« DOM要素に書いた計算式の結果を表示するJavaScript | トップページ | レーサー/光と影(ロランス・ルブーフ 2014年カナダ) »

2018.06.09

小さな変化に気付いて平凡な日常から脱出しよう

Dsc_2801

ひしめく流れになんとか乗って改札を出ると、ホワイトノイズみたいな喧騒が止む。 コンビニ前を通り過ぎて、人がすれ違える程度の細い路地へ入ると、今日の午後に感じた街の活気を思い出す。

「自分はなんと平坦な日々を過ごしているのだろう」という思いが、一瞬の白日夢のように差し込んできて、軽い衝撃。

ティッピング・ポイント―いかにして「小さな変化」が「大きな変化」を生み出すか
マルコム グラッドウェル
飛鳥新社
売り上げランキング: 166,118

10年分の経年劣化

Dsc_2789

梅雨の合間の良く晴れた土曜日。お昼前に自転車で遠くの最寄り駅まで約50分のサイクリング。10年前はもうちょっと早く着いていたと思う。時間だけじゃなく体力とモチベーションの消耗具合もひどかった。気温や風、交通状況の影響かもしれないが10年分の衰えを如実に語っているようで少し悲しくなった。

人それぞれの「普通」がある

信号で止まると5歳ぐらいの男の子に見つめられる。 レーパン・ジャージ・ヘルメット・くるっと曲がったドロップハンドル。 自分にとっては普通でも、この子の目には興味を引く対象なのだろう。 羨望なのか嘲笑なのかは分からないが、「にっ」と笑って挨拶すれば、「ぱっ」と笑顔になってコチラもうれしい。

未開の人、電車に乗る

電車に乗り換えて神戸まで。気が付けば2か月ぶりの電車であった。 どこの未開の地で暮らしているのかと苦笑した。

車内の会話や、地下街を行きかう人々の流れですら新鮮。 これが毎日のように繰り返されているのかと、現在の自分の日常との乖離に驚く。 ほんの数年前までは、なんら心を動かさずに同じ場所を歩いていたのにおかしなものだ。 自宅近くのショッピングモールだって似たものだけど、そもそもルーチンとしての必然性が無くて、自分の脳内マップには存在しないことになっている。

変化は連続して起こっている

2か月ぶりに会う人たちが口々に「痩せました?」「ちっちゃなってるやん(笑)」などと言う。 確かに体重を落としたが、見た目の変化は認識していない。 日常的に顔を合わせている人達からは、そんな指摘は受けてない。

実際に変化がないのではなく、変化に気付けていないだけ

Dsc_2792
海岸によくあるヤシですけど、年々伸びてるって認識してる?

帰路、遠くの最寄り駅で降りて駐輪場へ向かう途中、この半日の心の動きを反芻し「自分の日常は平坦だな」と落胆する。小さな変化は絶え間なく起こっているはずなのに、それを認識できていない。全てがルーチンになっていて、全てに対して意識的でなくなっているのだ。だから変化を楽しめない。日常生活に活気がない。

どうにかせねばな。

ぼくたちは習慣で、できている。
佐々木 典士
ワニブックス
売り上げランキング: 3,936

Dsc_2798

« DOM要素に書いた計算式の結果を表示するJavaScript | トップページ | レーサー/光と影(ロランス・ルブーフ 2014年カナダ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さな変化に気付いて平凡な日常から脱出しよう:

« DOM要素に書いた計算式の結果を表示するJavaScript | トップページ | レーサー/光と影(ロランス・ルブーフ 2014年カナダ) »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント