« 30年後に見る「ブラック・レイン」 | トップページ | 太巻き3本、節分ボケ »

2019.02.01

販売学習

Dsc_4726

次男の学校の授業参観。販売学習の日でした。 普段制作している工芸品や農作物を、親や生徒・児童に販売するのだ。 イベント的だが、お客さんとのやり取りやお金の扱いなどを学ぶ社会科的な授業かな。

普段は自転車押してバス停まで送っていき、そのあと出勤するのだが、仕事を休んでいるので普段着で身ひとつ。 当たり前のように気付かれて、やっぱり「お父さん、来てはいけない」と言うけれど、そういうわけにもいかないのだよ。ウソをつくのも嫌なので、次男のところには行かないと伝えたが、疑心暗鬼な視線を浴びる。

朝7時半、天気予報では2℃ぐらいだったが、体感的には氷点下。 山陽電車の踏切には霜が降りていてわかっていても滑るほど。 アスファルトの端が凍てついていて、昨夜の雨が残した水たまりが凍っているところもあった。

8時になったら次男は「じゃ(帰りなさい)」とぶっきらぼう。 バスを待たずに自宅に戻る。途中で同学年のお友達と会ったので挨拶してハイタッチ。 うちの子は3人とも、家の外ではとにかく家族にそっけない。 ジブンもそうだったかなあと考えてみるが覚えていない。 というか10代で親とあまり一緒になることが無かったから、普通の事なんだろうか。

で、販売学習が行われている体育館へ。 ぐるっと回っている最中、かなり近くで次男に見つけられ「約束したのにー」と騒がれた。法被来て額にお面をつけて、マスクもしていたので気付かなかった。なだめて立ち去る。もう二度と近づけない。 次男は先生と二人で、ペーパーウェイトを販売していた。 ニコニコと話しをしながら仕事をこなしているようだった。

元気に走り回って大きな声で宣伝してる子もいた。 おそらく学校の人気者だろう。

同じバス停の方とたまたま会ったのであいさつすると「おにいちゃん(次男)に『〇〇さん、ペーパーウェイトどうですか?』と声をかけられましたよ」と聞いてビックリしながらひと安心。

購入したのは、お面を4つとカレンダー。お面つくりでは何度も投票で一位に選ばれているそうなので、次男が作ったのかもしれないと思って買い過ぎた。カレンダーはちぎり絵でヨッシーが上手に描けていたので。

Dsc_4739

その後は体育館の端から次男の姿を見ながら過ごす。 終了間際、朝ハイタッチした子から、また声をかけられた。うれしいもんだわ。

« 30年後に見る「ブラック・レイン」 | トップページ | 太巻き3本、節分ボケ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 販売学習:

« 30年後に見る「ブラック・レイン」 | トップページ | 太巻き3本、節分ボケ »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント