« 隊長不漁 | トップページ | 二択 »

2019.01.28

頚椎症性神経根症の初期段階

腹を壊して上手く眠れず。肩の痛みもひどくて、お休み。

右腕の筋力低下が著しいので、さすがに外科に相談に。

首と肩周辺のレントゲン。自分のガイコツを見るのはなんとも不思議な感覚だった。

脊髄や延髄が入る脊柱は広いそうで問題無し。

しかし、第5頸椎と第6頸椎の間が狭く、ここで神経を圧迫しているのだろうということで、「頚椎症神経根症」の初期段階だということだった。大したことないので直りますよと。ホントかな。

CAVI(キャビィ)という検査で、動脈硬化の度合いを測った。血管の柔らかさ的に40代前半とのことだった。手足とも血流も正常範囲なので問題ないと。

レントゲンを5、6枚撮られたので請求額が気になったが、意外に安かった。 以前脚を怪我したときは諭吉が一枚飛んで行ったが。夏目漱石が4枚ほど。

クスリは基本的に痛み止めだが、リリカっていう神経痛の薬が処方された。ちょっと強い薬みたい。

« 隊長不漁 | トップページ | 二択 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頚椎症性神経根症の初期段階:

« 隊長不漁 | トップページ | 二択 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント