カテゴリー「仕事」の50件の記事

2018.11.30

嘆くべからず嘆きは救うべきだろう

めっちゃ寒い朝。天気予報で最高気温は昨日と同じと聞いていたが、最低気温は低かったのかな。

Dsc_4378

毎朝次男と空を見る。通学バスのバス停までの1.5㎞を自転車押して。 幹線道路の歩道を歩き、雲や鳥、街路樹、地面に落ちてる葉っぱも見る。 後ろを歩いている次男が同じものに注目しているかどうかは知らない。 でも、自分が見つけたものは教えてあげる。 反応はあったりなかったりするけれど、それでいい。伝え方もうまくないし。 遺伝子の一部を共有しているからといって、人として同一個体ではないのだから、同じものに感動したり同じ考えを持つわけではないのだから。


ところで、いつでも嘆いているひとがいる。

「どうして自分は恵まれない?」、「上手くいかない?」とか、他人に対して、「どうしてあの人はああなんだろう?」とか。ジブンはあまり嘆かない性分だと思っているがどうだろう。

「嘆き」は代償行為なのだろう。 モヤモヤした気持ちが少し和らぐのかもしれないが、問題を解決することはない。

「嘆き」は問題提起でもあるのだろう。 ある問題を解決したいが解決できない。 そんな状況で「なんとかしてよ」と助けを求めているのかもしれない。 嘆く人を正直「じゃまくせーなー」と思っていたが、よくよく考え気が付いた。

「嘆き」は問題を解決しないのも確かだろう。 多くの人から敬われる人たちが嘆いている姿は見たことが無い。 家に帰ればサメザメと泣いているのかもしれないけれど。

嘆いている下位の者(若輩、部下)がいるならば、それを解決すべく、全力を尽くすべきなんだろうなと。

嘆くな上司!腹をくくれば部下は動く
原田 虔一郎
日本実業出版社
売り上げランキング: 1,612,064


次男はまったく嘆かない。 レトロゲームを彼の脳内で勝手に発展させた「ボクの考えた最強のゲーム」の説明を、楽しそうに夜な夜な延々(笑)。

嘆きを聞くのはちょっとしんどい。 でも、それは先導するものとして受ける責任に含まれているのかな?と思ったりして、さらにしんどい。

母よ嘆くなかれ 〈新訳版〉
パール・バック
法政大学出版局
売り上げランキング: 199,643


夜ラン3.4km、7.5min/km。

2018.11.20

個人的感情をマネジメントに持ち込むな

昨夜からかなり冷え込んだ。南の空には入道雲みたいなのがモクモクしていて、頭上には巨大戦艦みたいなバカでかい雲があった。

Dsc_4261

隣りの部署の管理職さんが来月退職するとの情報が流れてきた。 創業から数年後に採用した人。 具体的な理由は知らないが、ガラパゴス的な社内風土や感覚に、いよいよ愛想も尽きたって感じかな。

一方で、「残念・寂しい・た・い・へ・ん・だー」と騒いでいる人がいて閉口。 その後「お別れ会を開催します」と特定の数人に連絡あり。プライベートなお別れ会だが業務時間内にあれこれやってる。出席するのが前提みたいな内容で、正直勘弁してほしい。連絡されていない同僚もいて、その差は何なのか。

業務時間内に、プライベートな催しのセッティングを公然とやっているが、普段そういうのには一言モノ申す人ではなかったかと。しかも客先でPCの画面にSlackの通知がバンバン出てきて迷惑だ。 お誘いメンバーが退職するご本人の希望であるなら、まだ理解できるけど、立案した人の勝手な人選。 選ばれていない同僚もいるわけで、最初から公然と話ができなくなってしまう。 彼らがこの件を漏れ聞いたら、どう感じるか。 このような無為な行いが従業員の結束力を弱めてしまう。組織としての力も減退する。 秘密主義的な暗黙の身分制度や派閥が出来上がる。 こういう点に全く配慮できなくなるほど冷静さを欠いているのだろうが、私的な事情を組織に持ち込むことになるので、冷静さを失っているなら何もしないほうが断然マシ。 勝手な思いで他人を巻き込んで業務にも影響してるし、どこをとっても、まったく良い状態とは思えない。

プライベートでやってる分には何も問題を感じないが。

気の合った人たちだけで小さくまとまろうとするウェットな社内コミュニティがホントにバカバカしい。 何を生み出そうとしているのか。

管理職1年目の教科書
管理職1年目の教科書
posted with amazlet at 18.11.20
櫻田 毅
東洋経済新報社
売り上げランキング: 25,989

夜ジョグ5キロ。違和感もなく、なかなか快調。でも毎日なら4キロぐらいがちょうどよいかな。

2018.09.13

長年熟成された濃い老害

職場の理不尽に怒らず おだやかに働く技術
秀和システム (2018-03-01)
売り上げランキング: 11,528

ご乱心

理不尽で投げやりな言動、対応を続けるアラフィフに、皆さんほとほと手を焼いているらしい。

最近勃発した数件の例を聞いたが「確かにおかしくなっている、狂っている」としか言いようがない。

自分は20年ぐらいの付き合いで、当初は「まともな人」だと思っていたが、ここ10年ぐらいは距離を置いている。

当時、よくお昼を食べに行ったりしたけれど、その場にいない他者をこき下ろすような言葉が増えてきて、コチラがおかしくなりそうだったから、お昼はコンビニ弁当で済ませるようになった。

愚痴とか相談なら流して聞けるが、他者に向かっているとはいっても、ネガティブな文言を延々と浴びせられていると人間おかしくなりますよ。

ただ、当時は、公然と理不尽なことを言い放つことはなかった。でも、今や完全に狂ってしまっているようで。

こうやって思い返してみれば、その種みたいなのが元々あって、悪い方向へ育ってしまったのだなと思う。

それはインテリゲンチャいじめっ子

人の好き嫌いが激しくて、意に沿わない人は完全に敵視するし裏からジワリと攻撃する。

周囲の人にも同じ視点を要求する。または同じ視点であることが当然だと信じて疑っていない。

インテリいじめっ子が周囲のノンポリを精神的に支配して組織化していくような感じだな。

組織運営と事業推進は別カテゴリー

彼は非常に感情的で「感情的であることは成功の必要条件」とまで公言していたが、 冷静に対応すべき組織の運営(経営)と、時には直感的な判断が必要なプロジェクトマネジメント(開発)の違いを分かっていないのだろう。

エンジニアがマネジメントに関して学習せずにプレイングマネージャとしてやっているからこうなったのかも。

経営トップの褒め殺しか、お山の大将がアホなのか

今思えば、過去にトップからチヤホヤされてた人達のほとんどがトチ狂ってしまっている。

まともにテストもせずに不具合を出しまくる人や、設計思想が裏返っていてまともな論理的思考ができていない人たちを「できる人」として評価していた。

トップの責任は重いと思うが、理由なくチヤホヤされて狂っちゃうのもアタマの悪い話だなとは思う。

20年前だって既に立派な大人だったからね。

完全理解 熟成肉バイブル (柴田書店MOOK)

柴田書店 (2017-09-05)
売り上げランキング: 150,027

職場の理不尽に怒らず おだやかに働く技術
秀和システム (2018-03-01)
売り上げランキング: 11,528

41ezjio2tjl

2018.08.16

クラウド怪談

盆明け早々、AWSが不可解だった。 LambdaとCloudWatchで時刻の開きがある時を境に1時間近くずれていて、Lambdaのエラーが頻発。 徐々に時刻が近づいていく怪現象。

なんせ不可解。皆目わけがわからない。


Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂版
日経BP社 (2017-04-13)
売り上げランキング: 12,985


朝から雲が全天覆って、強烈な湿度にメロメロ。

51aqpb3del

2018.08.07

まじ立秋の快適夜ラン

昼間の暑さからは考えられないが、19時過ぎに外に出れば、乾いた風が強く吹いており、本気で涼しいと感じましたな。立秋ですな。

今宵も惑星眺めるラン2.5キロ。 風、心地よく、ペースあげあげ。 ラスト300mは4分ペースまでビルドアップ。 もう楽しくって仕方がない。

惑星MAPS ~太陽系図絵~: もしも宇宙を旅したら もしも宇宙でくらせたら
宇宙兄さんズ
誠文堂新光社
売り上げランキング: 98,789

家を出ると、木星さんがこんばんわ。 Dsc_3387

左が土星で右が木星。 Dsc_3388

ラン完了後にやっと火星が(屋根の上) Dsc_3389

金星は西の低い位置だったのか、それとも既に沈んでいたか、確認できず。 海沿いからは見えるかもしれない。

アルタイル、アークトゥルス、アンタレス、全部きれいに見えていた。
Skyview63542
明日の20時の空(今日のほしぞら|国立天文台暦計算室より)


マネジメント層が外部のコンサルに教育されてて、その状況が従業員全員へ通知されてる。 これは「マネジメント層の職務遂行能力は、現時点では不完全」という宣言としか思えなくて、今や「お前ら全員金返せよ」としか考えられなくなってきた。そして、そういう声が他から上がらないのも不思議だと思っている。まあ、自分もそう公言はしていないから、みんな同じように思ってるのかな。

替わりがいないというけれど、まともに仕事(マネジメント)ができていないのなら全員一般社員に落としたって問題ないはず。それでやる気がなくなるならば辞めればよい。その程度の人は今の時代、行き場はないと思うけど(40以上の年寄しかいないし)。とにかく、考え方がチーズみたいに発酵しているヤヤコシイ奴から順に辞めてもらったほうが一般社員と会社の将来のためになる。

20年前にスピンアウトしたときも同じような状況だった。 社内の意思決定する層への不信感。 なにか突発的なきっかけがあれば、一気に堰を切るという状況。 能動的に動いたのは現社長と自分しか残っていないし、あとのはたまたま付いてきただけ。 前回は3000人規模だったが、今はやっとの50名。 ヘナチョコばっかでパワーが出ないかなあ。

自分的には、しばらく様子は見るけど脱出ルートは確保しておかねばという状況。 まずはLinkedInのステータスをちょっと変更しておいた(笑)。

2018.08.02

推測交えて感情的に意見を述べてもヤヤコシイとしか思われないよ

弊社、遅ればせながらSlackを使い始めていて(非公式ですが)、なんとなくファシリテーター的な立場にありそうな、ダークサイドのオジサンですが、本日ちょっとチャットで疲れた。

投稿の一部に不明点や疑問点があるときに、相手の真意や欠けてる情報を、勝手に推測して補ってから解釈し、若干悲壮感の漂う投稿をする人がいたわけですよ。

そして投稿を重ねていくにつれて「自分が言ってるのはそうじゃないんだ」的なイライラ感がテキストに現れるようになって気が気ではありません。

まあ結局、何もできずに傍観していたんだけど、最終的にそのスレッドで「どうせ言っても無駄だろうから」的なネガティブな落としどころを探り始めていたので、その点に限っては少し軽めの指導的意見を挟んでおいたのですが、伝わったかどうか。

チャットって、互いに「文字通り」の情報しか伝わらないから。不明なことがあれば、細かめに質問投げて、勝手な推測が入る余地を無くしておきたい。話の方向がズレていくと、お互い非常に疲れてしまう。周囲の人も疲れてしまう。

しかし理解できていないひとがいるから、こうなるわけで難儀やな。どうしたもんか。

ただし、このケースで「おいおい感情メーター上がってるやん」と感じたのも、単に自分がそう理解しただけで、実は正しいかどうかは分からないというところもあるんだな。

ややこしいのう。

ていうか、そもそも人と人のコミュニケーションなんてヤヤコシイものだから、下手な人がいるわけで。 ツールが変わっても結局同じか。何の救いにもなってないな。

ゆとりの法則 - 誰も書かなかったプロジェクト管理の誤解
トム・デマルコ
日経BP社
売り上げランキング: 14,883


個人的には「Slack分報(ふんほう)」始めてご満悦。 ホントはチームのみんなでやるもんだけど、今のところは、ボッチ(笑)ですな。

しかし最初の会社でアナログチックに、似たようなやり方をしていたので違和感がないどころか「やっぱこれだね」って感じ。

さらにタスクは(非公式だが)Trelloで管理しているし、弊社創業19年、結構最近のシュッとしたイケてるスタートアップ的雰囲気を取り戻しつつあるんじゃないの?って勘違いしそうな最近ですね(全部個人アカウントっていうのが情けないが)。

20年前の創業前にスピンアウトの計画をお伝えしてご理解いただいた外資のお客様から、「アグレッシブなベンチャーですねえ!」と呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーンと小躍りしてたが、今やかなり老廃物がたまっていて、奥歯ガタガタ言ってる最中。これが現実。

この際キレイにしましょうね。真っ先に自分がはじき出される可能性もあるのだが(笑) あの全体的な閉鎖的な雰囲気を変えなくてはどうにもならんと思いますが・・・。

41qggqxw0ql

夜10時にコンビニめがけて1キロジョグ&1キロウォーク。さすがに涼しくなってきた。 今夜も南東に火星がきれいに見えており、南西方面には木星だろうか? なんだが壮大な気分になるね。

火星です。
Dsc_3342

木星かな?
Dsc_3344

ペルセウス座流星群が11日以降にピークを迎えるようで、ちょうどお盆。 星のきれいな佐用で見るかねー。

2018.07.31

自転車トーマスでマイヨ・ジョーヌの「ゲラント・トーマス」おめでとう

20180731_210147

日曜深夜にライブでやってたツール最終ステージをやっと見た。 結果を全部知っていてもやっぱり映像で見るのは良いものだった。

20180731_210644

最近「トーマス」とだけ書かれることが多いように思うけど、 一瞬「誰?」ってなる「トーマス・デヘント?ゲラントトーマス?どっちなの?」と。 せめて「G」と言ってくれ。

今回のツールでFに代わってGがマイヨジョーヌを着た時から「ちゃんとゲラントって言ってほしい/書いてほしい」と思ってた。まあ、どうでもよいことなんだけど・・・。

ツール・ド・フランス100話 (文庫クセジュ991)
ムスタファ ケスス:クレマン ラコンブ
白水社
売り上げランキング: 648,684


どこぞの会社は、耳から手を突っ込まれて奥歯ガタガタ言わされそうになってるらしい。 一部で感情的な反応もあるみたいだが「そんな反応、歯牙にもかけられない、意味がない」と思えないのは、あまりに朗らかすぎるんじゃないだろうか? 改革するのに下っ端相手に奮闘するコンサルなんていない。 上層部へのダメ出しと読み取れる文書が発行されていたが、それに気付いていない人って。。。 お花畑?

未知の分野に首突っ込んで勉強・学習しない人がいるのも、とても不思議。 毎週毎月毎日、次から次へとやって来るルーチンに、準備すらできていないってどうなんだろう? 普段ナニを考えて「管理業務」をやってるのか。 そんなので何を管理できるのか。

世の中それほど簡単だと思えているのは、ある意味幸せなのかもしれないけれど、それは自他ともに認める成功者が言う言葉かな。 自分で勝手に決めたゴールテープを切ってるのって楽しいの?

仕事は楽しいかね?2
きこ書房  (2015-01-20)
売り上げランキング: 72

「仕事は楽しいかね?2」もあった。Amazonプライムで読みホーダイ。 こちらは「優れた部下であること」と「優れた上司であること」についてがテーマ。 1と同じく現実の成功話を本人ではなく第三者的な視点から語られるのでスイスイ読める。 こういうの大量に読めばよいのに。


22時、火星観望2キロウォーク。出がけにはしっかり見えたけど、すぐに雲がかかって月さえ見えなくなってしまった。ざーんねーん。

いちおう貼っとく。あれ火星ですよーw
Dsc_3332

これは月。
Dsc_3333

2018.07.27

「仕事は楽しいかね?」を読んでいろいろ考えた

昨日リンクを貼った「仕事は楽しいかね?」を読んだせいだと思うのだけど(プライム会員はタダで読める)なんかいろいろ考えが湧き出てきたので書いておく。


仕事は楽しいかね?
仕事は楽しいかね?
posted with amazlet at 18.07.29
デイル ドーテン
きこ書房
売り上げランキング: 1,727


何かを目指す、目標を持つことは大切なのだが、それよりもさらに大切にしたいのは、今何を楽しむかということだと思う。

いや、どっちか一つってことではなくて、両方を大切にしなくてはならないような。そんな気がしている。

楽しんで何が悪い

後者は結構ないがしろにされているっていうか、自分は大人になる過程のどこかで、「楽しんでばかりではいけない」っていう考えが底のほうに刷り込まれたように思う。実際、これにはかなりの葛藤を感じていた。両親や親戚一同はそういう考え方の人はいない。学校だろうか。

「楽しむ」から「遊び」を連想しやすいのかな。 遊びが悪とは思わないが、「遊んでないで仕事しろ」的な指摘にはとりあえずスミマセンと言っておいて反省しない。

全力で楽しむ。全力だから楽しいのだ。

「仕事は苦しい」前提で世の中の大半が出来上がっているのかもしれないが、自分は結構楽しんでいる。 時折「ツライ仕事」というのはあるけれど、それでも「逃げよか、それともやっつけようか」と考えて結局楽しんできた。逃げるにしてもやっつけるにしても全力である。

そうだ、全力は楽しい(考えながら書いている)。 ランナーは苦しみを求めて走っているわけではない。 楽しいから全力で走っている。

楽しく頑張って仕事する

「頑張る」からは「苦しい」を連想しやすいのかな。 「へらへら楽しんでないで頑張れ」などと言われると、筋が通っているように聞こえるけれど、果たしてそれは本当だろうか。

自分の中で「全力で頑張って楽しんで仕事する」は矛盾なく成り立っている。

楽しめる事を次から次へと探すのだ

楽しんでいるうちに最初に立てた目標地点は通り過ぎて、もっと高いところへなんだかいけそうな気がするのだ。

だから、目標を持つことと同時に「目の前に拡がっている何か」を楽しむことも、大切にしたい。 つまりしっかり見ておかなくてはならないのだな。 逃げてもいいけど眼前の事実から目を背けてはいけない気がする。

つまり自分は「逃げること」についてのしきい値が極度に低い。 もともといい加減でわがままな性格だと自覚しているが、なぜか周囲からは「ちゃんとしている」と見られがちだった。それに対する反発心も強くて、自分の「いい加減さ」をアピールしてきた節もある。 これは、まさに今気が付いて、少々驚いている。

仕事は楽しいかね? (きこ書房)
きこ書房  (2015-01-19)
売り上げランキング: 14


明日の朝4時ごろから皆既月食。ここ最近の火星大接近。 さらに火星の氷の下に液体としての水があるという証拠発見。 小惑星にシゴセンジャーって名前もつくし、はやぶさ2がリュウグウの写真を送ってくるし。 JAXAはなにか大変そうだけど宇宙もいろいろ楽しめるな。

51wo5nsio9l

2018.07.24

ダークサイドで♪コモン・エベバーリ

なんていうのか、あほくさいというか、あきれるというか・・・。

過去に自分が幾度となく提案したことはことごとく鼻で笑われ全否定されたのに、外部から来た偉い人が同じ指摘をすれば「さもありなん」と?

「全て数字で表して、会社を明確に正しく運営するべきだ」と。

当時普通の事を云ったつもりだったが「いやあ、なんでも数字で表せるわけではないんですよ(まだまだわかいなたかみん君はハッハッハ)」・・・。周囲からの擁護無し。みんな邪魔くさいことはしたくないのは分かるが経営層がそれではもう。。。てことで、これキッカケでワタシはダークサイドに落ちました。このアホどもとはまともに仕事はできないなと思ったな。

で、いま同じことを顧問さんに指摘されて、さらに「この会社はおかしい」とまで付け加えられて、どういう態度に出るつもりなんだろう。

聞き入れるのか反発するのか知らんけど、結局彼らは物事の本質を捉えず、威光とかポジションを見てる。 その時々で、どっちになびくのが得策かと考えている。それは渡世ということで否定はしないが、それ以前に、会社の経営層である自負があるなら、人に指示して人様のお子さんを動かしている自覚と責任を感じているなら、もっと根っこのところに「こうしなくてはいけない」という強い意志があるだろう?

そんな大志も思想もみじんも持たない無能君たちが、学習せずに集まってマネジメントなんてできるはずがないじゃない。人事も経理も営業も、できないのは明白じゃない?

井の中で学習する気のない小さなお山の大将は既得のポジションを死守する構えか。 それはまさに老害そのもの。本当の意味で会社が傾くだろうなあ。

能力もないのに流れに任せて権勢をふるってきたが、アホばっかりだったと一般社員にバレちゃった。

これまでむさぼってきた暴利を一般社員に還元してはどうかと思うが、そんな男気があるならこんなアホみたいな状態にはなっていないか。知らんけど。

まあ彼ら、過去の経緯やら誰が何を言ったかなんて、これっぽっちも覚えていないだろうから、その場限りで終わったつもりなんだろう。

こちらも久しくダークサイドに落ちているので腹を立てたりはしていないけど、とにかくバカバカしいことこの上ない。「あいつらアホちゃう?」みたいな。「この期に及んで50近くになって恥ずかしっwww」みたいな、そんな感じ。

ダークサイド・スキル 本当に戦えるリーダーになる7つの裏技
日本経済新聞出版社 (2017-07-10)
売り上げランキング: 3,905


布袋寅泰、ブライアンセッツァー、Char 「Com'on Everybody」

その道のプロが三人集まってエライ楽しそうやし、うらやましい。

2018.06.18

大阪北部震度6弱

神戸新聞夕刊(明石版)
Dsc_2988

まとまらないけど今日あったことと考えたこと。

バス停DASH

今朝の地震。既に次男が家を出ており、通学バスのバス停へ向かっている途中。 突然の状況にパニックになっているといけないので、バス停まで猛ダッシュ。 ちょうど彼がバス停に到着した頃に追いついたのだが、地震があったと気付いておらず普段通りの様子だった。

通学路の危険性

揺れに彼が気付いていた場合は、こうはいかず、かなり危険な状況にもなり得るのだと、むしろ心配になった。

というのも、通学路の旧国道は歩道も車道の路側帯も極端に狭く、交通量が中程度で車両の速度がそれなりに速い。 聴覚過敏があるので、何かのきっかけでパニックが発動してしまうとかなりヤバい。 また、揺れが大きい場合は二次的な交通事故などが想定できる。 コンクリートの壁が倒れかけているところもあったりするし。

災害の発生は防げないけど、二次被害を阻止する対策は必要。 対処のしようがないところもあるだろうが、ジブンの中で十分にリスクアセスメントができているとはいえない。

システム再考する必要

地震の瞬間に停止したJRは12時間後の20時にも動いておらず、多くは22時以降に復旧予定と書いてあった。

山陽電車の普通電車が西代以西を低速運行していて板宿で神戸市営地下鉄に乗り継いだら、三宮までは行けたようだが、それより東は手段がなかったみたい。

乗客が列をなして線路を歩いている写真が新聞に載っていたが、同僚の1人は地震発生から少なくとも2時間以上電車に缶詰めになっていたようで、健康な人でも体調を悪くしそう。

安全確認のため仕方ないとも思うのだけど、本当に完全ストップするよりないのだろうか。 本日の社会的な損失は「仕方がない」で済ませられるものではない気もする。 新幹線は早めに復旧することが多いようだが、なにかシステムが違うのだろうか。 なんにせよ、本気で対策考えなくてはならないのでは?

SNSでは「こんな状況で会社へ向かうのは馬鹿げている」などと自嘲気味な意味も含んで話題になるが、そのレベルで毎度すましているのもバカげた態度だと思う。

リモートワーク推進とか

リモートワークが可能なら、それを推進する政策とか、ありではないかな。

世の中の何割かがリモートワークに切り替わると都市部へ集まる必然性が薄れ、既存の鉄道や飲食店などの収益構造が変わりそうで、なかなかなインパクトがあるんだろうけど、長い目で見れば、必ずしも悪い方向ではないと思う。

思い出してしまった。

阪神淡路大震災で、理由は知らぬが2号線の中央分離帯を「全部終わりだ」と叫びながら、泣きながら、笑いながら歩いている男性を見た。

バス停へ走る途中、その光景を思い出してうすら寒かった。この23年で徐々に押し込んできた軽いPTSDが少し膨らんだ気がする。怖い。今日パニックになったのは自分だったかもしれない。

最後に、

今日、被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。 まだ余震のおそれがあるので警戒は解けないと思いますが、少しでも安全な場所を確保して、気を休めてください。

より以前の記事一覧

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント