カテゴリー「日本語」の3件の記事

2014.02.16

「高天原」は「たかまがはら」か「たかまのはら」か?

図説 地図とあらすじでわかる!古事記と日本書紀」(青春出版社)坂本勝のところで、気になったので調べて見ましたら、

高天原」は本来「たかあまはら」と読むらしいです。

そのまんまですね。

そして「高天之原」または「高天ヶ原」と書く場合もあるそうで、この場合はそれぞれ、「たかあまのはら」、「たかあまはら」と、これまたそのまま読むのだと。

ここまで、OKですね。

で、この2つ、発音してみるとわかると思いますけど、「たかま~」の「」を省略したくなりますよね。語呂の問題か。そして若干「ぁ」になったりしたときにも「特に問題ありませんね」てなことで、正式に(?)「あ」が抜けて、「たかまのはら」もしくは「たかまがはら」となったのではないかと。まー、推測でしかないけど。

てことなので、結論は、どっちでもいいということでひとつ。

「たかあまはら」(`・ω・´)

「たかあまがはら/たかあまのはら」φ(・_・”)

「たかぁまがはら/たかぁまのはら」(つд⊂)ゴシゴシゴシ

「たかまがはら/たかまのはら」m9(`・ω・´)コレダッ

\(^^@)/ バンザーイ \(@^^)/

いやしかし、直接「たかまはら」にならなかったのも面白い。やっぱり語呂が悪かったのかね。語呂って大切。

2008.05.14

御不憫をおかけします?

メールで「御不憫をおかけします」という表現を目にして、なんだそれはと。これは「ご不便」の間違いですよね。もしかして、こういう言い回しがあると勘違いしているのかと。

ググッてみると、あるわあるわ「御不憫をおかけしますが。。。」がわんさか見つかる。これだけあるって、単純に書き損じではないのかもしれない、でもしかしー・・・とモヤモヤしたので、さらに調べてみると、、、、

なんと、この「不憫」(ふびん)と「不便」(ふべん)、もともと「不便」で同じ単語。で、「不憫」は「不便」が変化した結果だとか、当て字だとか。。。そうでないとか。。。どっちだ?いや、そうらしい。

しかし現代の日本語ではこの2つ、既に明確に線引きできるくらい意味が分かれちゃってると思うから、「御不憫をおかけ~」はやっぱおかしいと思う。

でも、間違ってるとも言い切れないのかな。へんなの。

2007.07.21

御教授!御教示くださいませませ。

先日来、仕事上のメールで頻繁に「ご教授(ごきょうじゅ)ください」というのに出会う。以前からもこの誤用は目にすることがあったが、最近特に増えたように思う。

「ご教示(ごきょうじ)ください」が正しいはずだが、あまりに多いので調べてみた。やはりインターネットやメールで誤用が目立つとのこと。

本来は「教え示してください」という意味で、「ご教示」なのですが、字面的に「教え授けてください」と読めるから間違いに気付きにくいのかもしれないですね。

たとえ間違いに気付いても、何が言いたいのかは既に伝わっているし、へりくだっている態度が前面に出ているから、指摘するのはかなり心理的抵抗があるように思う。既に頭を下げている人に、「間違ってるよ」とは言いにくいよね。自分も今までこの件に関して他人の間違いを指摘したことが無い。

そういえば学校でこの言葉を教わった記憶が無いです。かなり古めかしい言葉にも思えるのですが、社会人になってから、ちゃんとした文章を書こうとして間違っちゃうのでしょうか。ほとんどのケースで「教えてもらえませんか?」で十分通用するのにね。

同じ読みの「享受(きょうじゅ)」という少し似た意味の言葉も絡んで、正確な読みを知らずに書いてしまうのでしょう。あまり音読することが無い言葉だと思うし、耳で聞いてもはっきり差異が感じにくい。正しい読み方を知らない人は多いかもしれないですね。

まー、そんなこんなで、この「ご教授ください」は誤用してしまう条件がそろいすぎているんだろうな。

皆さん「御教示(ごきょうじ)」ですよ。でも、「教えてください」で十分だから。。。。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ