« 晩秋&小春日和の10キロラン | トップページ | 天使のはしご »

2018.12.03

感情こそが厄介なのだ

「憤懣やるかたない」と怒っている姿は周囲にストレスを与える。 その場でそれを鎮める方策はないと特に。

公然と注意したり罰を与えることを暗に要求されるばあいもある。 「懲らしめないと気が済まない!」
「こうなりゃ見せしめ、つるし上げてやればいいのに!」
と、なにか裁きを下すことを要求してくる。

瞬間瞬間に感情的になりやすく、ちょっと曲がった正義感のようなものを持っているけど、言葉や態度によるコミュニケーションが得意でなくて、その後のことを冷静に考えられない人たちは、そもそも彼らが罪人と認識している人が、公然と断罪しても結局は許してやらないひとたちだ。

「悪いこと」を「悪いこと」だと指摘するのは悪いことではないが、怒ってはイカン。

感情をぶちまけることでしか他人を動かせないってのは赤子と同じ。 かわいらしくもあるが悩ましい。

ドイツ電撃戦に学ぶ OODAループ「超」入門 (Panda Publishing)
パンダ・パブリッシング (2018-02-20)
売り上げランキング: 2,289

51yzr7qqqkl

« 晩秋&小春日和の10キロラン | トップページ | 天使のはしご »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感情こそが厄介なのだ:

« 晩秋&小春日和の10キロラン | トップページ | 天使のはしご »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント