カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の1204件の記事

2018.05.25

給与後払いは入社時ツライが退職時には少し気がラク

給料日だが固定資産税のせいで金欠継続。数か月後に改善の兆しがあるんだけど、

うちの会社は後払いなので新卒さんは初任給なんですな。

基本給を4月に払ってあげればいいのにって前から思っているけど変わらないな。

違法ではないらしいけど。 ☞ 賃金支払の原則に関して 『日本の人事部』

そのマネジメントでは新入社員はスグに辞めてしまいます!
後藤 功太
アニモ出版
売り上げランキング: 195,054


夕方ランは3.8キロ。ペースは6分12秒/km。ふくらはぎに違和感出たので慎重に。 ここ数日、下肢のストレッチをさぼっていたからだろう。

↓明日発売日。買えないけどw

詳解 OpenCV 3 ―コンピュータビジョンライブラリを使った画像処理・認識
Gary Bradski Adrian Kaehler
オライリージャパン
売り上げランキング: 12,001

2018.05.22

モヤモヤしながら衰退するの

ツッコミどころが多すぎて自分の意見がまとまらない。

  • 安倍総理が加計学園理事長と面会していたという愛媛県の公文書を全面否定。
  • 日大アメフトの監督やコーチから危険反則行為を指示されたと当の選手が明かした。

大人の社会が、おかしくなってるんかな?と。

身の回りでも、大問題ではないが、判断や手法、方針に疑問を感じることは多い。

客観的でも論理的でもないことが原因のように思う。

少しづつ小さく弱くなっていってる感じがする。

社会科学と社会政策にかかわる認識の「客観性」 (岩波文庫)
マックス ヴェーバー
岩波書店
売り上げランキング: 37,680


土日にそれぞれ10キロ走って筋肉痛的ダメージはないのだが、力が出せない感じ。痛みはなくとも疲労はあるという状態なのかな。

ということで、ランはなし。

2018.05.19

アカウミガメさんいらっしゃい

Dsc_2656

お昼前に10キロラン。ペースはグロスで6分/km。

朝から分厚い雲がかかってどんより。季節外れ?の強い北風。

Dsc_2618

次第に雲は南へ押しやられて、これでもか!な青空に。

Dsc_2632

その後自転車で散髪ライド27キロ。風はその後も弱まらず、気温も上がらず。ランにはちょうど良かったが、自転車でユルユル走っていると寒く感じた。

Dsc_2658

昼から夕方にかけて潮干狩り意欲を掻き立てられるほどに干潮。

Dsc_2667

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 潮干狩り3点セットC ME-1379
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) (2012-03-09)
売り上げランキング: 21,045

明石川河口の望海浜公園で大量のごみ袋を運ぶ集団とすれ違う。 ウミガメさんが産卵に来る南側の望海浜がキレイになってた。

そういえばアカウミガメさん、皮肉なことに、かつて産卵に選ばれていた、とてもきれいな藤江や中八木の浜には来なくなって、結構ゴミがいっぱいだった望海浜を選んだのね。おそらく人が少ないからだと思うけど。

ウミガメの気持ちは分からないな。

Dsc_2659

しかしなんで望海浜はゴミがよくたまるのか。人がいっぱい来るところでもないと思うのだけど。明石海峡を流れてきたのが、漂着しやすい地形なのかな。よくわからない。

ウミガメの自然誌: 産卵と回遊の生物学

東京大学出版会
売り上げランキング: 607,277

2018.05.18

SlackからGitHub Issuesを Open / Close / Reopen できるようになったんだけど・・・

真夜中にGitHubから「Slackアプリががパーミッションの更新を要求してる」ってメールが来ていた。

メールのリンクはGitHubのSlackアプリケーションの設定画面。

Issueとプルリクに書き込み許可を与えられるようになっていた。

許可してSlack開くと、GitHub Botに Issue を Open/Close/Reopen するコマンドが追加されてた。 Issuesの状態変化で通知が来るのは前から可能だったけど。

  • Issueのオープン(新規作成) - /github open owner/repository
  • Issueのクローズ - /github close [issue link]
  • Issueの再オープン - /github reopen [issue link]

[issue link] は、owner/repository の Issue#30 なら、owner/repository/issues/30 とする。ownerは省略できない。

PullReqに関するコマンドがないようですね。

Issueを編集したり、コメント書いたり、検索や内容確認もしたいんだけど、全部できない。

そのうちできるようになるだろうか。権限的には問題ないが。

GitHubとしてはサイトに訪れてほしいのかな?

わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門
シーアンドアール研究所 (2017-04-21)
売り上げランキング: 101


風が強くて雨降りそうだったので夕方ランはやめておいたが、降り出すまでに十分走る時間があったみたい。 残念だ。

2018.05.16

ダークサイドでレジスタンスと標準化の夢を見る(だがしかし)

昔から「指示された仕事だけやればよいってわけじゃない」ってよく言われた。

でも、それって指示する側の職務怠慢ではないかな?と、今は思う。

期待を超える結果を出すのは良いことだけど、それは飽くまでも指示された側が狙うもので、指示する側が「指示せぬ成果を期待している」だなんて、えらく都合の良いお話ですねと。クイズじゃねーよ、禅問答かよみたいな。

自分も、30代後半で企業内ダークサイドに落ちる(笑)まで、そういう表現をしていたように思うのでこの場を借りて謝っておきます。ゴメンナサイ。

この「ワタシの期待を超えていけ」体制(笑)が、良い結果を生んでいるなら問題ない。

でも、大抵は経年劣化するもので、指示はどんどんあいまいになって行くし、期待度とかを推し量らずに自分勝手に周囲を無視して、どんどこ突っ走っちゃう人が出てきてしまう。 「良かれと思って」のことなのでややこしい。

こんなの防ぐにはマネジメントシステムの導入だろうな。 認定機関からお墨付きをもらうかどうかは別として。

業務とはなんであるか、どのように進めるのか、指示はどうあるべきか、成果とは・・・とか、すべてを現実に即して定義して標準化。全てをまっとうに動かしていく。 効率良くなると思うんだけどな。

しかし、こういうのやろうとすると、すぐにいろんな抵抗勢力がうじゃうじゃ湧いて出るんだよね。 レベルが低いと余計にね。

邪魔臭いから、自分だけちゃんとしてればいいか(←ダークサイドに落ちた証拠)

(はじめの1冊!) オフィスの業務改善がすぐできる本
日本能率協会コンサルティング
日本能率協会マネジメントセンター
売り上げランキング: 2,979

すべての「見える化」実現ワークブック
本道 純一
実務教育出版
売り上げランキング: 20,238


帰宅後ランを職場の方に目撃されてたみたい。 こちらとしては全く気付かなかった。 ならば「次から手振りますわ」と・・・。いやいや・・・。 多分おそらく月曜日の「足首こすれて負傷ジョグ」。 いつものコースだと時間が合わないはずなのだ。 恥ずかしい姿を見られてしまったのかもしれない。

などと考えながらの夕方自転車で、スマホが落車。 メルカリのポイントで購入した実質0円のスマホホルダーのねじの締めが甘かったようで、下りの途中で突然ガタガタ鳴り始めてスマホが踊り始めて直後に落ちた。

しかし被害はゼロだった。 武骨すぎるケースのおかげで、まったく無キズ。 ホントにホントに正真正銘の無傷なので驚いた。

で、変装するかと考えながら夕方ラン。 3.7㎞, 5min56s/km。湿度高くて汗ダラダラ。 終盤に、かかととふくらはぎに少し違和感。水分不足かな。

まさか梅雨入り?

Dsc_2614

2018.05.14

次の一手はどこでしょね?と考える

趣味でも仕事でも、継続的な活動や、大きな目標へ向かっている時、小さな成功を積み重ねて進めるような道筋を辿れば作業ははかどるし、楽しくなれる。

次の一手をどこに置けば、さらに加速できるのか。と考える。

あまり長々と考える必要はなくて、一歩一歩で小さな達成感を味わえるような小さなゴールを設定する感じ。

TODOリストを消去してスッキリするとか自分だけで閉じていてもよいけれど、できれば他者の目に触れるほうがより楽しい。

SNSで「いいね!」がもらえるとか、誰かから褒めてもらえるとかでも良い。

こういうやり方が、みんなのクセみたいになればよいなと思う。

GOSPA 目標達成の心理学
滝内恭敬
サンライズパブリッシング (2018-04-18)
売り上げランキング: 31,590


快晴。昼から特に暑かった。

筋トレの筋肉痛がひどいのでランは無しのつもりだったが、外に出たついでにゆっくり走った。1.6km(7m30s/km)。

しかし、ソックスなしで古いランシュー履いており、シューズの内側が硬くなっていたのか、足首と擦れて皮一枚めくれる羽目に。なぜか左だけ。痛い。

2018.05.11

GitHubで英語の口語表現に感心した話

SpaceX Falcon9 Block 5の打ち上げが朝5時台にあると思いこんでいて、中継を見るために早起きしたが、日本時間で6時42分だと書いてあった。で、待っていたけどどうやら1日延期になったみたい(※)。

早起きしたのにぽっかり空いた出勤までの約1時間。優雅にJazz聞きながらGitHubをしばいてみる。 自分のリポジトリに自分で書いたIssueがたくさん溜まっているので、出勤前に、ひとつつまみだしてCloseする。

※ Falcon 9 Block 5 は日本時間12日朝に打ち上げ成功。有人飛行認証は2019年になると。新時代だな。

GitHub Projectsでゲーミフィケーション

最近GitHub Projectを使い始めている。Trelloと同じくカンバン方式。

見た目が少しそっけなくてカードの扱いに少し不便なところがあるけれど、リポジトリと直結していてIssueやPull Requestと同期する自動モードなるものがあり、どことなく勝手に動いている気がしてちょっと楽しい。 実際は半自動だけど(TrelloはBitBucketから連携すると同じ事ができますね)。

さらにSlackのGitHubボットが、通知を流してくれるから、何か自分でアクションを起こすたびにSlackのデスクトップ通知が「カリカリカリ♪」と来て楽しさ++。 来るのが分かっている通知は読まないけれど問題ない。

完全自己完結型ぼっち開発になってるけど、これも一種のゲーミフィケーション。 趣味プロなので楽しいのが一番。

情感豊かな英語の表現

先日のHerokuのIssueに、新たにコメントがついていた。 「シェルスクリプトに詳しくないので、手元で修正するのどうやったの?」って質問だけど、その文面に関心感心。

I have exactly the same problem and have been searching for a solution for quiiiiiiiiiite a while, glad to see I'm not alone and there IS a solution!

翻訳すると、

「自分もまったく同じ問題に困ってて、かなりな時間、探していたんだけど、自分一人じゃなかったし、解決法があると分かって、めっちゃうれしい!」

みたいな感じ?

流れるように読みやすい。しかもほとんど中学で習う英単語。これは口語的な表現だからかな。 自分で書く英文がこのようにならないのは英語をしゃべらないからだろうな。 ボキャブラリの問題でないのは明らかだ。

さらに読んだときに、なぜか楽しくなって笑ってしまった。それは「quiiiiiiiiiite」だったり、ちょっと大げさな「I'm not alone」だったりするんだけど、一番大きいのはやっぱり、あけっぴろげに喜んでくれてる感があるからだろうなと。 「IS」が大文字なのもなるほどそうかと思いました。

よく「日本語は情感豊かで・・・」なんて聞くことが多かったけど、おそらくどの言語でも同じなんだろうなと実感。

質問には、スクリプトをそのまま掲載して差し上げておいた。

2018.05.10

「物は使いよう」だが「本来の使い方」は無視できない

SaaSの裏をかく行為は悪手であるという漠然とした思いがあるのだが、お客様から「なぜできないの?」と問われて「いや、できないのではなくて、それはあまりよいやりかたではなくて」などと説明して、納得してもらえたらよいのだけれど、そうは上手くはいかないもので。どこか「SaaSの回し者」みたいに聞こえるかもしれない口ぶりになってしまっているようで(そんなつもりはないが)「いやいや、やれるでしょ」と追い込まれると何とも言えない。

どう言えばわかってもらえるだろう?と困り果てたが、最終的に今日のところは巡り巡って別のまともな方法論が見つかったので、よかったです。


著名なSaaSの各サービスって全部がフラットに並んでいるのではなく、ごく基本的なサービスを土台にして幾層にも積みあがっているから、上位層のサービスは、ある程度のトレードオフを受け入れないとそのままでは使えない場合が多々ありまして、気に入らないところをどうにかしようと小手先であっちやこっちをひっかきまわして、ごちゃごちゃやっても結局新たな弊害が出てくる感じ。 だからって「やる前からやれません」とは言い難いのが非常に困る。

どんな能力を身につけてれば、あーだこーだと困らずに、無駄な時間を過ごさないで済むのか。

いろいろ考えてみたけど答えは出ない難しい。


夕方1週間ぶりのランニングは3.7㎞。思った以上に自然にペースが上がってしまって1キロ5分24秒でフィニッシュ。自転車による右ひざ裏の痛め感が残っていたが、ランではあまり気にならなかった。

2018.05.09

わたしの2029年問題

定年まで11年を切った。うすうす気づいていたけれどGWに実家で父と話していて再認識。

再雇用で5年延長とか考えてもよいけど、実際のところ、こちらに大きなメリットがないような。

今やソフトウェアの業界っていろんな方面に拡がっていて、特定企業に属していなくても仕事ができる領域がある。

時代の最先端を行くスーパーエンジニアとは収入レベルが違うかもだが、 年寄りの心のこもった手仕事(笑)という領域もあり得る気がする。 なにしろ実質体力的なデメリットのない分野。 さらにAIの助けも借りられるんじゃ?

まあ、そういうのを見越して、今からいろいろ準備しておく必要はありそうだなと。

11年後に生きてる前提の話だけれど、楽しそうな夢を描いて生きてる意味を見出すのもありかなと。

10年後の仕事図鑑
10年後の仕事図鑑
posted with amazlet at 18.05.09
堀江 貴文 落合 陽一
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 11


膝とふくらはぎが気になって、夕方ラン無し。明日は走ると思うけど。

2018.05.08

安易に「無駄」と切って捨てない考え方や企業文化

月次報告的なメールに、軽く謝意を記した返信が来るようになった。

3月に中途で入った人が一次的な受け手になってからのこと。

「ちょっとした新鮮さ」を感じたが、「今まで返信なくても困ってないし、手間になるから返信不要ですよ」とも考えた。が、考えただけで、あえて伝えはしなかった。

というのも、その奥底に「有用な情報が含まれていないなら必然性が無い」という考えを発見したが、事実として受け取った「新鮮な感覚」は有用ではないのか?」と考えると、そうでもなさそうだったから。

具象化できない心の動きを、直感的に「有用ではない」と考えてしまうのは、なにかコミュニケーション上の問題が潜伏しているような気もしたり。

そして、それが機動力や対応力に影響してるとか思ったりした。

制度と文化―組織を動かす見えない力
佐藤 郁哉 山田 真茂留
日本経済新聞社
売り上げランキング: 329,570


夕方から夜にかけて雨。ランはなし。梅雨みたいな天気。

より以前の記事一覧

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ

他のアカウント