« 曇りのち晴れ春一番 | トップページ | なんでまたピエール »

2019.03.12

正しく家飲み・ひとり飲み、じぶんルールを制定してみた

Animal_yopparai_kuma

一旦飲み始めたら判断能力がバカになるから、禁酒じゃないけど惰性で際限なく飲んじゃうのを避けるため、以下のような自分ルールを制定しました。

禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)
アレン・カー
ロングセラーズ
売り上げランキング: 759

1日量を設定

「発泡酒500缶1日1本相当のアルコールはあり」とする。14度の日本酒なら1合ぐらい。ワインなら大体グラス一杯。

ただし、酒は家に置かず、飲む分をその都度、隣の酒屋の自販機で買う(まとめ買いはご法度)。

自販機では23時までしか買えないし、コンビニ行くとついつい2本とおつまみ買っちゃう。

なので基本的にはビールや発泡酒、チューハイしか飲まない感じ。

クリエイティブなアクティビティで飲み始めを遅くする

なにかクリエイティブなことをやっている時は飲まず、何にもすることがなくなって、あとは寝るだけ、映画見るだけ、本を読むだけぐらいになってから飲む。

といって、早い時間から何もすることがないからって飲み始めない。 我慢するのではなく、なるべくクリエイティブに何かを楽しみながら過ごす。筋トレやランニングもあり。

正常な判断能力を維持している時間を長くとるのは、意外に効果ありだと思う。

あとはダラダラ惰性で起きておかない。もう11時になったら寝ろ。

水や水や水もってこい

なにかやってて「なんかちょっくら飲みたいねえ」なんて長屋の八っつぁんみたいな気分になったら、有無を言わさず水をがぶ飲みするのだベイベー。

酒にチェイサー大切です。飲もうとする酒と同量の水を真横にスタンバイ。少なくとも同量の水を必ず摂って、飲み終わったらさらに倍とか。

てな感じで、まだ3日目だけど…

慣れてきたら350缶にするつもりだが、基本的に上のルール、特に水分摂取をキチンと運用してると、そのうち「酒は飲む必要が無いものだ」と思い始めるかもしれないと思っている。それはそれで喜ばしい。

« 曇りのち晴れ春一番 | トップページ | なんでまたピエール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正しく家飲み・ひとり飲み、じぶんルールを制定してみた:

« 曇りのち晴れ春一番 | トップページ | なんでまたピエール »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント