« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月の26件の記事

2019.01.31

30年後に見る「ブラック・レイン」

ブラック・レイン (字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 100,720
ブラックレインを久しぶりに見た。 >NYで起きた殺人事件の犯人佐藤を逮捕したニックとチャーリーは、大阪へ護送中に佐藤を取り逃がしてしまう…。高倉健、松田優作はじめ日本のスター出演が話題を集めたアクション巨編。(Amazon プライムビデオの紹介文より) 監督はリドリースコットさん。1979年「エイリアン」、1985年「ブレードランナー」と来て1989年「ブラック・レイン」。全体的に暗めのトーンで、エイリアンはちょっと違うかもだが、日本的アジア的風景をデフォルメしたような映像美。暗い雨のシーンが印象的な気がしていたけど「ブラック・レイン」ではほとんどなかった感じがする。 #### 見どころは ##### 主役級のバッチバチ 高倉健さんの内に秘めた強さがにじみ出ているような姿がカッコイイ。 松田優作さんの異様な眼光と若山富三郎さんとのバッチバチとか。なんかしびれた。 ##### 脇役陣も観て楽しい ガッツ石松さん、安岡力也さん、島木ジョージさん達が出てくると、ストーリーには無関係に「おっ!」と思ってしまうのは仕方が無いかな。 #### タイトルについて ブラック・レイン=黒い雨。第二次世界大戦とその後の日本の進んだ道に関して、少し言及され、物語全体を覆っているのは確かだけれど、その進行には直接的には作用しない。 なので、タイトルが「ブラック・レイン」であることには少し違和感がある。しかし、「何がいいのか?」と考えると適当なのが出てこないので、やっぱり「ブラック・レイン」でよかったのだろう。 #### 一方ツッコミどころも満載です 30年前の映画なので、今見ると日本の風景や風習に関してツッコミどころが満載ですね。 今回いちばん気になったのは、やくざの親分の背後に仏壇らしきものがあった点。 どう考えても神棚でしょうけど、世界からの日本文化に対する理解が随分進んだ現在でも、神道と仏教に関することは理解しづらいことかも知れない。天皇制はそれなりに有名だろうから、そっちから考えれば説明はしやすい気がするけど、それにしても話が長くなりすぎる。 この点、自分だって最初に見た時は気になっていなかった。この30年で日本文化に対する理解度が進んだのだと妙な実感。 #### 30年 既にキャストの多くが鬼籍に入られており、そうか30年とはそういう時間だったのかと。 ----
ブラック・レイン (字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 100,720
51qtsdzxugl

2019.01.29

二択

頚椎症性神経根症のお薬「リリカ」のせいでアタマがフラフラ。 副作用でめまいが出るとかメニエール持ちにとってはデッドロックに等しい薬品。 さらに意識消失の恐れがあるとか怖いことが書いてある。 用法は分1・夕食後。 昨夜18時に飲んでふらついて、本日15時以降に切れてきたのか、ふらつきはおさまった・・・が、肩が痛い。 これ、どっちをとるかという問題?

2019.01.28

頚椎症性神経根症の初期段階

腹を壊して上手く眠れず。肩の痛みもひどくて、お休み。 右腕の筋力低下が著しいので、さすがに外科に相談に。 首と肩周辺のレントゲン。自分のガイコツを見るのはなんとも不思議な感覚だった。 脊髄や延髄が入る脊柱は広いそうで問題無し。 しかし、第5頸椎と第6頸椎の間が狭く、ここで神経を圧迫しているのだろうということで、「頚椎症神経根症」の初期段階だということだった。大したことないので直りますよと。ホントかな。 CAVI(キャビィ)という検査で、動脈硬化の度合いを測った。血管の柔らかさ的に40代前半とのことだった。手足とも血流も正常範囲なので問題ないと。 レントゲンを5、6枚撮られたので請求額が気になったが、意外に安かった。 以前脚を怪我したときは諭吉が一枚飛んで行ったが。夏目漱石が4枚ほど。 クスリは基本的に痛み止めだが、リリカっていう神経痛の薬が処方された。ちょっと強い薬みたい。

2019.01.27

隊長不漁

肩の痛みが強くなりすぎていて気分が悪い。寒さによるものかな。 一日中、椅子にふんぞり返って(肩の痛みが軽減する)、Amazonプライム視聴。 NCISはシーズン6に突入。 午後から腹の調子が悪くなる。

2019.01.26

MZ-700フルJavaScriptエミュレータ v1.0.6 をリリース

昨年からリファクタリングしていた[Chromeで動くMZ-700のエミュレータ](https://takamin.github.io/mz700-js/emu)を更新した。 Xuybvpsn UIスレッド側の実装が、HTMLや、UIオブジェクトと密接に関連しすぎていて、もつれた毛糸の玉みたいになっていたので、なんとかほぐした。完全ではないが。 ↑このあとちょっとモバイル向けの調整入れて、v1.0.6 になっている。 #### リポジトリ * [npm mz700-js](https://www.npmjs.com/package/mz700-js) * [GitHub mz700-js](https://github.com/takamin/mz700-js) #### Webアプリ * [最新バージョンが動いております](https://takamin.github.io/mz700-js/emu) * [ずいぶん古いバージョンこちら](https://takamin.github.io/MZ-700/) - そのうち更新するつもりだが・・・ #### 今後の予定は未定です * さらにUIオブジェクトの相互依存を分離。 * まだ動かないMZTがあるので調査分析 * 選択と集中。 * 別サーバーでも簡単に動くようにしたい。例えばブックマークレットでも動くとか。 * MZ-1500エミュレーション機能。ま、ちょっとずつ。PSGとグラフィックかな。 * 脱jQuery。 というか、いきなりMZ-700の起動画面が表示されても知らない人はどうして良いのかわからないだろうし、きちんとした説明をしたいのだが、どこから手を付けるか思案中。

2019.01.24

PCは寝かして運べ?

朝から長男が騒いでいる。東京から宅配便で送ってきていたPCが起動しないと。 電源ボタンを押すとファンが回るがすぐに止まって、数秒後にまた回りはじめるがやっぱりすぐに止まる。これを延々繰り返している。 夕方帰宅後PCを開けてみたが、何が原因か全くわからん。 が、マザーボード上のコネクタ類の接続を確認し、おまじないのつもりで、メモリを外してから差しなおしたら、起動OK。 PCを縦に箱詰めしていたので、マザボ上のメモリも縦になっていたから、運搬時の振動で外れかけていたのだろうかな。 PCケースはマザボが底面になるように寝かせたほうが良いのだろうか?・・・。

2019.01.23

スッカラカンでバタバタ終了

長男東京最終日。朝のうちに粗大ごみ回収があり、ものの見事にスッカラカン。 午後に退去の立会いだけど、なんだかんだ文句が付いて、数万円の清掃代金を取られることになった。 ユニットバスの汚れはどうにもならなかったので仕方がない。 床が黒ずんでいたらしいが、気付かなかった。 床の黒ずみは元からの可能性もあるので後日請求が来るとか。 ヤッパリ財布がスッカラカンに。 夜8時ごろに長男帰宅。新大阪から新快速に乗ったらしい。 「のぞみ」に乗って新神戸で「ひかり」か「こだま」に乗り換えれば西明石まで最速だが、彼はいつも自由席に乗るため、選択肢にはなかったようだ。 やっとこの1月のバタバタが終了。ゆっくり寝れそう。おやすみなさい。

2019.01.22

それ誤りでしたと平謝りした

掃除機を長男の部屋から長女の部屋へ送ったのだが、箱を開けるとゴミが出てきたそうで、そういや掃除機の中のごみを捨てるの忘れていた。輸送中に漏れ出てきたのかな? 長女のPCを送付。しかし、余っていたルーター送ってやるのをすっかり忘れていた。 「すまん」というと「あれま、もらえるんやったのかい?もう買ったわいな」と。 まあ、問題なくてよかったが、掃除機については申し訳ない。

2019.01.21

がらんどう

ムスメさんの一人暮らし開始。 置いてったものもあるが、つい先日まで散らかりまくっていたのがウソみたいにがらんとした部屋。 ほこりが酷いが・・・ Dsc_4673 明後日には長男が帰ってきて使う予定なので、またエライことになるな。 とりあえず、長男の部屋から送ってきたダンボールなどを放り込む。 やっと自分の部屋が広くなった。 Dsc_4674

2019.01.20

引っ越し準備と東京初ラン

#### 作業予定 6時起床。本日中にPCを自宅へ送付してしまう。テレビも長女の部屋へ。ほとんどのゲーム機はすでに自宅へ送っている。よって本日以降、退去の日まではシンプル過ぎる暮らしになる。 だもんで、長男は昨夜3時まで起きてゲームなどやっていたようだ。3時間前じゃないか。 しかし、7時になっても起きてこないので、仕方なくランに出た。 #### はじめての東京ラン 白山から小石川植物園の南の入り口付近まで行って東京ドームまで下るルート。 4.2キロ40分。それなりの斜度の坂を上って下ってというのが楽しい感じ。 しばしば立ち止まって写真を撮っていたので、ランというよりほぼ散歩。 旧白山通りも白山通りも301なのね変なの Dsc_4605 門扉のさび具合が・・・。これ裏門なのかな。 Dsc_4609 道の向こうから文京区役所が現れる。ニョキニョキって言いたい Dsc_4617_1 パイルダーオン!したくなるね。 Dsc_4618 白いメロンパン改め東京ドームへ。 Dsc_4625 なにかまともじゃない気がするけど納得感もあるデザイン Dsc_4631 観覧車の構造も普通じゃないよね Dsc_4634 あとから考えると播磨坂まで行けばよかった。桜はないけど一度通ってみたかった。 それに小石川植物園も外周をぐるっと周ったほうが良かったな。 またの機会がしばらくなさそうなので残念。 #### リターン・トゥ・引っ越し 部屋に戻ったがまだ寝ている。することがほとんどないので、とどめの掃除などをちまちまと。 9時過ぎに日通の引っ越し単身パックのヒトから「いまから行きます」と連絡入り。 しばらく後にいらっしゃって冷蔵庫などもさっくり降ろして、10時前には疾風のように立ち去られた。 あとはPCばらして梱包して午後に集荷に来てもらうけど、それはもう長男さんにお任せする。 退去の立ち合いが水曜日だけどそれも長男ひとりで対応予定。 #### お父さんは明石へ帰る。 12時過ぎに東京駅着。 東京バナナとひよこ饅頭を買い付ける。東京バナナはいろんな場所で販売されているので、ご所望の品を見つけるのに難儀した。ひよこは販売店舗が分からなかったが、INFORMATIONのお姉さんに聞けば目と鼻の先(18番19番ホームへ上がる階段の横)。 あとは崎陽軒のシューマイ弁当買って14時前の新幹線で明石へ帰宅。 富士山が中途半端に見えましたな。 Dsc_4642

2019.01.19

東京引越しオリンピックとクロネコヤマト

朝から東京へ。11時過ぎに東京駅。人の流れに身を任せて丸ノ内線方面へ移動すると地上に出てしまったので、とりあえず東京駅の写真をば。 Dsc_4589 12時ごろに長男の部屋へ。先週来た時は唖然としたが、今回はきれいな部屋で悠々自適のシングルライフ・・・ていうかキミ寝てるんかい。 しばし休憩後、家電をパック。数日後から逆に一人暮らしを開始する長女の部屋へ期日指定で明日送付。 冷蔵庫と電子レンジは荷造り不要。他の細かいものは運搬時の破損を防ぐため段ボールに入れなくてはならないのだ。大半は先週完了。縦に長い掃除機だけが残っていた。 てことで、5年前にもお世話になった オリンピックに今回も・・・ Dsc_4590 そんな形のダンボールはないので、ちょっと難儀したけど、これにて完了。 掃除も先週終わっていたのだが、細かく見ると細かな汚れが残っている。 徐々にディテールアップする感じでピッカピカ。 夕方5時過ぎに銭湯「富士見湯」へ。ジェットバスを蹴っ飛ばす。銭湯の家に生まれたかったと3回言った。 明日は、長女の部屋へ家電を送付するのと、長男のPCのバラシと荷造り。昼ぐらいには東京を後にする予定。 布団がないので要らないプチプチで寝た。暖かかったぞ。

2019.01.18

高度成長期の夢

高度成長期の当時は経営者が無能でも儲かったんじゃないのかなと。 バブルがはじけてダメなところはすべて退出したんだろう。 でも、いまだに高度成長期の夢物語を追いかけている人がいそう。 経営者が「人手不足だ」「良いエンジニアが採用できない」としきりと言っているのだけれど、そんなのどこでも条件は同じじゃないか。 その共通の条件下で「目的を遂げるにはどうするのか」と考えるのがまともな経営者の感覚だろうなーとか。

格安!明石市公営のスポーツジム

胸郭出口症候群が再発中。背筋をしっかり鍛えないとヤバいのですが自重はちょっと難しい。 というタイミングで自治体公営のスポーツジムがあると聞き、明石市で検索してみると3つの施設があるようだ。 正式には「トレーニングルーム」と表記されていましたが。 それぞれ体育館やプールがあって特色があるけど、全てにトレーニングルームがあって、筋トレや有酸素運動などの設備が整っているようです。 しかも実質1時間あたり200円とかの格安で利用できます。 民間のジムと比べると設備や利便性に違いはあるでしょうがお安いのは正義です。 税金払ってるんだから利用しない手はないですね。 以下個人利用の料金を掲載。詳細は各ページで。 * [明石中央体育館](http://www.e-akashi.jp/facility/) - 1回500円(時間は無制限かも)。月会員2000円。 * [明石市勤労福祉会館](http://www.nem-shiteikanri.jp/shisetsu/akashi/kinrou/index.html) - 個人利用2時間400円 * [サンライフ明石](http://www.nem-shiteikanri.jp/shisetsu/akashi/sunlife/index.html) - 個人利用1時間200円 1月の子供たちの引っ越しバタバタが落ち着いたら、一度行ってみようかと思ってる。 明日も東京なので最短で来週になるけどね。 ---- 検索して表示されたのが以下の明石市のページなんですが、サンライフ明石へのリンクがなくて、明石市勤労福祉会館がリンク切れ。ちゃんとせなアカンやん>明石市(近々中核都市) * [体力づくりのためにトレーニングルームを利用したいのですが、市が設置しているトレーニングルームはありますか?/明石市](http://www.city.akashi.lg.jp/smartphone/tosei/kouen_ka/faq/shisetsu/koen-sports/006.html)

テレビ視聴者のリテラシー

ダウンタウンの松ちゃんの女性蔑視的発言が炎上してる。 自分にとっては、どうでもよいことなんだけど、思ったことがあるので書いておく。 あの発言が、看過できない女性蔑視発言だとは受け取っていない。 あれによって将来、誰かが何らかの具体的な被害を被ることになるとも思わない。 だから自分にとってはどうでもよいって感じなのだ。 既に炎上しているからこそ、そう思うってところもあるけど。 松ちゃんが影響力のある人だから問題視する人が多いのはわかる。 でも犯罪や差別を薦める悪質なものとは思えない。 少なくとも松ちゃんが差別主義者であるとは思わない。 古い感覚の人が場を沸かそうとしてきわどいことを言っちゃったって感じだろうか。 しかも聴衆や視聴者ではなく同じ出演者の指原さんに対する発言。しかもボケだ。 あの番組では指原さんとのあいだで似たようなやり取りが毎回ある。 ----- 現代の高齢者は、差別問題に疎い人が多いと思う。 自分の親の世代もそう。明らかに間違った認識で自由にしゃべるものだからヒヤヒヤする。 といって公の場で話すこともないので、いちいちツッコまずに無視している。 子供たちの前でやられるとまずいからそういう時は注意したけど。 だからといって彼らが差別主義者だとは断言できない。 そういう時代を幸せに過ごし、その問題にたいして深く考えることもなかった人たちだ。 他人に影響する間違いはきちんと正すべきだけど、たいして影響しないものは捨ておいても差し支えなかろうというのが自分の考え。 少なくとも感情的に「許せない!」とひどい言葉を浴びせかけるのは、慎むべきだと思っている。 ここぞとばかりに他人の風潮に同調するのも。 ---- 繰り返すが松ちゃんの発言は指原さんに対してなされている。 聴衆に向けて一般的な解決法として示したものではない。 あれは「舞台上でのセリフ」と捉えるのが、テレビなどを見て楽しむ人としての冷静な判断、リテラシーというものではないだろうかと思うんだよね。

こんなSlackはイヤだ

最近Slack導入した企業で、 #random の扱いに困ってる人いない? 活発な意見交換を目指しているのは分かるが、#random にどうでもいいことが溢れていても、本来あるべき姿へ近づかない。 「活発」なという表面的なことは実現できても、「有用な情報が含まれていないと意味がない」ぐらいのことには気付くべきだとおもうのね。 というか #random じゃなくて #general を充実させるべきだと思うんだわ。

白黒つけなきゃ気が済まないのが一番怖い

昨年末からのレーダー照射問題。素人目で報道を見る限り、韓国との軍事的ストレスが高まっているようでちょっと心配。今や互いに仮想敵国的な位置づけになってない?とかちょっと怖い。 米国中心の同盟関係は名なることはないと思うが、あくまでもそれはアメリカファーストの傘の下でのお話で。 日韓のいがみ合いはアメリカにとっては確かに困った事態。 だから何らかの動きはあるかもしれないけれど、少なくとも現在のアメリカは無闇に他人の喧嘩に本気で割って入る気はなさそうだし。とりあえず喧嘩しててもいいけど、アメリカのためには役目を果たせと言う感じ。 今のところ日韓の当事者同士で根本的解決はできなさそう。 こういう時は、問題は宙に浮かせたまま、平行線のまま、緊張感だけは保って、どこまでも進んでいかざるを得ないのではないだろうかと。 結局は、それが国境を接する独立国同士の関わり合いの姿なのかな?とか。 問題はあるけど互いに文句は言わないことにしていると。 ただ、こういった曖昧な態度は、昨今の「白黒つけないと気が済まない」という日本の空気にはマッチしないとおもうのね。 だから心配。

ニュース

こんなこと書いちゃいけないのかもってことを書く。 毎年1月17日周辺数日の神戸新聞には、ほとんどが震災関係の記事でツライ。 自分にとってはほとんど「ニュース」になっていないし。 あの大災害だし、忘れてはならないと思っているのだが、それは「いつ何があるかわからない」、「自然に抗うことはできない」といった忘れがちな事実と「備えを万全にして、今をポジティブに生きるべき」といった最終的に得た大げさに言えば生きる姿勢のようなことだと思っている。 懇意にしていた人の死は忘れようとしても忘れられないものだと思う。一方、忘れる権利だって持っているはず。 小さな子供を亡くされた方が25年後にも「あの時に戻って助けたい」というはお気持ちは本当によくわかるのだけど。 辛いことを思い出して再び辛い気分に沈みたくない。 自分も被災者。知り合いが一人亡くなっている。 朝刊広げて「読むとこ無いわー」と愚痴りながら、楽しそうにお話になるあの人の笑顔を思い出した。 自分にとっては、それぐらいがよい気がしている。。 ---- 朝刊の隅っこに、「土星の輪は本体よりも後、ここ1億年ぐらいで形成されており、あと1億年で消えてしまう可能性」ってな記事があった。 こういうのを読みたい。驚きたい。ニュースだもの。

2019.01.17

渡り鳥ではないらしい

阪神淡路大震災の日だが粛々と過ごす。 ムスメさんが来週一人暮らしを始めるので、昨夜からお部屋の片づけなどが始まり、朝まで影響してバタバタする。 最近ため池にシラサギが多い。渡りの準備でもしているのかと思っていたが、渡りどりではないらしい。 夏場はシラサギを見かけない気がするのだが、どこにいるんだろう。住吉神社の木の上に巣を作っているのはシラサギだったかな。 アオサギは一年中見かける気がする。

2019.01.14

「宙に浮く粗大ごみ!」からの「再び出会うクロネコヤマトとダンボール」

世間的には成人の日だが、こちとら引っ越し準備の最終日。 文京区1丁目の月曜日は、燃えるゴミの日。 この連休の掃除の成果としてゴミ袋を4つほど排出。 どんどん部屋が広くなる。小さくとも連続する達成感ってのは気持ちいい。精神衛生上好ましい。 粗大ごみの回収依頼。 購入すべきチケット代は5千円ぐらいかなと自治体の粗大ごみ関係のWEBページを見ていたら、なんだ祝日でも回収依頼を受け付けているのかと知る。 インターネットでも受け付けているが、こういう時はやっぱり電話のほうが話が早いと即電話。 すると・・・ 「1月の回収は埋まっていて退去日までには回収できません」判明。 文京区の粗大ごみの回収が月曜と木曜だけというのもこのとき初めて知った。どうするよ。 担当者は申し訳なさそうに「民間業者に依頼してください」とのことで、どうしようもありませんな。 仕方がないので大慌て。民間の粗大ごみ回収業者を検索し、即日回収してもらえるところに見積依頼。 正午以降午後3時までの間に見積もりにいらっしゃるとの事。 昼には明石へ帰る予定だったが待つよりない。 自宅へ送る荷物が一つ残っているし、同時期に長女が一人暮らしを始めるので、家電をそちらへ送るための準備も必要。あと長男の使っていたPCは退去日直前に自宅へ送るので、その準備もしておこう。 というわけで、段ボールと緩衝材をオリンピックで購入して荷造りなどする。 なんとも3日連続でクロネコヤマトのお世話になるのだネコだらけ。 そして午後2時粗大ごみ回収業者さんが見積もりの為来訪。結果見積価格は、想定していた自治体の回収チケット代金の10倍ほどと判明。しかし時間がないので依頼するより道はない。 「よろしくお願いします」と回答すると、軽々さっさとすべて運んでくれて、なんというのかホッとするのと呆気にとられて脱力感。 期せずして粗大ごみがすべて片付き、さらに部屋が広くなった。 部屋の中には不燃物とか資源ごみとかちょいちょい残るが印象的には財布と同じくスッカラカンだ。 てなところで午後2時半にお役御免。それでは父さん帰りますと長男の部屋を後にする。 東京駅15時50分発の新幹線で明石まで。 東京駅のホームでシュウマイ&チャーハン弁当&ビア2本とともに3列シートの通路側へ。 後ろの席には元気そうな若い女性3人組がにぎやかに軽やかに。 自分の隣の窓側二席は東京駅では空いていたけど、新横浜で若い女性二人が乗り込んだ。 まだ時間的にも早かった(16時半ごろか)し、若い女性に囲まれた50のおっさん一人がおもむろに駅弁取り出してウマウマと食い始めて飲み始めるのが、どれほど破廉恥な行為なのか図りかねて躊躇した。 とはいえ自宅に持ち帰って食べるのもアホっぽい。京都まで行ってしまうと時機を逸する。名古屋~京都の30分ほどが適切かも。ということで、名古屋を出た直後に気合を入れて、あたかもここで食べる予定でしたーという雰囲気で、えいやと食す。ウマウマでしたな。すると隣の女性も「お弁当たべよっかな♪」みたいな感じになってて、サンドイッチなど取り出してつまみ始めた。おお、仮に先を越されていれば、コチラはさらにタイミングを失っていたはずなのでホッとした。 7時過ぎに最寄りの駅へ到着。駅から自宅への道すがら、クロネコヤマトの車を見かけてなんとも言えない気分になった。 午後8時ごろに自宅着。 で、その自宅には、この数日で東京の長男の部屋から送り出した段ボールが山のように積みあがってる。 当然だけど想定外・・・。 さっき別れてもう再会・・・。 またしても寝る場所を確保せなアカンので、段ボール抱えてウロウロしながら夜が更ける。明日仕事やで・・・。 消灯・・・zZZ

2019.01.13

終わりそうで終わらないのは長男さんのお引越し

あさイチ、台所の掃除を長男に任せる。自分は難敵ユニットバスにとどめを刺す。 10時のオリンピックの開店時間にジャストで早速段ボール箱と緩衝材がを追加購入。120サイズを5つほど。 残っている書籍、衣類などを放り込む。お昼を挟んで、なんとかユニットバスはほぼ新品の状態に。 クロネコヤマトに連日の集荷依頼。そのあいだに、さらなる難敵と思われていたシングルベッドの解体作業にとりかかる。意外に簡単。ベッドの板材は粗大ごみとして回収してもらう算段。 自治体では180㎝以上の長さの粗大ごみは回収してもらえないらしいので、明らかに長い3本ほどを長男に切断してもらう。念のために持ってきたのこぎりGJ。 切断最中にクロネコさんが集荷に来訪。 5枚の送り状を必死でやっつけて送付完了。 この時点で部屋の中が片付いた感が増大。床のふき掃除も可能になった。 とりあえず銭湯行って、お持ち帰り専用のお弁当屋さんで晩ご飯購入。 あとの大物は粗大ごみのチケット購入と回収依頼。区役所に相談して進めるつもりなので、自分がやれる引っ越し準備はほぼ終了・・・・と思われたのだが・・・。 次回、衝撃の展開ががが!

2019.01.12

5年分のオカタズケ、予想を超える惨状だったよオッカサン

6時20分、東京駅八重洲口鍛冶橋駐車場に到着。とはいえ八重洲口までめちゃ遠い。中央口へ抜けるルートに迷いながらなんとか丸ノ内線で後楽園駅へ。 後楽園駅から長男の部屋まで徒歩20分?都会の人はバスに乗るんだろうな。 途中赤信号で遠回り。5年ぶりにこんにゃくえんまに参拝。周囲の雰囲気が変わっていて、のちに聞いたら周辺の店舗が立ち退きになって再開発されたと聞いた。 腹が減っては戦ができぬ。コンビニ寄って朝飯調達。 8時前に長男の部屋へ。男の一人暮らし5年分。ドアを開けた瞬間に、予想を超えた惨状に唖然とす。 長男は平然としているが、正気かこいつは(笑)。 座る場所を確保してからサンドイッチなど喰いながら状況分析。これはかなりな強敵だ。 5年前にもお世話になった、この世のものなら何でも置いてるオリンピックの開店まで2時間ある。 とりあえずは手持ちの武器で、一番手強いと見定めたユニットバスを小一時間で、あと一息のところまでやっつける。 長男には廃棄するものと自宅へ送付する荷物をまとめるように指示。 捨てるものコチラ、送るものはコチラと分けてくれと。 そのうえで段ボールなど必要な資材の分量を見積もりましょうと。 10時になったのでオリンピックへ乗り込んで、必要になりそうなものを買ってくる。 そして近くのクロネコヤマトさんの配送センターで段ボールを仕入れてきた。 三辺合計120㎝の段ボール3個と140cmを2個。 まだ必要だけど在庫の関係で入手困難だったので。 廃棄するものと自宅へ送るものの分量が、事前に聞いていたのと完全に逆転していた。 というかほとんど自宅に送るつもりのようで・・・ セブイレお弁当の昼飯挟んで書籍、衣類、ゲーム機などを全ての段ボールへ詰め込んで、夕方に送付完了。しかし荷物はまだまだある。 二人で銭湯へ。ひとり460円。男湯が向かって左だったが、神戸でよく言っていた時は常に右だった。地域性ってあるのか?エスカレーターみたいやな。 夕食は王将の出前を取った。

2019.01.11

ロキソニンと深夜バスで明日は東京

朝、「踏切の音が変わっていた」と次男。何がどう変わっているのか全く不明だが、彼が自発的に何か教えてくれること自体がとてもうれしい。 ため池周辺。シラサギやアオサギがたくさん舞っていた。 真っ黒でクチバシだけ黄色い鳥が2羽、ため池の土手を歩いていた。 全然人間を怖がらない。無視しているようで少し不気味だ。 長男の引っ越し片付けお手伝いのため、深夜バスで東京へ。 三宮を22時15分発、明朝6時過ぎに東京着。 年末から続く肩の痛みが気になるので、ロキソニン購入して晩飯食ってNCISをAmazon Primeで見てからいざ三宮へ。

2019.01.08

戦々恐々GitHub vs BitBucket

[GitHubの無料ユーザーでもプライベートリポジトリが使えるようになった](http://eigo-no-jikan.hatenablog.com/entry/2019/01/06/github-now-gives-free-users-unlimited-private-repositories/)ようで。早朝いきなり本年最初の英文記事翻訳作業にかかる。 * [GitHubが無料ユーザーに無制限のプライベートリポジトリを与える|ニュースな英語のホンヤクコンニャク](http://eigo-no-jikan.hatenablog.com/entry/2019/01/06/github-now-gives-free-users-unlimited-private-repositories/) 記事でも触れてあるが、BitBucket への影響が気になる。 BitBucketは無料アカウントでプライベートリポジトリを作れるという、GitHubとは逆のアプローチをとっているサービス。 BitBucketのプライベートリポジトリは5人と共有できるので、GitHubの3名よりは多いのだけど、自分に限れば「中途半端なもの置き場」になっていて、公開できるものはGitHubへPushするという使い方になっている。 てなことで、今後BitBucketをどうしようかなというところ。 ---- GitHubとBitBucketは、ユーザー側からすれば上手く住み分けができていたがマイクロソフトがバランスを崩しにかかってきてる感じで怖いというか優しくないな。 GitHub Projectが個人的なタスク管理としてはいまいちモヤっとしていたので、今のところはTrelloが良いなと思っているが、そのうちこれもひっくり返るかもしれないな。 戦々恐々。

2019.01.07

解約ページの闇仕様

長男の部屋のガスと電気と水道の解約を申し込んだ。 全部インターネットで申し込めるのはホントに便利。 自治体管理の水道に関しては、WEBサイトのユーザービリティが比較的悪かった。 逆に民間企業の解約申し込みのページでは「ホントに解約するの(涙目)」的な表現が随所に見られて香ばしい。 ただ、インターネットプロバイダーの「ソ○トバ○ク光」の解約ページは、しつこすぎる。 ウィザード形式になっているんだけど、いちいち解約しなくていいかもよ」みたいな文面が出てきて、「次へ進む」ボタンを見つけにくいデザイン。そうとうネットや企業に対して疑心暗鬼になっていないと、たどり着けない構造になっている。 知ってて契約してるから文句を言うつもりはないけれど、2年縛りとか違約金とか本気の本気で意味不明。 そして4回ぐらい「次へ」を押して最後まで到達すると「解約は以下の電話番号で受け付けています」ってコラ(笑)

2019.01.06

粗大ごみ

東京の長男の退去日を数日ずらした。 退去の当日早朝に、最後の粗大ごみを出してから退去の立会いという予定だったが、その日は粗大ごみの回収ができない曜日だったので。 翌日に回収してもらうことにして、その前日から出しておくことも考えたが、インターネッツにご意見伺うと「それってもちろんマナー違反です。いい大人なんだから他人の迷惑を考えなさいよバカチンが」というもんだったので。 自宅では前日朝からタンスとか運び出してる人がいるんだけどね。

2019.01.04

あけましておめでとうございました

Dsc_4536 #### リファクタリングの年末年始 昨年末は、[MZ-700フルJavaScriptエミュレータ](https://takamin.github.io/mz700-js/emu)のリファクタリングにいそしんで・・・ 年始も[MZ-700フルJavaScriptエミュレータ](https://takamin.github.io/mz700-js/emu)のリファクタリングにいそしんだ。 そして大方の予想を裏切って、いまだにデプロイできていない(泣) というのも、このWebアプリ版エミュレータでは[WebWorkerを手軽に使う npm TransWorker](https://takamints.hatenablog.jp/entry/transworker-v1.1.0-released) を使用しているが、自分で作っておいてその使い方がカオスになってるという始末。手抜き改築増築の繰り返しでこうなってしまったのだが、これをどうにかしなくては、どうにもならないというナニガドーナッテイルノカワカラナイ状態。 スッキリさせれば、ブログやWebページで簡単にMZ-700を動かせるようになるはずで、かねてからのMZ-1500のエミューレーションにも手を付けられるという算段。 ま、もちょっと手を入れるので、気長に。 #### 飲酒計画 新年早々辛気臭くてゴメンナサイだが、今年はちょっと本気でお酒を控えようかと思っている。 リファクタリングが遅々として進まないのも、つい飲んじゃうっていうおっさんの甘さに起因していると本気で思っている。 昨今酒で人生を棒に振る人がたくさんいるし、自分でも「そないに飲まんでもええやろ?」と常々思っているのだが、辞められない。情けない。 #### 五十肩 そして昨年末から肩が痛くて治らないのだが、これの遠因も酒ではないかと・・・。 あごを上げ、首を後ろへ逸らせると、右の首筋から肩甲骨あたりにスジを違えたようなヤな痛み。 元々姿勢が悪く、体が硬いところに加齢で筋肉が硬くなってる。そこへ飲酒による脱水が拍車をかけて、余計にひどくなってるのかも?とか思っているのだ。 #### ということで 本年もよろしくお願いします。 あ、自転車ももうちょっと乗りたいな。ランニングもね。

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント