« ツールドフランス2018始まった #jspocycle 今年は第1ステージ無料視聴! | トップページ | ツール・ド・フランス第2ステージ・たられば編 »

2018.07.08

Pythonで人工生命(ALife)を実装し理論を学べるオライリー本(7月28日発売)

作って動かすALife ―実装を通した人工生命モデル理論入門
岡 瑞起 池上 高志 ドミニク・チェン 青木 竜太 丸山 典宏
オライリージャパン
売り上げランキング: 18,697

その昔(1998年ごろだと思う)、Tierra(ティエラ)っていうコンピュータで動く人工生命に興味を持って調べていたことがあった。

当時、シンプルな幾何学図形で表された人工生命が、進化を繰り返しながら繁栄したり衰退したりという様を観察できるスクリーンセーバーがあって、夜中にぼーっと眺めていたのだけど、そういったソフトウェアの技術的なことを調べていくと自然にティエラに行きついた。

ティエラは、仮想マシンの中でDNAの複製をシミュレートしているようなもの。 この仮想DNAは仮想マシンの命令コードを使って自己複製するように組まれたプログラムで、限られたメモリ空間内に存在する。生命はスレッドであり一度実行すると別のメモリ領域へプログラムを複製し、新たなスレッドを開始する。メモリ内の情報は一定の確率でランダムにビットを反転するようになっている。また複製時のコピーでも一定の確率でミスが発生する。これらは紫外線によるDNAの破壊や突然変異のシミュレーション。 ただし、ビジュアルに観察するのが難しくて、プログラムの入手が困難だったため、自分で動かしてみることはなかったが、その機構には感心した。

※ ちなみに、自分はこれまで20年間「ティアラ」と読んでいたので違和感がある。ティエラはスペイン語で地球という意味だそうだ。


てなことを、7月2528日発売(日付間違えてた)の「作って動かすALife ―実装を通した人工生命モデル理論入門」を知って思い出した。ティエラに触れられているかどうかも知らないが。 Pythonで実装するようだけど、あまり言語に依存していなければいいな。

2018-09-04 追記
当書籍を購入しました。注目度高かったみたいで、発売から約一か月後にやっとお届け。初版の第2刷でした。 ファーストインプレッションはこちらです→Pythonで「作って動かすALife」の1章読んで「人工生命」へのワクワク感が半端ないです

今のところ人工生命は実用的な何かというわけではないと思うが、将来的にはBotやAIと融合していくようにも思う。

なにより当時のティエラへの関心が、現在の知識や能力に、つながっているというのは確かなこと。 きっかけはどこにでも転がっていて、興味を持って関わってみれば、きっと何かの糧になるのだろう。

作って動かすALife ―実装を通した人工生命モデル理論入門
岡 瑞起 池上 高志 ドミニク・チェン 青木 竜太 丸山 典宏
オライリージャパン
売り上げランキング: 17,459

« ツールドフランス2018始まった #jspocycle 今年は第1ステージ無料視聴! | トップページ | ツール・ド・フランス第2ステージ・たられば編 »

プログラミング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ツールドフランス2018始まった #jspocycle 今年は第1ステージ無料視聴! | トップページ | ツール・ド・フランス第2ステージ・たられば編 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント