« Rei "LAZY LOSER" が脳内ループ | トップページ | 子離れしなきゃ »

2018.09.20

26インチでVブレーキ台座の付いたMTBフレームはどこいったの

朝は霧雨。夕方は直前までかなり降っていたけどピタリと止んだ。

Dsc_3898

スリックのMTBルック車で海沿いへ周る。

途中の階段は降りて押すが、下5段ほど残して踊り場があるのでそこから乗車。

激重ルック車の「なんちゃってサスペンション」が「ガッチャンガッチャン」鳴るけれど、なんとかいける。なんだか楽しい。

フラぺから足が浮くようでちょっと怖いが、逆にビンディングペダルで足をくっつけてると別の怖さもありそうで、まあそういうものだろうと。

しかし「フレームが軽いとどうなるだろう?」とか、妄想タイムだけでも楽しい。

というか、まじめにちゃんとしたMTBフレーム欲しいのだけど、最近のはVブレーキの台座が付いていないのですよね。

同僚さんが数年前に昨日のReiさんのライブに行って握手までしたきたと。まったく予備知識なく、たまたま見たが、あのギターには圧倒された。以来「わしが育てたおじさん」の心境だとか。このやろう。うらやましいな。ボクも彼女を育てたかった。

« Rei "LAZY LOSER" が脳内ループ | トップページ | 子離れしなきゃ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 26インチでVブレーキ台座の付いたMTBフレームはどこいったの:

« Rei "LAZY LOSER" が脳内ループ | トップページ | 子離れしなきゃ »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント