« 腰で歩いた一週間 | トップページ | 天気が回復する頃やって来る »

2020.09.27

「人は突発死を選ぶ」と気づいた夏を生き延びたのに

Omoi_man_sekinin

竹内結子さん

朝9時に散髪にいくと店主から、「竹内結子さんがなくなったらしいよ。自殺らしい・・・」と聞いた。店主も他のお客さんから聞いただけで、その時点では仕事中だしホントかどうか分からなかったのだが、散髪終わって検索すれば事実と判明。

明るく元気なイメージがあった方なので驚いた。産後うつでは?と言われているみたいだけどよくわからない。ただ、テレビなどの情報からは、予測し得ない「突然の死」という認識は共通しているようだ。

芸能界のことはよくわからないが、このところ多いと思っている。自殺の原因は様々だろうが、自分はこの夏、自殺に関して気づいたことがある。「ヒトは突然思いついたように自死を選んでしまう可能性がある」と実感したので。

我が身のこと

先が見えない状況で数週間休みなく働き、睡眠不足と徐々に溜まったストレスをギリギリ抱えているが、なにか予定外のことがあると、限界を超えてしまうかも?という予感に更に追い詰められる。

深夜一人のオフィスにて

そんな状況の中、深夜、誰もいなくなったオフィスの窓から、遥か下を覗き込んだらゾッとした。「ここから落ちたら死ぬだろうな」と思った直後、更に恐ろしくなった。単にその高さに対する恐怖感ではなく、その時の自分の置かれている立場と重ね合わせて、「今ここから飛び降りたなら、あるいはそれは楽なのかも?」と思ってしまった。それで許されるかどうかなんてのは考えの中になく、「その状況から逃れられるな」という気持ちが脳内に充満した。その後、我にかえり「悩みを抱えて追い詰められている(と感じている)と、この状況で、突然飛び降りてしまう人がいるはずだ」という確信を得た。

システムによる対応が必要

ストレスフルな状況では、思考の幅が狭まって、認知も歪む。そのため判断基準がおかしくなっている。だから、自覚しているかどうかに関わらず、精神的な状況も含めて、近しい人には自動的にシェアしておけるようなシステム、仕組みが、会社や家庭や地域社会など、適度な粒度に必要だと思う。

具体的な対策

シェア

ストレスを感じている状況では、やはり誰かに伝えるべきだと思う。自分も家で仕事の話は全くしないのだが、せめて「今大変」とか「楽しくやってる」とかのレベルでも共有できるようにしておきたい。冷静に考えれば、自分が突然死を選んだなら、大きな迷惑をかけることは明らかなのだから。

お酒

山口元メンバーのこともあるが、お酒が入ると判断基準がいきなりおかしくなるのは確か(だから飲みすぎたりする)。突然の死を選ぶ人の何割かは酒による影響もあるのではないか。なので、なるべくならお酒は飲まない、あるいは楽しいお酒だけ飲むようにせねばと。

そして、他人に対する言動に気をつける。棘のある言葉や表現を慎む。感情をあらわにしてはいけない。シニカルな物言いは慎むべき。それによって、相手がどのような精神状態に陥るのか予想できないからだ。非常に危険。

 

« 腰で歩いた一週間 | トップページ | 天気が回復する頃やって来る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 腰で歩いた一週間 | トップページ | 天気が回復する頃やって来る »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント