カテゴリー「電子工作(勉強中)」の2件の記事

2014.05.14

7セグぐるぐる

ラズパイから7セグをグルグルしました。

7セグはLN516RAという赤いヤツ。ラズパイから3.3Vを、抵抗挟んで7セグのアノードコモンへ入力(3番ピン)。ドット含めて8個あるLEDのカソード側は、ラズパイのGPIO2-4, 7-11へ接続。各ポートの出力からHi(=3.3V)で、LEDが消灯する手はずだ。

LEDの電流の最大定格が20mA。オームの法則にご登場いただいて、抵抗は電圧÷電流ですから、3.3V÷20mAで、少なくとも165Ω必要。つーかこれだとギリなので、倍にして330Ωぐらいにしましょかと。しかし、念のため最初は10kΩ(茶黒オレンジ)の抵抗をいれてみたのですが、案の定まったく点灯しなかったです(笑)

1kΩ(茶黒赤)にしてみれば、ちょっと薄いけど判別できる点灯具合。当初、ピンのセットアップでプルアップ?ダウン?って混乱したけど、それは入力の時だからね。

ラズパイ側のソフトは、前に作っていたGPIOへ8ビットパターンを出力するヤツで、とりあえずランダムパターンだけど、問題なかった。

抵抗の位置だけど、カソード側に入れるほうが良いのだろうか。実はこの辺り、よくわかっていないです。

7セグの前には、DCモータードライバ(TA8429H)でモーターの制御を試していたのですが、ピンがブレッドボードのピッチに合っておらず、とりあえず、10本ほどのジャンパで直に接続。しかし、ピンが細くてキチンと接続できていなかったのかもしれない。こちらはまた今度ですな。

2014.05.13

問題:NPNトランジスタ(C1815)を使ってスイッチ押したらLEDが光る回路を作れ(配点5点)

「もうエミッタのことなんて、全然わかってくれないのね!」
ああ、コミッタコミッタ(謎

基本中の基本の回路に小1時間だ(笑)

コミッタ側にスイッチを付けちゃってたり(爆)、
ベースからコミッタへ電流が流れ込むと思い込んでたり(違)、
エミッタ側に抵抗とLEDがついていたり(泣)・・・

30分くらい頭をひねって、やっと間違いに気が付いた。PNPとごっちゃになっていたんだろうか?それとも、そもそも、トランジスタの役割をキチンと理解していないのか?その両方か。

Cocolog_oekaki_2014_05_14_01_13

部屋の隅っこでトランジスタの端子の名前をブツブツつぶやく。
組んではバラすブレッドボード。

明日はRaspberry Piから制御できるようなのを作ってみよう。覚えていればだがな!

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ