« 病む前に辞める | トップページ | 回復しないの休足下手かな »

2018.05.29

夢まぼろしの如くなり、滅せぬもののあるべきか

作家の津本陽(つもと・よう)さんが亡くなったと知り「何冊か読んだなあ」と押し入れをひっくり返すが、出てきたのは「覇王の夢」の文庫本だけだった。

Dsc_2713

どうやら「信長の棺」、「秀吉の伽」などの加藤廣(ひろし)さんと勘違いしていたみたい。 で、その加藤廣さんも今年の4月7日に亡くなっていた。 そういわれてみれば、当時ニュースで見たよな記憶もあるよな無いよな・・・短期記憶とか大丈夫かな?と心配に。

信長の辞世の句は「人間50年下天のうちをくらぶれば夢幻のごとくなり一度生を受け滅せぬもののあるべきか」とのことらしい。冒頭部分しか知らんかった。いやあ来年は自分も50歳だが変なフラグは立たないで欲しい。

そういえば、本能寺の変はちょうどこの時期だったのでは?いやあれは旧暦の6月初めだったかな?

とにかく、ご両名のご冥福をお祈りしつつ、この夏もう一度読み直そう。


「下天は夢か」は新しく出版されてるんですね。

下天は夢か 1 (集英社文庫)
津本 陽
集英社 (2014-07-18)
売り上げランキング: 4,859

信長の棺 上 (文春文庫)
文藝春秋 (2013-09-06)
売り上げランキング: 61,578


朝はやっぱり脚の筋肉に疲労感。 夕方になるとかなり回復したけど、十分休ませようとランもなし。 明日朝けっこう降るみたい。

« 病む前に辞める | トップページ | 回復しないの休足下手かな »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢まぼろしの如くなり、滅せぬもののあるべきか:

« 病む前に辞める | トップページ | 回復しないの休足下手かな »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント