« 惑星観望 | トップページ | こわいこわい »

2018.08.07

まじ立秋の快適夜ラン

昼間の暑さからは考えられないが、19時過ぎに外に出れば、乾いた風が強く吹いており、本気で涼しいと感じましたな。立秋ですな。

今宵も惑星眺めるラン2.5キロ。 風、心地よく、ペースあげあげ。 ラスト300mは4分ペースまでビルドアップ。 もう楽しくって仕方がない。

惑星MAPS ~太陽系図絵~: もしも宇宙を旅したら もしも宇宙でくらせたら
宇宙兄さんズ
誠文堂新光社
売り上げランキング: 98,789

家を出ると、木星さんがこんばんわ。 Dsc_3387

左が土星で右が木星。 Dsc_3388

ラン完了後にやっと火星が(屋根の上) Dsc_3389

金星は西の低い位置だったのか、それとも既に沈んでいたか、確認できず。 海沿いからは見えるかもしれない。

アルタイル、アークトゥルス、アンタレス、全部きれいに見えていた。
Skyview63542
明日の20時の空(今日のほしぞら|国立天文台暦計算室より)


マネジメント層が外部のコンサルに教育されてて、その状況が従業員全員へ通知されてる。 これは「マネジメント層の職務遂行能力は、現時点では不完全」という宣言としか思えなくて、今や「お前ら全員金返せよ」としか考えられなくなってきた。そして、そういう声が他から上がらないのも不思議だと思っている。まあ、自分もそう公言はしていないから、みんな同じように思ってるのかな。

替わりがいないというけれど、まともに仕事(マネジメント)ができていないのなら全員一般社員に落としたって問題ないはず。それでやる気がなくなるならば辞めればよい。その程度の人は今の時代、行き場はないと思うけど(40以上の年寄しかいないし)。とにかく、考え方がチーズみたいに発酵しているヤヤコシイ奴から順に辞めてもらったほうが一般社員と会社の将来のためになる。

20年前にスピンアウトしたときも同じような状況だった。 社内の意思決定する層への不信感。 なにか突発的なきっかけがあれば、一気に堰を切るという状況。 能動的に動いたのは現社長と自分しか残っていないし、あとのはたまたま付いてきただけ。 前回は3000人規模だったが、今はやっとの50名。 ヘナチョコばっかでパワーが出ないかなあ。

自分的には、しばらく様子は見るけど脱出ルートは確保しておかねばという状況。 まずはLinkedInのステータスをちょっと変更しておいた(笑)。

« 惑星観望 | トップページ | こわいこわい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まじ立秋の快適夜ラン:

« 惑星観望 | トップページ | こわいこわい »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント