中で筋トレ。 お使い行って道草食って桜の写真。 ただ、スマホでは花の写真が撮りにくい。フォーカスが思った場所にあたってくれない。あてもんみたいな撮影になる。

Dsc_1942

自転車乗って散髪行って須磨まで往復50キロ。 サクラがきれいな天満宮で「参拝者のみ駐車できるよ監視カメラで見てますよ」な立て看板に興ざめ。 まあ、いろいろ大変なんだろうな。

Dsc_1943

帰路、西宮から江井ヶ島を目指すサイクリストに声かけられて明石まで牽引。 西宮って遠いようで意外に近くて明石まで35キロほどだとか。 今の自分は50キロでひぃひぃいうてるが、往復70キロなら普通といえば普通の距離。

とはいえ、10年前に壊れていた自分の自転車の距離感が、最近普通の人のそれに戻りつつあるのを少し感じてはいるのだが。

Dsc_1973

サクラの名所はどこも混雑していた。 50キロ走って結局自宅近くの住吉神社へ戻りホッとした。

Dsc_1974

上を向くと右腕がしびれるので、花の撮影に非常に不便。 フィギュアスケーターの散髪屋のオヤジと「年取るのんややこしいなあ」と声を合わせて嘆いてみたけど、出来ないことに落胆するより、まずは出来ることを喜びたいな。

Dsc_1981

楽しんで生きよう。


« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント