« 雨男のシンクロニシティ | トップページ | 気温と風に体力消耗の実家ソロ »

2018.05.03

MZ-700フルJavaScriptエミュレータのアセンブラ増強と残念ながらの凡ミス修正(v0.9.22)

自作MZ-700用Z80アセンブラの疑似命令DEFB(データ定義)を増強しました。

  1. 従来1バイト分しか記述できなかったが複数要素を記述できるように。
  2. 引用符で囲まれた文字列はASCIIコードやMZ-700のディスプレイコードに変換します。
  3. EQU疑似命令で定義されたラベルを記述できるようにしました。

複数要素の記述は、カンマ区切りかスペース区切りで。

「文字列=>文字コード」の変換について、ASCIIコードへの変換はダブルコーテーションで囲む。 バッククオートならディスプレイコードに。 どちらもC言語的なエスケープシーケンスを使用可能。

という変更をコミットする寸前、現バージョンの画面でキー入力が受け付けられていないってBUG発見。 急いで修正してv0.2.21としてリリース完了(冷汗かいた)。

その後心を落ち着けてから上記アセンブラの増強をコミットしてプッシュしてv0.9.22をパブリッシュ。

キチンと確認せんと。プロなんだから。


« 雨男のシンクロニシティ | トップページ | 気温と風に体力消耗の実家ソロ »

MZ-700 / 1500」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/66680205

この記事へのトラックバック一覧です: MZ-700フルJavaScriptエミュレータのアセンブラ増強と残念ながらの凡ミス修正(v0.9.22):

« 雨男のシンクロニシティ | トップページ | 気温と風に体力消耗の実家ソロ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント