カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の1289件の記事

2018.12.13

ボイジャー2号

ボイジャー2号が太陽圏を脱出したとNASAが発表。今後はヘリオポーズの外を航行と。しかし2030年には通信が途切れるのだとか。

打ち上げの頃をなんとなく覚えているけど(8歳だった)、それからひたすら41年間飛び続けてたと考えると気が遠くなる。しかしオールトの雲に達するのは300年。オールトの雲を抜けるのは3万年後・・・。ははは。すげーなボイジャー・・・。


身近な話題:印鑑証明が必要で市役所の支所へ行く。モノの5分で発行完了。登録カードがあれば住所・氏名・生年月日を書くだけで、身分証明書の類は一切不要なんですね。便利で良いけど少し不安になる感じ。

朝から1.5㎞ウォーク&1.5㎞ジョグ。朝夕自転車ロードで11㎞。

夜ラン3.4km、5m50s/kmとなかなか快調。走りに出る前、水分摂りながら15分ほど全身軽めのストレッチしたのが効いた。アップ大切。

ふたご座流星群が22時ごろピークらしい。夕方雲が多くて無理かと思ったけど、次第に雲が減ったみたい。雲の間に見えるかも?

Dsc_4480

2018.12.12

精神的な成人の時期かな

うちの子ら、二十歳を数年過ぎて、やっと将来の事とか仕事の事とか人生とは?とか、真正面から考え始めているのかもしれないなと。 そういえば自分も「このままだとヤバい」と思い始めたのはこの頃か。

話を聞けば、意外にいろいろ考えてるんやなあとも思う。 自分が同年代の頃より、落ち着いているようなので安心したが、逆に恥ずかしく思ったり。

ただ、社会の仕組みや成り立ちについては、表面的に知っていてもやっぱり浅いのかな。経験年数によるものだから仕方がないのかもしれない。 こちとら50手前でやっと、彼らが今後覚えていくはずのことを上手く伝えていく事が親の責務なのかななどと思うようになった。まあ、上手くできている実感はないけれど。

自分が「大人になった」というような実感したのはいつごろだったかと考えてみたのだが、もしかすると、彼らがまさに成人する頃だったかも。つい最近じゃないか。ダメだこりゃ。

急遽印鑑証明が必要になって明日は1.5h遅刻することに。 帰宅後ネットで見積とったりなんやらでバタバタ。


夜ラン3.4キロ、6m30s/km。なかなか寒い。つま先冷たい。血行が悪くなってる実感有り。

オリオン座がきれいに見えてた(が写真はむずい)。三日月が南西に沈むころだった。
Dsc_4472

2018.12.08

頑張れたのなら100点満点

次男の学習発表会。土曜日なので自転車押さずにバス停まで送って行った。

ため池では久しぶりにシラサギの群れを見る。

逆光で真っ黒だけどシラサギのはず
Dsc_4461

「今日はシラサギがいっぱいおるで」と教えたら「白い鳥やな」と。「名前はシラサギやで」「シラサギか・・」みたいな感じで、すれ違いながら同じほうへ歩く。

そんな情報の何かが彼の「引き出し」を開いたのだろう。 「鳥は恐竜から進化した」という話をしてくれた。意外に詳しい。昔そんな話をしたっけなと思ったり。 飛べない鳥もいるけれど、それも環境に適応した結果だよとか、そんな話もしてみたり。

しかし、真っ白に進化するなんてスゴイなあと改めて思う。
Dsc_4459

そもそも空中を飛べるのが凄いよね、不思議だねってところに、最近は持って行ってる。 なんでも自分は理解してると思ったら大間違いで、まだまだ知らない世界はあるから。 ぜひともそういう感覚は持っていてほしいから。


バス停に皆さん集まって、自分はお役御免でバスを待たずに自宅に戻る。 朝ご飯頂いてから、発表会へ向かう準備をしていたら、メニエール的フラフラが強くなり、結果的に自宅にこもる。 毎度こっそり見にいくのだけど残念だった。

お芝居(レストランのシーン?)ではセンターで目立つ役だとか
Dsc_4463

見ていないのでどういう状況かわからないし本人も教えてくれないのだが、連絡帳によれば、どうやら「フォーク役」だったらしい。お客さんから「真ん中のフォークの人カッコイイ」との声が上がっていたらしい。

本人は「恥ずかしかったけど頑張った」と。 頑張ったのなら素晴らしい。

東京最高のレストラン 2019
マッキー牧元 森脇慶子 小石原はるか 松浦達也 横川潤 浅妻千映子
ぴあ
売り上げランキング: 1,027

2018.12.07

She's Leaving Home

ムスメさんの1人暮らし先が決まった。 親としては少し寂しい。 でも自ら動き出そうとする勇気はエライ。

今後の予定など含めて生活全般に関する話ができた。 大げさに言えば今後、家族・親族はどこへ進もうとしているのか?的な事も。 おそらく長年、気にかけていたのだろうけど、いままでそういう時間も持てなかったし。

自分のKnow-Howをキチンと伝えてあげたいが、テキトーにやっていて、あまり意識的でなかったし、今でもうまく整理できていない。さらに30年の隔たりと世の中の変化と男女の差も気になってうまくいかない。

絶対的に話す時間が、まだまだ足りない気分だが、既に立派な大人だし、心配と同時に信頼すべきと、わかっちゃいるけどって感じかな。

ひと言でいえば複雑な心境、いろんな感情の要素が心の中でプカプカ独立して浮いてる感じ。

なにより年末年始はバタバタしそう。

She's Leaving Home
She's Leaving Home
posted with amazlet at 18.12.09
EMI Catalogue (2015-12-24)
売り上げランキング: 175,562

夜ラン3キロ。朝夕どんどん寒くなる。

61dkwwmlsel

2018.12.06

酒席の愚痴と本音を配信

日中結構降っていたようだが夕方にはほぼ上がっていた。 幹線道路端の水たまり回避のつもりで海沿いへ出たが、むしろデカくて深いのが多いってのを忘れていた。 さらに冷たい強風を真正面から受け疲弊。膝が冷えると痛みが出そうで気になった。

低い位置に雲があり、今にもどしゃっと落ちてきそうな空だった。
Dsc_4446

夜、大変遅れてM-1見た。ジャルジャルやっぱりおもろいなというのが個人的な感想なんだけど、どうしても大先輩に酷い言葉を吐いた人たちがマジメな顔して出演しているのに目が行ってしまう。

放送を見る限りでは、なにがあの暴言につながるのか不明。 まあ放送されない部分で長年積み重なった感情があるのだろう。

とにかく酒のせいだと思うけど、何が怖いって酔うと本音が出るところ。そしてやってよいことと悪いことの判断能力を簡単に失ってしまうところ。憂さ晴らしの場は必要なんだろうと思うけど、放送(ネットで配信)しちゃいかんわな。


イヤな気持ちがスーッと消えていく ココロにいいこと事典

青春出版社
売り上げランキング: 333,144

2018.12.05

天使のはしご

Dsc_4440

朝から東の空にひつじ雲。雲間からは光の筋が結構派手に降りていた。

これ「天使のはしご」というらしいですね(他にもいろいろ呼び名はあるようですが> 薄明光線 )。

上の写真では放射状に何本も見えるけど、最初に気付いたときは一本の太い光だった。 雲が動いているので、光も徐々に形を変えていた。 ジッと見てても変化はないように思うのだけど、後から見ると全然違う形になっている。不思議なもんだ。

「明日死んだらどうしよう」

起床時に「『明日死ぬかもしれない』などと心配しながら毎日過ごすのって、ほんとバカらしいからやめとこ」って考えが頭に浮かんだ。

言い換えれば「明日死んだらどうしよう」という心配だけど、それ「どうしようもない」からねえ。 そんな妙な心配をしながら過ごしているつもりはないのだが。

突破口が見つからないのは探してないから?

最近、公私ともに細かい心配事や嫌な事が折り重なっているのは事実。

不安、憤懣、落胆、あきらめ、といったネガティブな感情が少しずつ混じっていて、希望っていうのはほとんどない。一部は長年見て見ぬふりや先延ばしにしてきたことが折り重なって影響しており、内心「今さら回復不能では?」と思っている。

これを受けて、何かの動きをみせなければ、どうにもならんのは明らかなのだが、なんとなく身動きが取れないようにも感じていて、結果モヤモヤが募ってさらにモヤモヤする感じ。閉塞感というのが一番近いか。

希望の光の届く先

そんな現在、自分の中から発する希望の光が照らしている未来の範囲は「今夜寝るまで」程度かな。

その根っこが冒頭の「明日死んだらどうしよう」につながっているのかも。

そういえば定期的にこういう状態に陥ってるかもしれない。風邪みたいなもんかも。

天使のはしご 〜On Air Version〜
BETTER DAYS (2018-09-19)
売り上げランキング: 21,190


夜ラン3.5㎞。6min20sec/km。夕方急に寒くなって着こんで出たら汗ダラダラ。難しい。

2018.12.03

感情こそが厄介なのだ

「憤懣やるかたない」と怒っている姿は周囲にストレスを与える。 その場でそれを鎮める方策はないと特に。

公然と注意したり罰を与えることを暗に要求されるばあいもある。 「懲らしめないと気が済まない!」
「こうなりゃ見せしめ、つるし上げてやればいいのに!」
と、なにか裁きを下すことを要求してくる。

瞬間瞬間に感情的になりやすく、ちょっと曲がった正義感のようなものを持っているけど、言葉や態度によるコミュニケーションが得意でなくて、その後のことを冷静に考えられない人たちは、そもそも彼らが罪人と認識している人が、公然と断罪しても結局は許してやらないひとたちだ。

「悪いこと」を「悪いこと」だと指摘するのは悪いことではないが、怒ってはイカン。

感情をぶちまけることでしか他人を動かせないってのは赤子と同じ。 かわいらしくもあるが悩ましい。

ドイツ電撃戦に学ぶ OODAループ「超」入門 (Panda Publishing)
パンダ・パブリッシング (2018-02-20)
売り上げランキング: 2,289

51yzr7qqqkl

2018.11.30

嘆くべからず嘆きは救うべきだろう

めっちゃ寒い朝。天気予報で最高気温は昨日と同じと聞いていたが、最低気温は低かったのかな。

Dsc_4378

毎朝次男と空を見る。通学バスのバス停までの1.5㎞を自転車押して。 幹線道路の歩道を歩き、雲や鳥、街路樹、地面に落ちてる葉っぱも見る。 後ろを歩いている次男が同じものに注目しているかどうかは知らない。 でも、自分が見つけたものは教えてあげる。 反応はあったりなかったりするけれど、それでいい。伝え方もうまくないし。 遺伝子の一部を共有しているからといって、人として同一個体ではないのだから、同じものに感動したり同じ考えを持つわけではないのだから。


ところで、いつでも嘆いているひとがいる。

「どうして自分は恵まれない?」、「上手くいかない?」とか、他人に対して、「どうしてあの人はああなんだろう?」とか。ジブンはあまり嘆かない性分だと思っているがどうだろう。

「嘆き」は代償行為なのだろう。 モヤモヤした気持ちが少し和らぐのかもしれないが、問題を解決することはない。

「嘆き」は問題提起でもあるのだろう。 ある問題を解決したいが解決できない。 そんな状況で「なんとかしてよ」と助けを求めているのかもしれない。 嘆く人を正直「じゃまくせーなー」と思っていたが、よくよく考え気が付いた。

「嘆き」は問題を解決しないのも確かだろう。 多くの人から敬われる人たちが嘆いている姿は見たことが無い。 家に帰ればサメザメと泣いているのかもしれないけれど。

嘆いている下位の者(若輩、部下)がいるならば、それを解決すべく、全力を尽くすべきなんだろうなと。

嘆くな上司!腹をくくれば部下は動く
原田 虔一郎
日本実業出版社
売り上げランキング: 1,612,064


次男はまったく嘆かない。 レトロゲームを彼の脳内で勝手に発展させた「ボクの考えた最強のゲーム」の説明を、楽しそうに夜な夜な延々(笑)。

嘆きを聞くのはちょっとしんどい。 でも、それは先導するものとして受ける責任に含まれているのかな?と思ったりして、さらにしんどい。

母よ嘆くなかれ 〈新訳版〉
パール・バック
法政大学出版局
売り上げランキング: 199,643


夜ラン3.4km、7.5min/km。

2018.11.05

平成30年度の税収見込みに占める宮内庁予算の割合について

知ってる人がFacebookで以下のような投稿をしていた。「女性宮家創設に関する議論は先送り」というニュースに対するコメントとしてシェアしている。ちなみにワタシはこの人とFacebookで友達にはなっていない。

政教分離の意味では天皇家を税金で養う事に違和感がある。 縮小社会に余力はない。 公費を拡大することには反対だ。


旧皇族が語る天皇の日本史 (PHP新書)
竹田 恒泰
PHP研究所
売り上げランキング: 53,995

軽く難しい曖昧な文章で、以下のような疑問が生じた。

  • 「政教分離の意味」とはなんだろう?
  • 天皇家は「国民が税金で養っている」という表現は正しいのか(天皇制は憲法で規定されているし、国民は天皇を養っているつもりがあるのか?)
  • 「縮小社会」って具体的にどういう社会?
  • 「余力がない」と言い切っているけど、そもそも余力とはなんだろう?
  • 「公費」って税金を指しているのかそれとも別の費用も含むのか。
  • 公費を「拡大」ってなんか特別な意味があるのか?要するに宮内庁予算の増額を意味しているのだとは思うが・・・

と若干いじわるに考えすぎかとも思うが、それでもツッコミどころが満載だ。

おそらく彼は「女性宮家が認められると天皇家を養う費用が増えて疲弊した日本国民がそれを負担することに自分は賛成できない」ということを言っているのだろう。

主語がデカくて、決めつけていて真偽のほども不明だし、ニュースの内容とは激しく乖離。まあ、何でもいいから自分の思っていることを表明したかったのだろう。Facebookのいいね6件のヒーロー。

とまあ、いろいろ疑問が浮かんだのだけど、ひるがえって自分がすべての事柄をしっかり理解しているわけではないので、まずは一年間で皇室に使われるお金が税収全体に対してどれぐらいなのか調べてみたので、以下に報告。

平成30年度の宮内庁予算

宮内庁予算は皇室費と宮内庁費で構成されており、皇室費はさらに3つの構成要素がある。金額は平成30年度の予算。単位は億。

  1. 皇室費
    1. 内廷費 - 天皇・皇族の日常の費用 - 3.2億円
    2. 皇族費 - 皇族としての品位を保つための費用 - 3.6億円
    3. 宮廷費 - 儀式や国賓を迎える又は外国を訪問するための費用 - 91億円
  2. 宮内庁費 - 宮内庁の運営に必要な費用 - 115億円

合計すると、213億円が平成30年度の宮内庁の予算ということのようだ。

平成30年度の税収(見込み額)

一方、日本国全体の税収は、以下のようになっている(平成30年度の見込み額)。 所得税の比率が一番多くて、次いで消費税、三番目が法人税。

  • 所得税 - 19兆円
  • 消費税 - 18兆円
  • 法人税 - 12兆円
  • 一般会計税収計 - 59兆円

上位3つの税収と、その他の税金も全てひっくるめたのが一般会計税収計なので、所得税、消費税、法人税以外に10兆円の税収があるということになる(= 59 - ( 19 + 18 + 12 ) )。

上記のように、宮内庁予算額と単位が違っており、税収ははるかに大きな金額だ。

分析

ここで、宮内庁予算の税収に対する割合を計算してみる。

彼のいう「天皇家を養う」費用が、宮内庁予算のどれを指しているのかわからないため、少々乱暴だとは思うが、宮内庁の予算全体だとしてみる。つまり213億円だ。

税金・公費についても、どの税金を指しているのか不明なので、まずは税収全体、つまり一般会計税収計について計算してみると、、、

宮内庁予算全体の213億円は、一般会計税収計 59兆円の 0.036%となる。これは25万円の給与収入がある場合の90円に相当する。天皇陛下、缶ジュース買えないね(違)。

次に、ここでいう税金を、庶民が日常的に支払っている意識が高い所得税と消費税に限った場合について考えてみよう。

所得税と消費税の税収合計は37兆円で宮内庁予算213億円は税収の0.06%にあたる(6%でも0.6%でもない)。この割合は、25万円の収入があるとすれば150円の出費に当たる。500mlのペットボトルが購入できる。

まったくありえない話だが、仮に宮内庁予算が現在の3倍になったとしても、税収全体の0.2%にも満たないのである。

結論

女性宮家が増えたとして、どれほど宮内庁予算が増えるのかわからないけど、仮に予算が3倍になったとしても税収に対して憲法に規定されている天皇陛下ならびに皇族の方々の国際社会に対する日本の象徴としての役割やその価値に比べれば微々たるもんで、そんな細かなことを心配するより、てめえが額に汗して一生懸命働いて、国家の経済を少しでも押し上げる方向へ頑張ろうじゃああーりませんか?」と思いましたっ!

所感

心と体の発達が未熟な段階では、周囲に対して不安や不満を抱きやすく、何か刺激が加わると、その未熟さ故、周囲の無関係の神経細胞を連鎖的に刺激して、振れるものを敵か味方かと二分して、仮想敵に宣戦布告を繰り返したり、自身を悲劇のヒーローと喧伝したり、感情が高ぶって泣き出したりわめいたりしがちなのです。 そのような人が、適当なことをSNSで恥ずかしげもなく垂れ流していても、騙されてはいけないなと思いました。

おまけ(他の考察)

現在、今上天皇含めて皇室の人数は18名で、うち女性が13名と大半を占めている。 今の段階で、仮に女性宮家が認められたとしても、皇室の人数がどんどん増えて予算もどんどんドラスティックに増額されるということは考えられない。 といって議論してはならないわけではないのだが、優先度は低いんじゃないかなと。

51bqbhacubl

参考サイト

2018.11.02

情報過多と情報過敏

次男の学校が創立記念日でお休みなので、自転車押して歩く必要がなく、久しぶりにロードでGO。 なんだかひらひらしていて、ふわふわしていた。足の筋力の減退も感じた。

「自己責任」の大合唱がバカバカしい。 大人になれば「自己責任」は当たり前。 ご本人もそう言っているのに、「それ自己責任だろ」と批判して、「本人が自己責任だと言った」と報道する。 当たり前のことを主張して怒ったり嘆いたり嘲笑したり。

他人の意見は一切聞かずに、自分の主張を繰り返す人。 おそらく知らなくてもよいことまで知らせてくれるニュース。

入力情報が多すぎる。過敏に反応する人も多すぎる。 いわゆる炎上に参加しているのは実際には少数だということも聞いたが、耳や目から勝手に入ってくるのがとてもしんどい。

週末はゆっくり心を休めたい。

先週うどん県へ行ってきた実家の両親からお土産届く。庭で取れた柿と柚子も入ってた。今年はスダチがたくさん成ったが、日に焼けちゃったのか、ええ感じのをより分けてまた送るわーなどと言っていた。

どうでもええけど元気なのが分かったので良かった。


夕方6時、ライムスター宇多丸先生のラジオがラジオ関西で聞けるとは知らなんだ。覚えておこう。

518joir74zl

より以前の記事一覧

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント