カテゴリー「ランニング」の146件の記事

2017.03.26

海馬がアレだとなんでも新鮮

朝からロードで13キロ走って最寄りの格安散髪屋さんへ。

どうでも良いことだが、生え際が後退するに連れ、鏡で自分を眺めた時に、git diff HEAD~の差分がなくなってきたような気がする。git reset --hardしたいが歴史は書き換わらないのだなあ。

散髪は10分程度で終わるので、休憩がてらという感じ。 まっすぐ帰らず、いったん舞子公園まで行って引き返す。

舞子の歩道橋からの眺望が最高と聞いた覚えがあったので、スロープを上ってみたが、場所間違えたかな?

「今日は脚の調子が良い」と思っていたが、西風が強めに吹いていて、帰りは強い向かい風。 肩が冷えて辛かった。

夕方、雨が振りそうだったが6キロラン。右の太もも裏に筋肉痛が残っていて気になったが、どうにか6分を切るペースで終了。

じっくり読んだの久しぶり。「ええ水が出る井戸のある嶋」論は初めて知った気がする。

2017.03.04

シーズン到来?!

お昼前に6キロラン。ペースは5分台後半で気楽な感じ。ええ天気で暖かかったが花粉がひどい。マスクして走るのは無理っぽいし悩ましい。

江井ヶ島の浜で、BBQの人たちが海の温度を確かめて「泳げるかも?」とか話していたのを漏れ聞いた。 「えっ?!」と振り向いたら、浮き輪を持ってきている人もいた(驚)

2017.02.19

ジェットでターボなブースター

金曜日、コストコ行った奥さんが、でかいチーズケーキを御購入。 ちびっこ家族は消費するのに四苦八苦。 子どもたちが喜んで食べるだろうとのあてが完全に外れ、この二日間はチーズケーキをおかずにチーズケーキを食べるといった食の崩壊。

さすがにヤバイとランに出た。 2月以降、自然に1キロ6分ペースで走れるようになってきたが、3キロぐらいでどうしようもなく辛くなり、ペースを落とす。すこし休憩したあと楽になったので最後の1キロは5分ペースでつじつま合わせた。

右足の血流が悪い気がする。事故とか怪我とか全部右足ばかりなのだが、関係あるのかな。

神社で水仙が咲き乱れていた。

残りの時間はMZ-700のエミュレータをいじくり回す。

昨夜、ひょんなことから、エミュレーションが倍ぐらいの速度で動作している現象を確認した。 定周期タイマー処理が二重に動くと2倍2倍。てことで、インターバルタイマーを複数使えば速度の向上できるんじゃね?とやってみたら大成功。

ただし、Chromeだけでした。Edgeは速度に変化があまりなく、Firefoxは画面が乱れて妙な動き。

ChromeのWebWorkerのコンテキストで、複数のインターバルタイマーを動かすと爆速になる。オーバーヘッドが限りなくゼロに近いような感じ。エミュレーションの速度が体感10倍以上にブーストされてる。

ワーカーのコンテキスト内ではシングルスレッドのはずだけど、ちょっと普通じゃない速さだった。


  • 運動:平均ペース1キロ6分の6キロラン。デスクで筋トレ、ストレッチ。

2017.02.12

堅実に

マンション管理組合の総会。年下理事長さんのしっかりした挨拶に感心&自己嫌悪。

総会では結構活発な議論が行われる。 語気の強い人は一見批判的に聞こえるが、実は建設的だったとか、資料の説明不足に起因する勘違いとか混乱とか。

ただ高齢者が多いせいか、民泊や外国人居住者等、世の中の新しい風潮については「ちょっとそれは考え過ぎ、心配しすぎではないか?」と思えるぐらい、架空の事象に対する保守的な意見が並んでいた。個人的にはあまり深く考えたことがないから、心配はあまりしていなかった。というか、新たに出てきた流れに対しては、柔軟に対応するべきであって(すべて受け入れると言う意味ではない)、あたかも「善良なる住民全員は拒否するのだ」という前提で話を盲目的に進めるべきではないだろうと。ただ、それがマンション住民全体の総意であると確認できたならば、法的、倫理的に問題がない限り、その方向へ進めればよいだけ。

午後、入念に筋トレ&ストレッチして6キロラン。平均1キロ6分13秒。でも途中、歩いて写真を撮りまくってたので、実質ほぼ5分台後半かなと。

スピードが乗ってくると非常に気持ちが良いのだけれど、ここで色気を出さずに堅実に。 安易に負荷を高めるとか距離を伸ばすとかで、肉離れなどを繰り返し、失意のズンドコ味わった。

むしろ、アップとダウンのストレッチや筋トレに重点を置くべきかと。バリバリのアスリートに今からなるつもりはないので、気楽に楽しく走って自然と速度が出て気持ちよくなれば良いのだと、やっと思うようになった。

マンション管理組合理事になったら読む本
貴船美彦
幻冬舎
売り上げランキング: 239,139


  • 運動:管理組合の総会までウォーキング。ストレッチ、筋トレ、6キロラン。

2017.01.22

かかとをいたわるスロージョグ:6キロ

昼までボラボラとテレビを見て、不規則生活に対抗するため久しぶりに真面目な筋トレ&ストレッチ。

気がつけば雨が降っていたが、夕方ようやく止んだので、幹線道路沿いを往復する6キロのスロージョグ。

平均ペースはキロ7分。上げるつもりはなかったけれど、最速は6分弱だった。調子よさげ。 なるべく、ため池沿いの土の部分を走り、かかとをいたわる。 走り始めに違和感があるが、あたたまれば大丈夫。 左膝裏の妙な違和感もちょっと改善。

西風が強くて復路は汗をかかないほどの寒さで冷えまくり。


運動:スロージョグ6キロ。

2017.01.07

朝ラン6キロ、両足親指冷えまくり

続きを読む "朝ラン6キロ、両足親指冷えまくり" »

2015.04.04

苦肉の策の擬似花見だが・・・

終日雨かと思っていたら、昼までかなりな青空だった。 どこへ行ってもお花見気分。スーパーのお酒コーナーに吸い込まれて、普段は買わない剣菱を買ってしまった。

次男君が珍しく「野球版で遊ぼう」と言って来た。最初は一人で遊ぶといっていたのだが、それは結構難しいぞと詰め寄ってみた結果、「二人で遊ぼう」となった次第。

ルールをそれなりに知っているので驚いた。スポーツとしての野球はキャッチボールすらやったことがないはずだけど。ゲームなどを観察して覚えたのかもしれない。彼が何かを理解するのは常にこのパターン。興味のあることは勝手に覚えるが、そうでないものは、まったくもって知識がない。

夕方5時ごろから、6キロほどのランニングに出たが、各所のサクラが気になって、走るどころではない。さすがに今日で花も最後かと、スマホでパシパシ頑張ってみた。

帰宅してから、最近は特に外に出たがらない次男君のため、取り立てホヤホヤ、桜の写真を意気揚々と印刷し、「自宅で花見や!」と、息巻いてみたが、「サクラは学校の近くにいっぱいあるからそこで見る・・・」と、、、まあ、オヤジ空回りの図。

「春には必ず花見をせなアカン」というものではないのだが、「一般的にみんなが楽しく思うものはこういうことなんですよ」と次男君に、なんとなくでも伝えたい。そして少しでも疑似体験をしてもらい、将来あれば喜ばしい社会への適応能力を少しでも上げてやりたい。なので、こんな風に自分が心底楽しいと思えることを、あの手この手で共有してみるしか手はないのだー。と自分は思い込んでいる。

だから、空回りしたけど、それに対して彼からコメントが出たのでOK。こちらからの刺激に対して、彼の心が動いて、表現を伝えてくれたのだから、大成功なのだ。

今後も、手を変え品を変え、いろいろやってみるしかないやろな。

それが親の責任、といえば重苦しいけど、彼に対する楽しい支援となれば、よいかなと、思ってみたり。

2015.02.14

リテラシー

左肩の痛みが治まらなくて、インターネットで検索すると「心筋梗塞の前兆」などと出てきてビビる。 昨年の健康診断では、相変わらずの「高コレステロール血症」に加え「肝機能障害の疑いあり」と。 肝機能が低下すると体内に流れるコレステロールをうまく調節できないらしいじゃないか。 と、調べれば調べるほど、あれもこれもとつながっていくし。 そら血管も詰まるわなーと、病院で診てもろたら、

「インターネットは、たいがい当てにならんから。大げさやねんアレ」と一笑に。そして「心筋梗塞の可能性はかなり低い」と。

テレビや新聞の広告は総じて「話10分の1」くらいで見聞きしているが、ことインターネット検索に関しては、能動的に情報を取りにいってるつもりになっているので、かなり信じやすい自分に気付いた。

診察の結果、心拍が以前に比べて遅いらしい。10年前の不摂生極まりない生活を日々営んでいた頃、「左心室が人より小さい『小心臓症候群』ですな」と診断されてるのだが、その後の禁煙、運動、減量などで心臓が大きくなったのだろうかね。

とりあえず「心臓のことを気にしながら生活するのはヨロシク無いから、この際ハッキリさせときましょう」ということで、近々再び病院へ。

エコーでヌルヌルとか、電極つけて一日過ごすとか、X線で胸の内を覗かれるとか。まあ良い機会かと。

しかし、左肩は痛いままなんだわ。


今日の運動: 病院往復徒歩600m+午後に6キロ軽くジョグ。水仙がいっぱい咲いてた。

江井ヶ島の浜

中尾住吉神社

江井ヶ島酒造では蔵開きの催しが

ちょうど終了した頃だったようで、軽く酔ったおっちゃんおばちゃん家族連れが楽しそうに浜の道にあふれていた。 こちら禁酒中だというのにな。まあ、地元の酒蔵には申し訳ないが、今のところ呑まなくてもやっていけそうな気がしてる。

2015.02.01

サボりテキメン

この週末は体調グダグダ。低気圧のせいなのか、例のアレで真っ直ぐ歩けなかった。

さらに、ここ数日は左の足首の関節に痛みが出てる。足首を伸ばしきって力を入れると「あ、あかん」みたいな。 そして今朝、左のふくらはぎがってから、さらにおかしい。

てことで今朝は海まで散歩してみた

平衡感覚がダメダメなのは置いといて、足首の痛みに関して、毎日5キロ歩いている通勤時の靴が合っていないのかもしれない。「歩けるビジネスシューズ」ってのだが、ランニングシューズに比べると衝撃吸収の差が歴然・・・。

と、ここまで考えたけど、長年履いてるのに、そういや以前はこんなことはなかったなと・・・

メニエール病(仮)の関係で「疲れ大敵」ってな言い訳が、自分にとって説得力があって、筋トレ&ヒザのリハビリをこれ幸いとサボっているな。

痛みがなくなったらガンバロウ。

2014.09.15

浜の散歩道で困った自転車オジサンに遭いました

浜の散歩道のランニングでは、なるべく道の右側を走る。「いや、ランナーは左側だろ」という人や、「狭い自転車歩行者道なんだから、どっちでもいいじゃない」という人も多いかもしれない。確かに、いろんな人がいるので、その場その場の判断で右や左へ車線変更しているのが現実ではある。

日本国内では、狭い歩道や歩道が分離されていない道で、特に指定されていない場合は、右が正しいとのことだ。マラソン大会などでは左側走行が慣例だそうですが、ランナー以外も通行している一般的な道路では、ランナーも歩行者であって、道路交通法によって定められるとのこと。

そして、逆方向へ進む車両と歩行者は、道の同じ側を通行することになるけど、基本的には車両が避けるのが当たり前のルールですよね。

と、なんでこんなこと調べているかというと、昨日のランニング時にちょっと困った目に遭ったから。


いつものように浜の散歩道の右端を走っていると、前から自転車が近づいてきた。同年代の男性が乗っているのだが、かなり近づいても避けてくれる様子が無い。憮然とした表情でまっすぐこちらを睨みつけながら近づいてくる。多少はスピードを緩めつつあるが「おまえが避けろ」と言いたげな雰囲気。最終的に、こちらも停止せざるを得ず、相手も目前で停止。衝突してはいないが、相手は寸分たりとも避けていないし、動こうともしない。

「関わってはいけない人」だと感じたので、側溝をまたいで、すれ違おうとしたら、この男性が、

「自転車は左!人は右!」と言って、発進。

いや、言ってることは正しいけど、方向がおかしいだろ。こちらはこちらにとって正しく右側を走っているのだ。背中に向かって「こっちにとっては右やないか、なに間違えてるねん」てなことを口走ってしまったが、理解してもらえたとは思えない。


実は、以前もこの人に出会ったことがある。昨日と同じく、江井ヶ島の海水浴場と八木遺跡公園の間。自転車の進む方向は逆だった。そのときもまっすぐ睨みつけられながらギリギリのラインですれ違った。

土曜か日曜の午後、浜の散歩道を自転車で通行しているようだ。気をつけられよ。


しかし、彼の左右の取り違いを、簡単に修正してもいけない気がしてきた。逆方向へ振れる気がするから。

この人、同じ方向へ向かう歩行者が、左を通行している時、つまり彼にとって許せない行為に対して、どう対処しているのだろうかと。仮にそれを良しとしているならば、逆に右側を同方向へ歩いている歩行者には?


正すべきは、私刑を与えようとしているところ。公憤なのか鬱憤晴らしなのか趣味なのかわからんが。歩行者に対して、自転車で寸止めするなんて、理由がどうあれ、ほとんど犯罪行為。

全ての歩行者、ランナーにこのようなことを行っているのか、それとも自分だけが目の敵にされているのかわからないけど、次にこのような目に遭ったら通報したほうがよいのかもしれない。

もしかして、浜の散歩道で左を走るランナーが多いのは、この「左右間違い自転車オヤジ」のせいなのか?とも思った。

他にも迷惑な人を一人知ってる。浜の散歩道のランナーで、常に左を走っているが、絶対に人を避けようとしないオッサン。

なんでそんなに他人に攻撃的になれるのか、わからん。気をつけたい。


ところで、調べてみると、皇居は「ランナーは左」と特別に指定してあるそうですね。でも一般的にはランナーは右が正しいらしいですよ。とはいえ頑なにこだわらず、臨機応変にですね。

より以前の記事一覧

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

Google AdSense

銀の弾丸

無料ブログはココログ