カテゴリー「学問・資格」の3件の記事

2018.04.16

モンティホール問題

モンティホール問題というのを50歳目前にして知りまして、やっぱり数学楽しいなと。

閉まった3つのドアがあって、後ろに「当たり」か「ハズレ」が隠されている。当たりは一つで他はハズレ。 最初にゲストがドアを開けずに一つ選ぶ。そしてホストは選択しなかった2つのドアのうちハズレの方を開けて見せ、ゲストに「最初の選択を変えますか?」と問う。

さてゲストが当たりを引くためには、最初の選択を変えるべきか変えざるべきか?!

というゲームみたいなもんなんだけど、直感的にはどっちも同じで1/2だと思うでしょ?

しかぁし、変えた方が当たりを引く確率が高いらしい

途中でゲームのルールが変わっているの

最初に当たりを引いてる確率は 1/3 です。しかし結果はわからない。 その後「ドアを変えるか変えないか」の2択ですから、最初の選択には無関係で、どちらかに当たりがある状態。だからここでの確率が1/2

整理します

  • 仮に最初に「当たり」を引いていたら、ドアを変えたら必ずハズレ。
  • 逆に最初に「ハズレ」を引いているのなら、ドアを変えれば必ず当たり。

OK?

確率計算

最初に選択したドアを変えないとした場合、当たりを引く確率は、最初に当たりを引いている場合に一致しますので、1/3 の確率です。

逆に、必ず変えるなら、最初にハズレを引く確立と一致するので、 2/3 と倍になります。

そうかやっぱり変えるほうが確率が上がる


論理的思考力を鍛える33の思考実験
北村 良子
彩図社 (2017-04-27)
売り上げランキング: 4,151

2017.01.29

ボクのニューラルネットワークは限界だ

ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装
斎藤 康毅
オライリージャパン
売り上げランキング: 78

昨年から受講しているジェフリー・ヒントン氏本人によるニューラルネットの講義(全16週)。この度13週目のクリアをあっさり諦めた。

Programming Assignmentは、あの手この手(笑)でなんとかなったが、Quizで断念。

シグモイド・ビリーフ・ネットについて、演算結果の数値を答える問題だけど、いくらやっても計算が合わない。

選択式の問題だと、あの手この手(笑)でなんとかなるけど・・・。

全体的に大まかに理解している自覚はあるが、細かな理解不足が積み重なっているかも。

まったく無駄な学習だったとは思わない(特に英語のヒアリング能力とかも)し、わからないところはじっくり継続したいけど、システム的に許してくれるのかな?


運動:やけ食い&ストレッチ。 その他:まさかアメリカが半ば鎖国状態になるとは・・・。今後どうなるのかちょっと怖くなった終末週末。

2017.01.15

ジェフリー・ヒントン教授の間違いを寛大に許した

昨年末から受講しているMooc(Courseraの「Neural Networks for Machine Learning」)の課題で採点ミス。

続きを読む "ジェフリー・ヒントン教授の間違いを寛大に許した" »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント