« キレイに消える魔法はないか | トップページ | 感覚的判断は間違っているかも知れない »

2019.02.27

「蒙古タンメン中本 北極ブラック」食べました

先週は陳列棚で予告されていました、7プレミアム「蒙古タンメン中本 北極ブラック」が並んでいたので早速購入。

セブンイレブン、日清、蒙古タンメン中本の共同開発。
Dsc_4937

税別198円。Amazonでは12個4000円とかかなり割高で出ています。3個で1500円近くとか。あれ、なんなんでしょうね。どうぞお近くのセブンイレブンで手に入れてくださいな。


魔法のラーメン発明物語 私の履歴書
日本経済新聞出版社 (2018-09-07)
売り上げランキング: 5,328


サブタイトル?は「黒い激辛味噌」 。「焦がしにんにくオイル」がついています。 Dsc_4934

黒やら金色、赤、黄色。かなり強そうです。いたるところに「辛い」と警告。
Dsc_4935

ふたを開けたら真っ黒ですやん。 Dsc_4939

熱量520cal。ビッグサイズですので標準的かな。 しかしこいつはスポーツですぜ。 Dsc_4943

出来上がり。フタの裏はこんな感じ。雰囲気わかりますけど小さい文字は読み取れない。 Dsc_4945

さあ召し上がれ。って、ちょっと怖いよ。 Dsc_4944

オイルを入れてかき混ぜて・・・ Dsc_4947

ひと口食べて「あまり辛くない?」とか思いました。いや、そりゃ辛いですけどね。 以前、辛さではこの「北極ブラック」より1ランク下といわれている無印?の「蒙古タンメン中本」のときは、ひと口目で「ヤバい!」となって、一時的に耳が聞こえにくくなったんですよ。

しかし「北極ブラック」のひと口目は、そこまで酷い体験ではありませんでした。 辛さには慣れるって聞くからそういうことかも。

当然、後からガンガン辛くなります。 火の玉を口の中に放り込まれている感じ。舌もノドも胃もビックリ。

と、以前の体験で学習したから今回牛乳をスタンバイ(笑)。

辛さがMAX危険になりかけたらチョット飲んでは中和して・・・と。

効果があったかどうかは分からないけど、割合スムーズに完食しました(邪道とか言わないで)。

« キレイに消える魔法はないか | トップページ | 感覚的判断は間違っているかも知れない »

ジャンクフード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「蒙古タンメン中本 北極ブラック」食べました:

« キレイに消える魔法はないか | トップページ | 感覚的判断は間違っているかも知れない »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント