« 一旦飛んでったロケットが垂直着陸するのが普通な世の中に生きている | トップページ | 同窓会でちょっと反省 »

2018.10.12

これからの療育

朝、急激に冷え込んでいて驚いた。

Dsc_3972

療育施設等のご案内(と聞き取り調査?)で発達支援センターの方の来訪日。 自分は仕事で家内と次男が応対した。結構長時間に及んだらしく、晩御飯はチンするだけで(笑)。

明石市内、神戸市西区と最近いろんな施設が増えていて、パンフレットを見るだけでは、よくわからん。 料理や美術系のことができるところや、運動系、お勉強系など様々で。 なんでもやりますってなところもあって、大丈夫かねと。

この一か月インターネットで調べていたけど、あまり情報が無い。

親だけでも見学に行かせてもらってもよいのだろうな。

興味を持ったところはあった?と聞けば「家に居たい」と。まあそうやろな。

「好きなことをやっているのが一番」は簡単なんだけど、結局それは放置してるのと同じことで、成長の全責任を彼に負わせているようなもんで。彼自身もコンフォートゾーンから抜けられない。

将来の事を考えると、週いちでもいいから、何か興味の持てることに少しでもかかわらせてあげたいもので。 次男の事だから最初は少しめんどくさいと感じるだろうが方向性がマッチするなら「ハマる」はずなんだがな。

無理強いはしないけど、少し頑張って関わって、いろんなことを肌で感じてもらって、これから彼に訪れる未来の世界を拡げたいなと。

おそらく日常的で直接的な働きかけが必要なんやろな。 プレゼン能力あげなあかん。 家内とうまく連携しておかないと「もおアンタ、やいやい言いなや」と突っ込まれそうでコワイ。

もっと早く始めていればよかったとも思うけど、そうもいかない状況だったし。 それでも自宅でいろんな可能性を広げていたんだから、ネガティブに考えていても仕方がない。 これからのことをポジティブに。

自閉症児のための明るい療育相談室ー親と教師のための楽しいABA講座
奥田健次 小林重雄
学苑社
売り上げランキング: 201,038

|

« 一旦飛んでったロケットが垂直着陸するのが普通な世の中に生きている | トップページ | 同窓会でちょっと反省 »

発達障害・自閉症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94026/67269616

この記事へのトラックバック一覧です: これからの療育:

« 一旦飛んでったロケットが垂直着陸するのが普通な世の中に生きている | トップページ | 同窓会でちょっと反省 »