カテゴリー「仕事」の28件の記事

2017.03.21

「3年は頑張れ」って誰が決めた?体調崩してムスメが退職

昨年就職したムスメさんが、今月退職。ちょうど一年だけど、カラダを壊しかけたのでなあ。

飲食関係のサービス業、営業時間が長いので、勤務時間が日によってマチマチ。 自然と生活は不規則になるし、シフトが先まで出ないので先立っての予定が立たない。 休憩時間は2時間あるけど、その分拘束時間が増えるわけで・・・。

今年に入って立て続けにインフルエンザと扁桃腺炎もろてきた。 どちらもストレスによる免疫低下が原因だと。 特に、扁桃腺炎に簡単にかかってしまうのはヤバイよと医師から聞いて、これはアカンと決断したみたい。

一年半前、高校の三者面談で先生から「とりあえず3年は頑張ってね!」と朗らかに言われ、奥さん横から「いやいや、体壊すようならすぐにでも辞めさしますよっ!」と半ギレですわ(笑)。 先生ってやっぱり現実を知りえないのか結構うかつに適当なこと言うんやなあと。 人のムスメに「とりあえず」ってなんやねん(怒)という感じ。 まあ、先生は先生でがんばってはるんやろうけど。 なにより、私の奥さん、大したもんやなあと感心しました。

ところで、あの「3年」て、なんやろね。なんの根拠があるのだろう? 「石の上にも3年」とか関係あるんでしょうかね? お尻が冷えてツライでしょ? かつて時がゆったり流れていた数百年前のことわざですかね?

なにより、しばらくゆっくり気楽に過ごして、体調を元に戻して、楽しいことを見つけましょうやと。 未来に向かって、やりたいことを見つけましょう。 大げさだけど、平均余命は70年ぐらいはあるわけですし。

21世紀のテクノロジーで、「働く事」が楽しいレジャーになるような世の中が、早く来れば良いのにね。

裁縫、お料理、長距離移動、山登り、いやスポーツ全般、全て過去には労働もしくは苦行だったわけだけど、今やレジャーとして皆さん楽しんでいるわけですから。

オヤジは既にそんな感じで25年ぐらい過ごしているが、 それを世に広めるのは、自分の働き次第なのかと今更気付く。 そうか頑張らなアカンのは自分なのかと。

自動プログラミングはまだ来ないのか?誰か頑張って欲しいもんだわ。


  • 運動: ロード6キロ。朝はガッツリ雨だった。あれぐらい降れば諦めもつくね。週末のランニングで大腿四頭筋が悲鳴を上げてる。来たれ超回復!
  • 今日の浪費: 退職祝いに小銭を使いすぎてみる。

2017.03.13

インシデンタル・クライシス

アイネ・クライネ・ナハトムジーク
DREANDAS (2011-10-11)
売り上げランキング: 1,097,885

呆れ返るほどのアホな話が飛び込んできた。 詳しくは書けないが「ナニやってくれてんねん」という極み。 直接は関係ないけれど、間接的には大迷惑。

専門知識とか言うに及ばず、一般的な常識すら持たずに業務にあたっているのだとすれば、もはや「インシデント(=事故)」ではなくて・・・なんていうのだこういうのは。。。

色々聞けば、他にも大小様々、二重三重におかしなことが発生中のようで、なんか萎える。

大迷惑 (シングル・ヴァージョン)
Ki/oon Music Inc. (2014-04-01)
売り上げランキング: 4,876


  • 運動: ロード6キロ。筋肉痛だが、がっちり踏める。たいぶ暖かくなってきた。朝は雨がパラリとな。

2017.02.20

なんにも専務な「できない君」への対処法

不満って、ぶつけたって飲み込んだって解消しない。 「人が動いてくれないよ」と愚痴ってみても「人を動かす能力がない」と看做される。 ましてや「コノヤロウ」的な感情が出ていると「まずは冷静に」と言われちゃうのはあたりまえ。 相手にとっては、そこが逃げどころになってしまう。

「不満を持っている」と思われているだけでもマイナスイメージ。そういうのは隠しておかないと。

マネジメント能力に長けた上司は、こういうことをキチンと下に理解させるだろうし、部下の不満を颯爽と美しく解消してより強力に前に進んでいくのだろうが、そこら中にゴロゴロしている「できない君」は、そんな高度なテクを持ってないから、聞いたふりして何にも専務・・・

周囲にいる「出来る人」って、公的な場所(勝負の場)で不満をぶつけたりしない。 常に冷静に事をすすめている。それを見習わない手はないなあ。

だから結局、自身が出来る上司になったつもりで、あの手この手で冷静に「できない君」を動かそうとしなければ、不満は延々解消しないのだ。これって大きなジレンマなんだけど、心地よい出口はそこにしか無いと認識すべき。 「それは自分の仕事じゃないし」とか言っててもどうにもならない。


あと、数字は事実に基づいて冷静に見るべきですな。 「多分」とか「どうせ」とか言い始めたら論拠に根拠がなくなっちゃう。

数字はマジック。あたかも客観的だと受け止めちゃうが、一つ一つキチンと確認しないと。

自戒を込めて(笑)


  • 運動:春一番に向かってロードで6キロ。朝は雨が少し降ってた。

2017.02.01

マネジメントシステム

さらっと「こういうルールになってます」って書いてあるけど、よく読んでみたら「これホントに遂行できるの?」ってな事案発生。

曖昧だけど範囲が狭くて、ちょっと安易なルール設定。今なら、より良いソリューションがあるのにねってな感じ。

論点まとめて軽く指摘すると良い方向へ話が進むようで、ひとまずよかった。

はじめてみようSlack 使いこなすための31のヒント
パーソナルメディア (2016-09-02)
売り上げランキング: 34,748


  • 運動: ロード6.5キロ。夕方強風向かい風。軽くストレッチ。
  • 仕事: chaiとmochaで、ユニットテスト書きまくり。やめられない止まらない。
  • その他: 和風だしに浸かったハンバーグが超美味くて飲みすぎた。

2017.01.28

働き方改革は自分の市場価値を高めるチャンスかと

政府の進めようとしている働き方改革で、自分自身の労働市場における市場価値を高めるチャンスが巡ってきたのではないか?と感じている。

さらに売り手市場へ

現在、会社は、三六協定の特別条項を組合または労働者代表と結んでおけば、実質的な労働時間の上限なしで従業員を働かせることが可能だけど、今後それが規制される方向へ動いている。(具体的にどのような規制になるかは現時点では不明だし、それが実際に機能するには労働者自身の意識を変える必要があるのだが)

労働時間の規制が厳格に運用されるなら人手不足の傾向は強くなる。 つまり、転職に有利。自信のある労働者は転職や独立しやすい。

実質的な対策が行われていない現在でも、すでに転職市場は売り手市場なので、働き方改革が問題の本質を突いて、本格的に運用される頃には、さらに大きな変化となるのではないだろうか。

これは、長時間労働が常態化しているような業界で、特に顕著だと思う。

既に動き出している

既に人材確保に動き出している企業はたくさんあるみたい。

自分自身も年明けから、過去に登録して忘れてしまっていたような転職サイトやLinkedIn経由で、数件のスカウトメールを受け取っている。

流動化が加速

即戦力が欲しい状況だから、同業他社への転職が圧倒的に有利。 経験者はよりよい条件で転職しやすくなる。「フリーランスとして独立」も敷居が低くなるんじゃないかな。

待遇改善

同時に、企業は経験者を手放したくないから待遇面を改善しなければならない。

転職・独立にかかわらず、能力のある人は、現在よりも自由で条件の良い仕事ができるようになるはずだ。

働き方改革 = 「労働」に対する認識の変化

「正規社員・非正規社員」の格差が解消される方向にも動くだろうし、リモートワークやパラレルワークも普通のことになっていく。

ただし世界が相手

ただし、あくまでも舞台は世界であるという認識は必要。 既に外国人労働者は全国で100万人を超えたらしいし。

その他、メモ。

・・・

続きを読む "働き方改革は自分の市場価値を高めるチャンスかと" »

2015.10.09

終わりマッタリ寂しさちょっぴり

一時は轟々と燃えていた炎上案件も9月の終わりにほぼ鎮火。10月からは「ホンマにホンマにこれでええのか?」「どこかに見えない引火性の不審な荷物は御座いませんか?」と疑いながらも平常運転。

今まで見聞きしたことが無いくらい、素晴らしい収束具合だった。

わめき散らすだけのような顧客がいなかったのも幸いだった。

しかし、なにより、急遽アサインされたプロジェクトマネージャの采配の素晴らしさに驚いた。 早い段階で「絶対に収束させるのだ」という強いメッセージが社内外へ轟いた。 その後も緻密にリソースが組み替えられながら、常に確実に前へ進めるように管理されていた。

マネージャとはああでなきゃなあと思った次第。勉強になったと思うが実践できるかどうかは自信が無い。

とにかく、今週は、「このプロジェクト、如何にして終了させるか」と戦略的にゆったりと思案できるような状態にまでなり、8月末に急遽召集されたチームのメンバーにも、そろそろ次の戦場の話などが見え隠れ。

2ヶ月ほど続いたお祭りが終わる頃、安堵感と寂しさが混じったような不思議な空気が流れている。

同僚が「夕陽がきれいだから写真撮影してきますわ」と言って別れたのだが、自分も途中で気になって、海岸まで遠回りしたら、再びバッタリ。先を越されて、写真撮る気が失せましたと言ってた。それは大変スマン事をした。

その後、結構本気な自転車登場。ご挨拶して初対面での自転車談義。この辺が「明らかに自転車に乗っています」という姿かたちのなせる業だな。

聞けば近くに住んでて、息子と同い年だと。

元気で明るい若い人から、ハツラツとしたエネルギーを頂いた。

あした、自転車に乗ろうかなと思えるような。

2015.02.27

アクセラレーション

ソフトウェアにおいて、ある機能を実現するために記述すべきコード量は、年々少なくなってきているはずだ。便利に使えるライブラリなどのおかげ様。

先日から読んでいる「シンギュラリティは近い」によれば(今さらですが)、こういった技術の進歩というのは、加速度的な変化なのだが、数値化せずに一定期間眺めているだけでは、人は「リニアに変化している」と捉えがちなんだとか。

なので、過去の一定期間、ある変化を眺めていたりすると、現在の状況を見誤ることがある。

「以前はこれくらいのスピードで進歩していたから、現在はこれくらい便利になっているだろう」と予測を立てるが、現実はもっと先へ行っている。

過去の変化のスピードは、実際には加速度的であったため、現在のそれは、比べ物にならないくらいに速くなっているのだ。

だから現在の状況を感覚的に理解できないという事態になる。

現在、ある特定の分野に直接関わっていない人が、「これだけのコード量で、こんな複雑な機能を実現できるはずがないよね」と思ってしまうのは仕方が無いことと言えるのだけど、それをうまく理解してもらうのが、専門家としての自分の役目であって、どうしたものかと、もどかしかった。

「今の時代、これくらいのことは簡単に出来ます」ということを、いやらしくなく上手に説明できない自分は、その能力に於いて、あまり進歩していないのかもなと思ったりして、どうしたものかと・・・。


今日の運動:通勤徒歩5キロ+{腹筋+プッシュアップ}×2セット。

未来のコンテキスト

今さらなのだが、「シンギュラリティは近い―人類が生命を超越するとき」を購入した(電子版)。1週間迷った末のご決断。

数年前にけっこう話題になった本。「シンギュラリティ」とは特異点。「万物の進歩・進化は加速度的。数十年後にはコンピュータが人間の脳の処理能力を追い越してしまう「特異点」を迎える・・・」というそんな内容。いや小説ではなくて。

機械学習、ディープラーニング、人工知能等、子供の頃には「遠い未来の世界のお話」と思っていた話題が、最近は普通にニュースに登場したりして、かなり身近な話になってきていて、「えらいことになっている/なりつつあるのでは?」と驚いたり心配したり身を引き締めたり忙しい。

アップルやグーグルに続いてイーロンマスクさんの登場にかなりの加速度を感じる。ワクワクして眺めている一方で、どこかしらSF映画のヒール役的なイメージを感じるのは自分だけなのかな。年食って心配性になっているのかも知れんけど。

ちょっとだけ無料で読めるので試してみたら、結構すらすら読めて好印象。 ワクワクしながら、世の文脈についていきつつ、別角度から行間へ割り込めればよいかもなーと、思ってポチ。 なぜか5000円くらいの本と思い込んでいたので割安感も感じましたな。


今日の運動:通勤徒歩5キロ+腹筋2セット。ハムストリングがいい感じの筋肉痛。あと、関係ないけど、職場に着いたらチャック全開だった。

2015.02.09

「うまく動かん」がそのうち何とかなるだろう

メッチャ寒くて、昼間に雪降ってたな。

仕事終わって職場を出てすぐ、平衡感覚がかなりおかしくなっていて、元町5丁目商店街をフラフラ歩く。 まっすぐ歩くのが難しい状態で「うーん倒れたほうが楽かな?」くらいに思ったけど、世間様をお騒がせしては申し訳ないので、頑張って歩いた。駅に着くころにはどうにかこうにか。

帰り間際、利用させてもらっているオープンなライブラリに、スカみたいなバグ(それ基本やん?みたいな)があって、アタマをひねったのがアカンかったかな。オープンソースなんで、全部がきっちりしてるとは思わんけれど、用意されてるユニットテストのほとんどが通らないとか、そんなもんかい>オープンソース

とりあえず邪魔くさいので業務方面ではライブラリには触らず、別の場所で対策を施したけど、そのうち気楽に治してあげようかなと。ま、英語がネックなのだが(笑)

最寄の駅に着いた時点でも空が多少明るい。

夕焼け小焼けがブレブレだ。

2月の夕方ってこんな感じやったかな。はよあったかくなってほしいな。


今日の運動:池上さんの番組見ながら、爪先立ちをワンセット。どんどん筋力が落ちているのがちょっと怖いぞ。

マジメな話、このフラフラ。寒さなのか、低気圧なのか、それとも昨日からちょっと食事量を減らしてみたせいか。どれも可能性があるようなんだが、、、ヤッパリわからん>メニエール

2015.02.06

当事者意識が身になり血になり骨になる

「当事者意識を持ちなさい」とよく言われますけど、これは単純に「良い成果、良い結果」を得るための教えだと思っていたんですよね。

でも、今週直面した事態(大げさ)に対処して、これ以外の効能(?)があるよなーとシミジミ感じたので、記録しておく。


私の隣で開発していた組込み案件。「連続動作試験中の機器が誤動作してる。時間とともに状況悪化」との連絡入る。

うちのソフトが悪いのか、顧客設計製作のH/W(電子回路含む)側なのか、それとも外部接続の試験システムか・・・。

この時、状況把握のために動ける人は、うちのソフト担当者君ひとりだけ。現在組み込みソフト勉強中で、エキスパートは休暇中。 現場での一人作業はダメ(感電でもして倒れていたら命に関わる)なので、私が同行することになった。 が、自分も基本的にソフトしかわからないし、そもそも仕様を知らないし。少々経験年数が長いだけだが、何かの足しになればと。

「出荷直前のダメ押し的な試験で不具合とはムゥ・・・」みたいな雰囲気で現場到着。

すると、赤色灯がチカチカしていて明らかに異常絶賛発生中。

早速、回路図引っ張り出してきて、見よう見まねで端子やポートの電圧を調べる。そもそもオシロスコープの使い方がおぼつかないが、おっかなびっくり端から事実を確認する。

と、なんだか変なところがある。「ここ連動してちゃダメよね・・・よう知らんけど・・・」みたいな。 これを突破口にして、徐々にモヤモヤしているところを確認しながらキレイに拭き取っていく感じ。この辺はソフトのデバッグでも一緒なんだなと。

てなことを考えながら、時間はかかったけど。最終的に「これダメですねっ」てところを特定できた。

問題だったのは、試験システムと本体の間に、電気信号の確認用として挟み込んでいた基板。バイパスして直結すれば問題なかった。

「ああ、こいつかあ、、、よかったなあー」と2人でほっと胸をなでおろす。

と同時に、強烈な達成感と喜びが。


たいそうな話ではないのだけど、「じぶんが何とかせねばー」な気持ちで事に当たれば、結果はどうであれ(今回はたまたま良い結果が得られたが)、大した学びとなるし、「途中経過ですら、身になり血になり骨になる」って面があるんだなーとシミジミ感じたワケですよ。

反面、当事者意識を持たずに、長時間歯を食いしばっていても、何も得られないってことですな。

てなところ。


昨夜から平衡感覚が低下しまくりで終日フラフラ。通勤時にも元気に闊歩できなんだので、

今日の運動: だらだら5キロ歩いたな。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ