« 次の一手はどこでしょね?と考える | トップページ | ダークサイドでレジスタンスと標準化の夢を見る(だがしかし) »

2018.05.15

シリーズ いま 明かされる情報戦 ヒトラーの暗号を解読せよ (吹替版)

先日のイミテーションゲームとかぶっているが映画でなくてドキュメンタリー。

アラン・チューリングがエニグマを解読した後の話なのでしょうか。世界大戦以後の話っぽい。

実はENIACよりも先にコンピュータの原型を作り出していた技術者トミー・フラワーズと統計数学者ビル・タットにフォーカス。しかし、すべてが極秘の業務であるため世界的な業績としては認められてこなかった。

当時のブレッチリーパークは極秘任務に就く人でにぎわっていたが長い間地図には乗らない場所であったらしい。現在一部が補修・復元されているようですが、朽ち果てている様子も映像化されていました。

なんだか強烈に説得力のある映像だった。

« 次の一手はどこでしょね?と考える | トップページ | ダークサイドでレジスタンスと標準化の夢を見る(だがしかし) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/66723209

この記事へのトラックバック一覧です: シリーズ いま 明かされる情報戦 ヒトラーの暗号を解読せよ (吹替版) :

« 次の一手はどこでしょね?と考える | トップページ | ダークサイドでレジスタンスと標準化の夢を見る(だがしかし) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント